カテゴリー別アーカイブ: 昼食

ゴマダレ和え麺

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

白ごまペーストを使い切るべく、豚挽き肉、ネギ、ショウガを炒めて、砂糖、しょうゆ、豆板醤で味をつけ、白ごまペーストを加えて炒め合わせる。

ゆでた玉子麺に、キュウリとの千切りと一緒に乗っけて、和え麺に。そろそろ、温かくないものを食べる季節になってきたのか。

老麺まるや

駅前の伊勢丹で、東北物産展をやっており、今回のイートインは「老麺まるや」という喜多方ラーメンのお店でした。夫は喜多方ラーメン好きなので、早速食べに行く。

持っちりとしたちぢれ麺に鶏ガラベースの澄んだスープ、まさしく正統派の喜多方ラーメンで、美味しかった。しかし、麺の量は半分でいいんだけどなぁ(と思いながらも、完食)。

帰宅して、小池菓子舗のあわ饅頭を早速食べる。

蒸したてを詰めてもらっており、まだほんのり温かい。が、そんなことよりも、この饅頭、とってもおいしい。ガワとあんこの割合が完璧で、素晴らしいハーモニー。意外に軽くて、ラーメンを食べた後なのに、するっと2個食べられた。いやー、これはおいしいです。

あったかいからこんなにおいしいのかと思い、しばらくたって、冷めたのも食べたのだけど、また違った美味しさがあり、とにかくおいしい。時間が経つごとのおいしさが味わえるなんて、うさぎやのどら焼き以来だけど、まぁとにかく、おいしかったです。

スシロー

夫がご馳走してくれるっていうんで、スシローに行く。手前は、生ほっき貝、天然生えびの食べ比べ(生・漬け)。この生ほっき貝、かなりおいしかったです。さすが黒皿。

このほかは、やりいか、東沖一本釣りかつお、炙りあん肝にぎり、サーモン、かつおユッケ、シメサバ、炙りあん肝にぎり。

うむ、我ながらよく食うな…。ただ、スシローのシャリは、くら寿司に比べると、小さくてふわっとしていて、食べやすい印象があります(いいわけだけど…)。

夫は、えんがわ、サーモン、えび、サーモン、えび、サーモン。

スシローのサーモン、おいしいそうです。

志むら

目白に用事があったので、その帰りに、志むらでお昼を食べてから帰宅。やっぱり甘味を食べるべきでは…と一瞬思ったものの、おなかペコペコだったので、赤飯弁当で。

煮しめ(にんじん、ごぼう、こんにゃく、きぬさや)、ひじきと新玉ねぎのポン酢和え、茹でそら豆、ごま豆腐に桜の塩漬け乗せ、切り干し大根の煮物、厚焼き玉子、味噌汁(揚げ、豆腐)、赤飯、佃煮(昆布と何か)

なんていうか、しみじみおいしかった。お味噌汁まで最後までおいしく食べたのは、久しぶりだなぁ。おかずの中で、とっても印象深かったのが、ごま豆腐と厚焼き玉子。てか、この厚焼き玉子、ほんのり甘くて、甘さの塩梅がすごく好きな感じ。これだけで一皿欲しいわ、と思ったくらい。

食後にちょっと甘いものでも…と思ったけど、お弁当でお腹いっぱいだったので断念。向かいの妙齢女性三人組は、お弁当を食べた後にあんみつを注文していて、自分の食の細さをしみじみ痛感させられたのでした。

ちなみに、志むらは、かき氷でも有名なお店でして、女性の一人客はたいていかき氷を注文していきます。今日はちょっと肌寒さもあったんですが、それでも、かき氷客は結構いて、ゴーラー(かき氷愛好者)さんのすごさも思い知ったのでした。私は内臓が弱いので、かき氷は、もう少し暑くなってから…(ってなったら、もう大行列で食べられないんですが)。

せっかくだから、お土産に九十九餅を買いたいな…と思ったけど、今日は別においしいものを買ったので、今回は断念。

目白での用事の前に、ちょっと寄り道して、以前から行ってみたかった「林芙美子記念館」に立ち寄る。林芙美子が好きというよりは、昔の作家さんの自宅を見るのが好きなので、行ってみたかったのです。写真で見たときに、きっと素敵な住まいだろうと思ったけど、想像より、ずっと素敵な住まいでした。こじんまりとしているけど、品があって、自分が気持ちよく暮らすためにいろいろ工夫しているなぁというのがよくわかる。

