カテゴリー別アーカイブ: 昼食

JEAN-PAUL HÉVIN

ジャンポールエヴァンで美味を堪能。

10時半という、チョコレートケーキを食べるには微妙な時間帯に出かけたため、滞在時間のほぼすべてを、私と夫とお店の人と3人だけという中で過ごしました。百貨店なのに、BGMがまったくかからない空間って、ちょっと貴重かも。チョコレートを買ったときにも感じましたが、お店の人の客あしらいが上品なのがまた嬉しい。

今日食べたのは、パッション。下から、ビスキュイ、ガナッシュ、ムースの3層仕立てで、ムースがパッションフルーツ風味。ビスキュイとガナッシュの間に、クルスティヤンというカリカリした食感の生地が挟まっていましたが、そのおかげで食べるときにリズムがついて、軽やかな食感。パッションフルーツがキーンと来るのかなと思いきや、思っていたより穏やかで、ビターチョコレートのガナッシュとの相性も良い。最後まで鮮烈な印象のまま食べ終わってしまった。ほんと、食べ終わるのが残念って、こういうことを言うんだなと、久々に思ってしまう。

もう1個違うケーキを食べようと思っていたのだけど、「エクレールは、金土日限定です」といわれたので、ついついそれを。文句ないよね、オーソドックスにおいしい。

なんか、もう1個食べれる気がする…ということで、夏の間だけ提供している、ヴェリーヌからひとつ。ヴェリーヌ・ショコラカフェ。「フルーティな香りが特徴のエチオピア産コーヒーを使用したクリームと軽やかなブラジル産カカオのムースの組合せ。 」だそうで、まったり濃厚そうと思いきや、シュッとした切れとビターなコクが大変おいしい。

立て続けに3個を一気食いという品のない食べ方をしてしまったが、しかし、とても満足です。そしてこれを書きながら、また食べたいなぁと思っているのでした。

ちなみに夫は、ショコラショーを飲みながら、私の食べっぷりを楽しげに見ておりました。

にんにくチャーハン

新にんにくの季節。個人的には、丸ごとローストしたり揚げたりして、シンプルにほくほく感を楽しむのがいちばん好きかなぁと思うけど、唯一、新にんにくを使った保存食で気に入っているのが、しょうゆ漬け(飛田和緒さんの『私の保存食手帖』)です。

うちの冷蔵庫には8年ほど前に仕込んだものがまだ眠っているけど、毎年にんにくとしょうゆを少しずつつぎ足しながら使っているので、本当のところは何年前に仕込んだものかはよくわからない。中まで真っ黒にしょうゆが染み込んだにんにくは生のまま食べても、臭くも辛くもなくて美味しいし、漬け込んだしょうゆには独特の甘さが加わって、これもいい調味料。

これを使ってチャーハンに。豚挽き肉と長ねぎを刻んだのを炒めて、火が通ったら、にんにくのしょうゆ漬けの刻んだのとご飯を加えて炒めたら、にんにくしょうゆを回しかけて仕上げ。たっぷり使っても臭くなくて、美味しい。

また今年も、少し足しておかないと。

ナスと豚肉のマヨポン炒め

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

なーんか、あんまり何を作るかアイディアが出んなーと思いつつ、ナスと豚で何かしようというところまで決めて、また考える。この組み合わせで真っ先に思いつくのは、わが家で「はるみ炒め」と呼んでいる、ケチャップ、オイスターソース、しょうゆを混ぜたソースを使う炒めもの(『ごちそうさまが、ききたくて。』)。しかし、なんとなく、オイスターソースが気分じゃない。

ぐるっとネットを検索して、マヨポン炒めに目が行く。鶏を使っているレシピが多いけど、豚だっていいよね。今日はこれにしよ。

ナス、1個だけ残ったピーマン、豚バラ肉を炒めて、マヨネーズとポン酢を大さじ1ずつ混ぜたものを回しかけてなじませつつ炒める。マヨネーズも、ポン酢、万能調味料同士の組み合わせだから、ある意味最強。実際、かなりおいしかった。

あとは、1パック残ったごま豆腐と永谷園の赤だしを半分こして、おしまい。

黒ごま担々麺ふう

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

黒練りごまが残っているので、これで真っ黒な担々麺を作ったらどないだろとやってみたんですが、なんかすごい見た目になってしまった…。味はおいしいんだけどなぁ。見た目は大事。

それにしても、最後に乗っけたゆでチンゲンサイを用意する手間が、地味にめんどくさかった。

アドボソースのパスタ

数日前に作った、豚肉の香味野菜漬けで作ったアドボソースが少し残ったので、加熱して取っておいていました。お肉はないけど、パプリカパウダーがたっぷり入って、これだけで十分おいしいので、パスタの具にして食べてしまう。

