カテゴリー別アーカイブ: 夕食

ゆでモツ

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

夫がいないということは、食事の支度をしなくてもいいわけで、まぁなんというかその分の時間を違うことに振り分けられるチャンスなんだけど、なんかいつも結局、台所に立ってなんか作っている。夫がいたら食べにくいであろう料理を一人で作って食べるわけです。結果的には、いつもよりも多い時間を台所に費やしている気がする。ひとりで食べられる量なんてたかが知れてるのに。

今日は、Twitterで見かけて以来、大分前から一人の時に作ってみようと思っていた、ゆでモツを作る。

鶏レバーを、一口大に切り分けて塩を入れたお湯でゆでたら、よく水を切って、ごま油、塩、刻んだねぎでよく和える。今日はレアに近い感じに仕立てたけど、ガッツリゆでちゃったのもいいかも。塩を入れた湯で煮るのは、多分臭み取りの意味もあるのだろうけど、レバーって結構、短時間ですぐに塩が回るので、その点は注意かなと思いました。あんまり塩味にし過ぎちゃうと飽きちゃうので、この辺の塩梅は何回か作ってコツをつかむしかないなという感じです。

自分しか食べないからと手早く作ったこともあって、レバーの癖が残った仕上がりになりました。といっても私には問題ないレベルで、とてもおいしかったのだけど、これは夫は絶対に食べられないなぁ。なるほど、私は普段は、相当丁寧に料理しているんだなというのが分かって、妙に自分に感心してしまったのでした。

鶏皮ポン酢にわかめ。青ねぎのチヂミ。

維新號の肉まん

夜から夫が出かけるので晩ご飯は簡単なのにしようと、維新號で肉まんとサイパオを買って帰宅。蒸している間にかきたま汁と白菜の浅漬け風を用意して、サクッと食べる。ここのサイパオは結構好きで時々食べたくなります。

夫が出かけた後、アオリイカのゲソとエンペラだけの刺身でビール。タレは、モランボンのチョコジュジャン。

最近はお刺身をわさび醤油で食べるのがちょっとしんどくて、オリーブオイルとレモンと塩とか、ごま油と塩とか、しょうゆにレモン汁とか、しょうゆとマヨネーズとか、で食べるのが好きなんだけど、韓国風に食べるのもお気に入り。チョコジュジャンは、地元のスーパーの鮮魚コーナーに小分けパックが売っているので、時々まとめ買いしている。

刺身とビールでちびちびやりながら、『風の谷のナウシカ』をイチから再読。明後日に歌舞伎を観に行くので、予習なのだ。とても長い話なのだけど、丸一日かけて全巻を劇化するとのことなので、こちらも全部読んでから行かなくちゃ。

黒酢から揚げ

ウー・ウェンさんレシピの黒酢から揚げ(『気づいた人から実践! 暮らしまわりの・知恵袋』)に、千切りキャベツたっぷり。

以前は、もうひとつ、ポテサラみたいな副菜も出していたんだけど、から揚げの時の付け合わせは必ずキャベツと決まっており、最近はキャベツだけで十分満腹になってしまうので(これでだいたい葉っぱ4枚分くらい)、それ以外の副菜を出しにくくなってしまった。

だもので、から揚げの日は、基本、これとキャベツだけで夕飯が済んでしまうのでした。あとは、私がお酒を飲む用の簡単なおつまみだけ。

焼き餃子

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

蒸しなす餃子に、海老芋の煮物、かぶの葉のオイル煮。

最近、餃子は20個作って、10個食べて残りは冷凍が基本になってきました。

蒸し豆腐に高菜炒めあん

カテゴリー: 夕食, 間食 | 投稿日: | 投稿者:

