カテゴリー別アーカイブ: 昼食

お雑煮

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

昨日、豊洲市場に行ったときに秋山商店の血合い抜き薄削りのかつお節を買っていたので、久しぶりにそれで出汁を取って、お雑煮を作る。

イメージしたのは、つる瀬の喫茶室で食べた玉子雑煮。かきたま汁に、お餅、鶏むね肉のゆでたの、小松菜のゆでたのを入れています。つる瀬ほど繊細な感じにはならなかったけど、それなりに美味しかったです。

すえひろの天むす

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

帰宅して、荷物を解いて、京王百貨店に寄って買ってきたすえひろの天むすでお昼ご飯。おみそ汁はアマノの揚げなすを半分こ。

すえひろの天むす、久しぶりに食べたけど、やっぱりおいしいな。最近、天むすと同じサイズのおいなりさんも出しているけど、そっちには、どうも手が出ない。

JRAにもらった紅茶で一服。ジャパンカップが近いとのことで、汐留駅周辺で大々的にサンプリングをしており、紅茶とマスクケースを頂いていました。私は昔から、サンプリングの効果には大きな疑問を持っているのですが、実際のところ、これもどうだったのでしょうか。

紅茶はおいしかったです。やっぱりJRAってお金持ちだなぁ…と思ってしまいました。

ポンヌフ

汐留に泊まった時に困るのがお昼。汐留だとチェーン店しかないし、新橋だと忙しいサラリーマン御用達の店みたいなのが多くて、私のようなさっと食べてさっと出るというのが苦手な人間には、行ける店が少ない。めったに来ないから、あんまり知らないし。

少し遅いお昼はどこにしようかな…とだいぶ悩んで、そういえば新橋って、ポンヌフがある…と思い出して、ランチタイム終了ギリギリに滑り込む。迷惑だったかな…と思ったら、私の後にも数人駆け込んできたので、ああよかったとホッとする。

だいぶ昔に、おくがわじゅんいちさんの『ナポリタン』というリトルプレスを読んで覚えた店なのだけど、ようやく行けた。だけど注文したのはナポリタンじゃなくて、ハンバーグスパゲティセット。よくばりなので。

出てきたのは、お子さまランチみたいな、とってもかわいい一皿。これは気分がアガる。食べるとなかなかのボリュームなんですけど、嫌な感じじゃない。見た目、パワフルな味付けなんじゃないかと思いきや、ほどよい塩梅の後引き系で、普段なら相当苦しい量のはずなのに、すんなり食べられました。おいしかったです。

食べ終わったタイミングで、プリンとコーヒー。これがまた、お子様ランチっぽくて泣ける。

プリンはあっさりプルプルで、これまた懐かしい味。テレビ局が近いので、時間的なこともあってか、周りはテレビマンぽい人ばかりで、いろいろギョーカイだなーって話をしていました。そういったがやがやした感じも含めて、いい感じにレトロなお店でした。

お昼を済ませて歌舞伎座へ。吉例顔見世大歌舞伎の夜の回を観に行きました。演目は、菊畑、連獅子、市松小僧の女です。

菊畑は、中村梅丸さんが中村莟玉に名を改める、襲名披露公演的な意味合いもあって、非常に良い雰囲気。梅丸さんを始めて観たのは、だいぶ昔に国立劇場で「日本振袖始」の稲田姫を見て、なんつーきれいな顔の役者さんや、演技もうまいし、と印象深かったのですが、それからもう10年近く経つのですね。

連獅子は、高麗屋の親子によるものでしたが、なんかこう、連獅子って、演じる組み合わせでだいぶ雰囲気変わるんだな…と、初めて実感した気がします。お父さんのほう、少しテレが強いんじゃないでしょうか。もう少し優しさを見せてもいいような気がしたのですが、私の気のせいかな…。

市松小僧の女は、池波正太郎原作ということで一番楽しみにしていましたが、面白かった。梅幸さん、又五郎さんに当て書きされた三部作のうちのひとつとのことで、『又五郎の春秋』にも少しエピソードがあります。今回は、時蔵さんと鴈治郎さんで年の差夫婦をやられましたが、キャッキャウフフなシーンも意外と違和感なく楽しめました。

新歌舞伎なんですけど、でも、やっぱり戦前生まれの作家が書かれた市井物なので、ある意味通好みというか、本気で楽しめるのは40代くらいまでだろうな、とは思いました。なので、今のうちに、後数回は再演して欲しいです。

歌舞伎を観終わって、ホテルに戻る。私は、建物の中に突如現れる曲線が無性に好きなのですが、止まっているホテルのある建物は、なかなか良い曲線が多く、それだけで私の中ではよいホテル認定されています。

昔のSFっぽい感じが気に入っています。

ホテルのロビーで、ジントニック。ポンヌフのおかげで、幕間中も、芝居が終わっても、全然空腹感がないです。すごい。

魯肉飯

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

今日のお昼も魯肉飯。一度作るとしばらく料理をしなくていいので、本当に助かる。夫も大好きなのでずっと続いても文句出ないし。そして副菜は、ターサイ炒め。大きな株を買ってきていたのですが、ようやく食べきった。シンプルににんにく、塩、胡椒の味付けで食べるのが一番好きだ。

魯肉飯

カテゴリー: 昼食, 間食 | 投稿日: | 投稿者:

魯肉飯にターサイの炒めもの。雑誌か何かで、現地の魯肉飯は小ぶりの丼に入って供されると読んでから、うちも普通にお茶碗に盛っている。ミニ丼みたいでかわいくて気に入っている。これで十分お腹いっぱいになるし。