気分的に細麺だったので、カッペリーニを茹でて、アドボソース、キュウリの千切り、朝は我慢したけど昼は玉子もポーチドエッグにしてトッピング。酸味の効いたアドボソースとパスタ、キュウリの組み合わせが、なんとなく冷やし中華を思わせる感じで、不思議とおいしかった。

タカセ

久しぶりに池袋に行く。池袋って、ホントに縁のない街なので全然知らず、うーんと頭をひねって、そういえばタカセのレストランに行ったことなかったなと気づいて、行ってみることに。

昼時なので少し待ったけど、回転がいいのですぐに座れた。大昔から同じ場所で商売をやっているお店独特のこなれ感があって、不思議に落ち着く空間だった。さんざん悩んで、結局日替わりランチ(デミソースのかかったチキンソテー、カジキのフライカレーがけ)。しかもライス(お味噌汁付き)。オムライスも食べたかったし、目玉焼きの乗ったハンバーグもおいしそうだったし、ポークジンジャーもいいなぁ。タカセなんだから、ライスじゃなくて、自家製パンにすればよかったなぁ、とも思ったり。

なんだかすっごくおいしくなさそうな写真だけど(申し訳ない)、料理はおいしかったです。なんていうか、全体的にまともっていうか。なんだかホッとする。お客さんの年齢層はかなり高めでしたけど(歌舞伎座とほぼ同じ感じ)、そうだろうなぁと思う。夫が注文した、カニクリームコロッケも、さらっとしたクリームがちょっと独特で、さっぱり食べられておいしかった。

ケーキも食べたかったけど、お店の人も忙しそうだったし、何となく自重。

夫が、こういうお店、うちの近所にもあったらいいのになと言っていたけど、似たようなお店…と考えると、西荻窪のこけし屋になるのかなぁ。あとは、洋食やじゃないけど、国立のロージナ。うちの近所となると、いせやになるのかなぁ。行ったことないけど。

食後にぶらぶら歩いて、江戸川乱歩邸に行く。昭和9年から40年までを過ごした最後の住まいで、現在は、立教大学の大衆文化研究センターが管理しており、週に2回、予約なしで見学ができるのです。

玄関にほんのちょっと展示スペース。ポプラ社から出ていたハードカバーの少年探偵団シリーズは、小学生のころによく読みました。懐かしい。

基本的に、ガラス越しに外からのぞくだけなので、今日みたいなやたらと天気のいい日だと、ガラスが反射しまくってものすごく見えづらい。来る人みんなガラスに張り付いてガン見。ここは、作家の自宅をテーマにした本(『文豪の家』とか)でもよく紹介されている、応接間です。青いビロードが貼られた揃いのソファが素敵。

小ぶりの暖炉がまたいい感じ。傍らに『貼雑年譜』からのコピーと思われる、自宅の見取り図やこれまでの引っ越し履歴の地図が展示されていましたが、江戸川乱歩の異常なまでの筆まめっぷりに驚く。

様々な蔵書が保存されていた土蔵。これを目当てに来た人も多いようで、意外と途切れずに人がやってきます。

ただ、出入り口にガラス戸がはめられており、見学者はここからのぞき見るほかないのでした。残念だけど、でも、仕方ないなぁ。それにしても、この土蔵で本を読むのは気持ちよさそうです。

この後、駅まで戻るついでに立教大学の構内も少しぶらっとしてみたんですが、あまりの素敵っぷりに驚く(私の中では、これまでは学校の雰囲気の素敵さ度合いでは青山大学が一番でしたが、それよりもはるかに立教のほうが上)。都会の大学ってすごいわ。

池袋駅まで戻って、東武百貨店のレストラン街にある、TOSHI STYLEデセールカフェ&レストランでお茶。キウイとパイナップルのスープがおいしかった。

トムヤムスープのラーメン

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

夫がいないので、買い置きの鯖缶を開ける。ご飯に乗っけて、マヨネーズと七味で食べようかなと思ったけど、ふと思って、Knorrのトムヤムキューブでスープを作り鶏蛋麵(玉子麺)でラーメンに。具は、鯖缶、チンゲンサイ、青ネギ、青じそ。

トムヤムスープと青じそが思いのほか好相性。そして、鯖缶もグー。このトムヤムキューブ、今年も大いに活躍してくれそうです。

サッポロ一番みそラーメン

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

モヤシとキャベツを炒めたものをたっぷり乗っけた、サッポロ一番みそラーメンを食べようと思っていたのに、外は雨(完全に『きのう、何食べた?』に影響されてる)。ラーメンはあるけど、野菜類がないから、買いに行くつもりだったのに、めんどくさいわ、もうええわと、コーン缶を開けて、バターオンだけで終了。

うー、でも、すっごくおいしかったー。ラーメンは素敵。