書斎。元は納戸だったそうですが、最初仕事部屋にしていた部屋だと、日差しが良すぎて仕事しづらいということで、こちらに変えたそうです。何となくわかる。

台所。昔の家にしては広くて使いやすそうでした。台所とトイレは、殊更にお金をかけたそうですが、その気持ちもよくわかる。お金の使い方の上手な人だなと思いました。

この押し入れは、かなり斬新に感じました。林芙美子は小柄だったそうですが、ああそうか、手の届かないところまで収納スペースを作らなくてもいいのか、と。別の意図で、こういう押し入れだったのかもしれませんが、私はこれを見て、ああなるほど…と思ったのでした。お気に入りのインド更紗を貼るセンスも素敵。

林芙美子が好んで色紙に書いていた詩。この詩の出典はどこなのかは、長らく知られていなかったそうですが、村岡花子に送った詩がひとつのモデルになっているそうです。2行切り出して助詞を1文字変えるだけでだいぶ印象が変わりますが、色々考えさせられます。

北海堂

今月末で閉店するというので、もう一度北海堂にお昼を食べに行く。夫は煮魚定食(金目)、私は焼魚定食(赤魚)。ウキウキしながら食べたんだけど、微妙に生焼けで、全部食べられず。悲しかった…。

気分直しもかねて、東郷寺まで散歩。この辺では有名な、枝垂れ桜がそろそろ見頃なのではないかと思って行ってみると、まさにドンピシャでした。3月下旬とは思えない陽気もあって、人もそれなりに多かったですが、ベンチすら置いていないお寺の境内なので、おとなしく立って見るほかなく、静かで穏やか。良い花見でした。

お弁当

三月大歌舞伎の昼の回を見に行ってきました。今回は、女鳴神、傀儡師、傾城反魂香の3本。

「女鳴神」は観るのは初めて。「鳴神」は好きだけど、それを男女逆にする話って、現在の感覚で言うと、あまりにも女をマヌケにしすぎていて、最後までちゃんと見れるだろうか…と少し心配だったんですが、さすがにそれなりに配慮があって、話の筋的には最後まで違和感なく見られました。でも、「鳴神」にしろ、「女鳴神」にしろ、最後はちょっと切ない…。結局のところは、純情を踏みにじられる話なので、どうも、アハハと笑い飛ばすのもなぁ、といつも思ってしまう。偉くてマヌケな奴は笑い飛ばしていいってことなのかもしれないけど、どうも、難しいね。

一番楽しみにしていた「傾城反魂香」ですが、たいていは「土佐将監閑居」だけ上演しますが、今回は「高嶋館・竹藪」も上演。「土佐将監閑居」だけ上演すると、ラストに急に出てくる狩野雅楽之助って誰や? となるけど、「高嶋館・竹藪」ではそれなりに活躍していて、ああなるほどと。トラも大活躍で楽しかったし。ただ、基本は、別々の話なので、逆に総花的な印象になってしまい、せっかくの白鸚の吃又なのに、そこだけに集中できなくてちょっともったいなかった気がする。猿之助のおとくはとってもよかったけど、全体的に折り目正しすぎって感じだったので、もうちょっと好きにやったらいいのに…と思ったり。でも、好きなお話なので、楽しかったです。

お弁当は、ありものを詰めて。玄米ご飯に、頂き物のいかなごのくぎ煮に白ごまふって。あとは、れんこんとわけぎのマリネサラダ、ゆで玉子、切り干し大根の煮物。

神戸のパン

お昼は、コムシノワというパン屋さんの、ごまがたっぷり入ったパンと、オレンジピールが練り込まれたパンを切る。ほかに、イスズベーカリーの、ぶどうパンとチーズパンも。どれもおいしいけど、このごま入りのパン、すごくおいしい。

夫はパンだけでいいというものの、まぁ、少し野菜も食べましょうねと、簡単にサラダも作る。スライスしたれんこんとざく切りのわけぎをさっとゆでて、ゆで玉子と一緒に、フレンチドレッシングで和えたもの。サラダというか、マリネかな。さっぱりしてよい。

神戸のパン

神戸に住む知人から、今年も春の便り(いかなご)が届きました。

あらかじめ「クロネコで送りました」と連絡を貰っていたので、はて、例年「いかなごレターパック」で届くのに、なぜヤマト? と思っていたら、クール便の大きな段ボール。「?」と思いながら開けると、たくさんのパンが入っていました。箱を開けると、パンのいい香り。ふぉー。

恐らく、これは、うちが(特に夫が)、あまりにもパンが好きなのを知って、送ってくれたのであろうと好意的に解釈し(後日メールでやり取りしたら、大筋で合っていた)、早速いただく。