大相撲(令和元年十一月場所9日目)を見ながら、小さいつまみをちょいちょい。

新ごぼうの酸っぱいマリネを作っていたのだけど(太めの千切りにしてさっとお湯にくぐらせてからフレンチドレッシングで和えたもの)、そのままでも美味しかったけど、なんとなく脂少なめのスモークサーモンと一緒に食べて見たら、驚くほどよく合っていた。これはいいです。白ワインと合う。

魯肉飯

安売りの豚バラ肉塊で魯肉飯を作る。魯肉飯は『台湾かあさんの味とレシピ』で紹介されているレシピを参考にしてはいるのですが、段々自己流になってきた。

それでも、ふたつだけレシピを参考にしているポイントがあって、ひとつは砂糖は氷砂糖を使うこと。普通の砂糖だと、何となく味が決まらないのだ。もうひとつはフライドオニオンは絶対入れること。ただ、本に出ていた「かあさん」のフライドオニオンは、エシャロットを揚げた自家製だったのだけど(自家製のほうが断然おいしいらしい)、さすがに無理なので、中華街で買ってきたものを使っています。

自己流ポイントは、挽き肉じゃなくて、塊肉から自分で切り出して使うこと。あと、玉子は鶏卵じゃなくて、うずらの卵を使うこと。玉子がたくさん食べられる感じがして、気に入っているのだ。一緒に煮込むスパイスは、八角、クローブ、桂皮、陳皮。最後に、五香粉をふわっと。八角は絶対だけど、個人的には、陳皮も重要メンバー。初めて作ったときに何となく入れたらおいしかったので、以来、お守りのように絶対入れている。

時々、ネットや雑誌で他の人のレシピを見るのだけど、それと比べると、多分、うちの魯肉飯は、いわゆる「正解」と比べると、ちょっと甘めな気がする。せっかくだから「正解」も食べてみたいけど、一体どこに行けばいいのだろうか。

今日の豚バラ肉は脂の部分が多かったので、賽の目に切ると100%脂というキューブも出てきてしまってイマイチよろしくなかった(私は豚の脂は好きなのでそれもまたよしなのだけど、やはり食べ応えが少ないのはまずい)。こういう肉だったら、賽の目じゃなくて、普通に大ぶりに切ってもよかったのかも。そういうタイプの魯肉飯もあるようですし。まだこれからも試行錯誤していきたい。

野菜の補いに、ターサイの炒めもの。

お昼の魯肉飯を小盛りにしたので、ちょっと夕方間におやつ。近所のパン屋のハムマヨネーズパンに、オニザキのごませんべい。じみにうまい。

にゅうめん

帰宅して、軽めのお昼にしようと、にゅうめんにする。鍋にヒガシマルうどんスープと水とネギを入れて温めて、それを具に。簡単で美味しい。

大相撲(令和元年十一月場所7日目)を見ながら、たこぶつとカップ酒。カクレイカップ(青木酒造)はレトロ可愛くてお気に入り。いくつか持っているが、まだほかにも違う柄がありそう。

スープかけご飯

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

夫がいないので、最後に残ったポテの煮汁にご飯を入れて、生玉子をポンで、猫まんま。

無性に辛いものが食べたい気分だったので、粗挽きとうがらしを思いっきり振る(見た目はすごいけど、あんまり辛くないの)。

トマトパスタ

サクッと用事を終えて帰宅した夫に、トマトパスタを出す。缶詰1個で作れて、野菜を食べた気にもなれて、とてもいい料理。

夕方に少しぶらぶらして、ドトールの看板に、「温かいタピオカ」と会ったのが気になって、注文してみる。なんというか、ぬるい(50度くらいかな)ミルクティーの中に大粒のタピオカが入っていて、もうちょっと熱いものと思っていたので、そのぬるさが意外な感じだった。

個人的には、冷たいタピオカよりも、タピオカがモチモチしている気がして、こっちのほうが好きかも…と思ってしまった。春水堂にもホットタピオカがあるのは知っていて、ぜひ行ってみたいと思っていたのだけど、今回の経験でより興味が増しました。

モスクラシック

相当お久しぶりに千駄ヶ谷まで行き、SHIZENで開催中の増田勉さんの個展に行く。初日ということもあってそれなりに大入りで、相変わらず増田さんも朗らかだった。

わたしらも久しぶりに色々愉しくお喋りしたが、驚いたことに、増田さんの弟さんにも遭遇し、ちょっと変わったお仕事をされていることもあって、色々面白いお話を聞かせてもらった。普段ほぼ引きこもりに近い生活をしているので、直接人から面白い話を聞くというのは、私にとっては相当エキサイティングな体験でもあります。器もよかったし、実に良い日でした。

千駄ヶ谷なんて、2~3年に1回くらいしか行かないので、ご飯は新宿にでも出て済ませるかと思っていたのだけど、夫が「モスクラシックに行ってみたいです」というので、そこへ。

入口が仰々しい感じで、ちょっと入るのに躊躇したけど、入ってしまえば、ちょっと上品な感じのアメリカンダイナー的な内装の店内で、落ち着いた雰囲気でした。

まだランチタイムの範疇だったので、素直にセットメニュー。夫はノーマルなハンバーガー、私はアボカドバーガー。グルメバーガーみたいな感じで供されます。

横から見るとこんな感じ。ちょっとお肉の塩気が強いかなと思ったけど、美味しかったですよ。見た目通りのボリュームでお腹いっぱい。

他のメニューを見ると、レギュラーのモスのメニューを少し分解して、アレンジしているようで、なるほどこんな感じでおしゃれにするんやなぁと、ちょっと感心してしまった。お店の雰囲気がおちつく感じで良かったので、近所だったらたまに行きたいかも。

その後水道橋の千鳥に寄って、沼田智也・ヨシノヒトシ二人展を見る。店主は相変わらず舌鋒鋭くて、いい刺激になった。沼田さんの、海老の盃を買う。