カテゴリー別アーカイブ: つくってもらう

うどん

f:id:NEKOTAten:20110406135654j:image

久々にお稽古に行き、へっとへとに。

夫にうどんを作ってもらましたが、あまりにも暑かったので、私は冷やしにしてもらいました。すいませんね、手間かけさせて。

レトルトカレー

f:id:NEKOTAten:20110112132442j:image

夫が「今日も、クスクス&タイカレーで食べたい」というので、クスクスの戻し方を教えて、夫に全部やって貰う。「ごはんだよー」と言われて、食卓テーブルにつくだけでいいことのありがたさよ…。

今日のカレーは「タイカレーグリーン」。これね、私にはすごく辛いんです。今日のは、いつもに増して辛いなぁ…と思いながら食べていたのですが、それはご飯じゃなくて、クスクスだったからと思い当たりました。今までは、ごはんの甘みと水気でなんとか相殺されていたんですね。いやはや、ホントに辛かった。

すいとん入り豚粕汁

f:id:NEKOTAten:20101218120334j:image

ここのところ寒いよーってことで、豚汁を作ったのですが、ふと思い立って酒粕もプラス。酒粕は、府中の地酒・国府鶴の板粕を使用。癖がなくて、使いやすいです。

で、これにご飯を添えて食べようと思っていたのですが、夫が「この中に、すいとんを入れたい。俺が作る」というので、すいとんだけ夫に作ってもらいました。なんでも、前日(17日放送分)に観た「おかずのクッキング」で、「視聴者が選ぶ人気料理ベスト3」の中に、すいとんが入っていたとのことで、それがまた、妙においしそうだったので食べたくなったんだとか。

食べてみるとびっくり、「道明寺でも使ったんか」と思うほど、つぶつぶ感のあるすいとん。薄力粉150グラムに熱湯1カップを加えてスプーンでざっくり混ぜたらすぐにゆでちゃうんだって。えらいラフな作り方やな…と思いましたが、それがどうして、案外おいしかったです。ただ、当の夫は「俺はしっかりコシのある方が好きだな」ってことで、物足りなそうな感じでしたが。

ホームページをみると、「釜揚げすいとん」って名前で、しょうゆをつけて食べるみたいですね。でも、きなこをかけておやつ代わりに食べるのもアリだな…って感じでした。

レトルトカレー

f:id:NEKOTAten:20101215194310j:image

急に晩御飯を作る気が失せたので、「ああ、もう、今日はアカン」と夫に言ったら、夫が「俺が作る」と。

何を作ってくれるのか…と思ったら、買い置きのレトルトカレーでした。でも、まぁ、ご飯も上手に炊けてたし(土鍋に慣れたので炊飯器は片づけてしまいました)、食後の皿洗いもしてくれたし、何も言うことはないです。

カレーはここのところ買い置きしているS&Bの100キロカロリーカレー。夫、めちゃくちゃハマってる。

皿うどん

f:id:NEKOTAten:20100208181727j:image

「米油で揚げた麺のパリパリサラダ」という商品を買っていたので、これでちゃちゃっと軽めの晩御飯にしようと目論む。なんでも、長崎のご当地料理を商品化したもので、揚げ麺の上に適当に生野菜を乗っけて、マヨネーズ風のドレッシングをかけて食べるものらしい。

ところが、いざ作る段になって、夫が「サラダ風など邪道。やはりあんかけじゃないと」とやかましい。えー、今からあんかけ作るのめんどくさいようとムクれたら、夫が「俺が作る」と言い出した。

差し出した材料は、ブロッコリー、かにかま、かいわれ。中華鍋に油を引き、小房に切り分けてレンジでチンしたブロッコリー、ほぐしたかにかま、かいわれを加えてしんなりしたら、軽く塩こしょう。鶏がらスープの素、片栗粉を溶いた湯を注いでとろみがつくまで加熱したら、あらかじめ揚げ麺を入れておいた器に盛る。

ブロッコリーの下ゆでが長すぎたみたいで、あんかけというより、ブロッコリーソースになっていましたが、まぁ、これはこれでおいしかったです。というか、夫が作った料理に関しては、作ったことに意味があるので、正直、味はどうでもいい。それよりも、料理と同時並行で片付けもすませるテクニックを身につけてほしい…と思う妻なのでした。

イングリッシュマフィン レーズン

f:id:NEKOTAten:20100208100556j:image

ここ最近、夫はパスコのイングリッシュマフィン(レーズン)にハマっている。今日は私にも焼いてくれたので、それで朝ごはん。バターを乗っけて焼くと、あまじょっぱくておいしい。

マフィンだけもさびしいので、カップスープに、昨日の残りのポテトサラダも一緒に。

とうふごはん

f:id:NEKOTAten:20100201100241j:image

とうふごはんでも食べよーと台所に立ったら、夫が「俺が作っちゃる」という。

私は、ご飯の上にダイレクトに小さめの充填豆腐をパカッと乗っけて、箸で粗めに砕いたらしょうゆ(塩でもよい)、オリーブオイル少々をかける……って感じが多いが、夫は豆腐は一度別の皿に出してフォークで丁寧にペースト状になるまで潰してからご飯に乗せている。この、ペースト状になるまで潰すってのが夫のこだわりなんだそうです。へー。

んでもって、かつお節に白しょうゆをかけたものを加えて混ぜてから、ご飯に乗っける。豆腐ペーストに直接かつお節としょうゆを入れてはダメなんだそう。まさか、そんなめんどくさいこだわりがあるとは知らなかった。どおりで、夫がとうふごはんを食べた後は、妙に洗い物が多かったわけだ…。

どう作ってもまずいわけはないのですが、作ってもらった分、美味しさは上乗せでした。ごちそうさま。

チャーハン

f:id:NEKOTAten:20091126202400j:image

焼き豚、卵、ねぎでチャーハン。具だけ切り揃えて用意し、味つけは少々私がいじってしまいましたが、炒めは夫にやってもらっちゃいました。おいしかったですよ、やっぱりチャーハンは夫が作った方がいいわ。

夫が炒めている間に机ふいたり、皿出したり、ちまちま片づけしたりできるので、台所に立ってもらうとやっぱ楽。今、気分的に余裕がないので、ありがたいです。

オムレツ

f:id:NEKOTAten:20091115124511j:image

昨日の朝、皮をむいてざく切りにしたまま行き場を失ったトマト。ホントはワカモレにしようと思っていたのだが、下準備をしていざアボカドを割ってみたら中身がすすけた灰色だった…と言うオチ。追熟させ過ぎて腐っていたようです…。

しゃーないからトマ玉炒めにするか…と準備していたら、夫がごにゃごにゃいう。どうも、トマ玉炒めじゃイヤらしいのだが、どうして欲しいかがよくわからなかったので、夫に任せることに。

しばらく待ってたら、フレッシュトマトソースが乗ったプレーンオムレツが出てきた。なるほど、こうして欲しかったのか。

夫はオムレツの出来が思ったよりうまくできてなくてうかない顔だったが、十分おいしかったですよ。これからも、オムレツ(と、オムライス)は夫に作ってもらうことにしようと思います。

奥は昨日の残りのにんじんサラダ。パン ド エピを焼いて食べました。