まずは、イスズベーカリーという神戸っ子におなじみのパン屋さんの、菓子パンたち。思わず店名で検索してしまったが、木南晴夏ちゃんの「パン旅」神戸編にも登場している、古くから愛されているパン屋さんなのですね。

あんバターパン、メロンパン、クリームパン、チーズの入ったパン、左上のソーセージのパンは「トレロン」と言って、本当は70センチほどもある長ーいパンなんだそうです。切ってあるものもあるそうで、送ってもらったのはそれ。うん、おいしい。

どれもおなじみのパンだけど、どれも、じんわり美味しい(小僧(黄)は、メロンパンに激しく反応)。いきなり開催された、春のパン祭り。たくさんあるので、ゆっくり楽しみます。どうもありがとう。

横浜中華街ぶらぶら

お気に入りの豆板醤が切れていて、甜面醤も切れてるしなー、どこで買おうかな…と思っていたところ、夫が東横線沿線に用事があるというので、一緒に出掛けて、中華街に行くことに。

大きな通りは若い人がいっぱいで、いつもいっぱいだけど今日は格別だな、なんでかな、と考えたら、そうだよ春休みじゃないか。若い人が大好きな、がっつりご飯が食べられる、愛群や海員閣は大行列でした。

まずは、南粤美食に行って、お久しぶりのエビワンタンメン。煲仔飯(釜飯)も食べたいけど、今日はエビワンタンメンに。お腹が2つある人がうらやましい。11時半開店で、11時15分ごろついたのかな。ギリギリ1巡目に滑り込めて、ラッキーでした。

やっぱりすごくおいしかったわー。麺も、ワンタンも、スープも、全部おいしいよー。ほかのも食べたいけど、ワンタンメンでお腹いっぱいになっちゃうのが、本当に残念だよ。夜も行きたいよー。


今日は待っている間に、店内をパチリ。干し肉に目が釘付け。誰かのブログで、干し肉を持ち帰りで買っている人いたなぁ…と思ったけど、その人、常連さんっぽい人だったし、ランチの客だとお願いしづらいな…と思っていたら、丸鶏の塩蒸し焼きを持ち帰りにしている人がいたので、わたしも! と意を決して、注文。ふふふ、家に帰ってからも楽しみだなー。

食後に、同發新館売店のイートインで、のんびり甘いもの。ここのお菓子、おいしいし、気楽にのんびりできて、好きなのです。夫は、タピオカ入り杏仁豆腐、私は杏仁アイス。

夫を置いて、お目当てのものをお買い物がてらに、中華街をぶらぶら。

これは、中華街でふたつあるお寺のうちのひとつ、横浜媽祖廟。いつも、遠目で眺めるだけで入ったことはない。今度は入ってみようかなぁ。

そういえば、徳記って2月中旬に閉店しちゃったんだよね…、跡地はどうなっているのかな…と見に行ったら、「内装工事のため臨時休業 営業再開は4月中旬予定」とあって、あれ? どういうことなんだろう…。再開するのかなぁ、だとしたら嬉しいけど。

それにしても、買い物し過ぎで、手がちぎれそうです。重い。

夫と合流して、中国茶藝館 茗香閣へ。私は小青柑(小さい青蜜柑にプーアル茶を詰めたもの)、夫は阿里山茶(ウーロン茶の一種)を注文。

お茶でひとり2000円って、一瞬、え⁉ と思うんですが、お湯を注しながら何杯でも飲めるので、結果的にはそんなに高くない。お店も静かでゆったりしていて、すごくよかった。

最後にビニール袋をくれるので、飲んだ茶葉を入れて持ち帰る。これに熱湯を注したら、まだ飲めるのだそう。阿里山茶は一晩水出しすると、冷茶で飲めるよ、だって。中国茶ってすごいなぁ。


中国茶って、茶器がミニチュアな感じで、それがまたいいんだよね。少しずつ揃えたいなー。

豆腐ご飯

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

どうにも台所に立つガッツが出ない。多分、花粉のせいだ。

夫が、「豆腐があるなら、ご飯の上に乗っけてくれればそれでいい」というので、もう、そうしちゃう。普段だったら、これに、ごま油、しょうゆ、石垣島ラー油なんだけど、ラー油の代わりに、郫県(ピーシェン)豆板醤を乗っけてみた。

去年、中華街の源豊行で買ってきたもので、そのまま食べてもすごくおいしいので、合うんじゃないかと使ってみたら予想通りおいしかった。簡単でおいしいなんて、ありがたい。