豆腐を蒸して、豚バラの叩いたのと高菜漬けの刻んだのを炒めたあんをかけて食べる。豆腐と一緒に蒸したかぶも、おんなじ感じで食べる。

12月に入って正月の準備が頭にちらついてくるけど、今日はきんとんの練習がてらに、スイートポテトを作った。きんとんといえば、以前は焼きいもきんとんを作っていたけど、焼き加減が安定しないので、結局、しっかり蒸して、がっつりフープロでなめらかにしてから、鍋で煎り付けて水分をコントロールする方が作りやすいという結論に落ち着いたので、今日もそんな感じで作る。

以前は蒸してつぶしたあとに裏ごししていたけど、今はしない。面倒だからというのもあるけど、皮を分厚く向いてからフープロにかければ、もうそれで充分なのだ。

今日はお菓子なので、砂糖を大体芋の2割ほど、それに生クリームとバターを入れて、アルミカップに入れていく。きれいに成型するよりも、こうしたほうがホームメイドっぽくて、おいしそうに見える。今日は手間かけついでに、卵黄でつや出しもした。やっぱり、お菓子は見た目も大事。

ちく天

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

冷蔵庫にちくわがあったので、ちく天に。夫の大好物なので、これ作っとけば、もう後は何を出しても大丈夫。何回かちく天を揚げてみて、なんというか、正解のない料理だなとつくづく思う。要は、どう作ってもいいわけなんだけど、そうなると、頭の中でイメージする「ちく天」と、実際に自分が作るものとの乖離が気になって、なんとかならんものかと、色々試行錯誤したくなってしまう。

理想とするイメージと現実のギャップとの第一は、衣のぶ厚さ。多分、うどんやさんのちく天のイメージが強いせいだと思うけど、もうちょっと衣がごつごつ強めについたほうが、ちく天らしいのでは? と思ってしまう。もっと衣を濃いめに溶けばいいんだろうけど、どうも癖で、さらりと作ってしまう。

形は、筒ごと斜めに切ったほうがらしい気がするけど、何回か試して、半割りが好みだと思った。筒のまんまだと筒の中に衣が入りきらなくて、どうにもそれが気になってしまう。全部衣で包んでから揚げたいのだ。あと、青のりは欲しいところです。なくてもいいんだけど、やっぱりこれがないと、ちく天の風情にならない。海藻が苦手な夫でもそういうのだから、マストなんだろうなぁ。

昼間に作っておいた海老芋の煮物に、あとは残り物並べて。長芋の煮物、パプリカの切ったの、かぶの葉のオイル煮。

エビフライ

カテゴリー: 夕食, 間食 | 投稿日: | 投稿者:

エビカツにしようと買っておいたホワイトエビだったけど、夫が、そのままフライにしたらええやないかというので、ポップコーンシュリンプみたいでそれもいいかなと、そうしてみる。ちっこいエビがそこそこみられる大きさに姿を変えて、衣の膨張効果に改めて感心してしまう。

レモンとタルタルソースに、千切りキャベツをたっぷり添えたら、まぁ、十分じゃないの。あとは、まだ残っているマッシュポテトに、パプリカの切ったの。

リクエストが出たので、また今日も食後のデザートに簡単リンゴパイ。

昨日は少しリンゴを盛り過ぎたので、スキマを作るように控えめに乗せて焼く。やっぱりカリカリ感もあったほうが、美味しさが増すような気がする。こういうレシピのない料理って、久しぶりに作ると、「おいしいけど、なんか前作ってたのと違う…」ってなりがち。やっぱり、どんな料理でもコツってのはあるもので、ノートを作って、マメに書き残しておいた方がいいんだろうなぁ…とは思った(でも、してない)。

鶏肉の煮込み

カテゴリー: 夕食, 間食 | 投稿日: | 投稿者:

チキンの煮込みなんだけど、多分、上野さんの料理本で見つけた何かを作りたいと思って作ったと思うのだけど、どう記憶をひっくり返しても、何の本を見て作ったのか思い出せない。私は上野さんのレシピで作ると、たいていおいしそうな見た目に仕上がらないのだけど、これも然り。

多分、火の入れ方が悪いのだと思う。10年以上、ほぼ毎日台所に立ってみて思うけど、料理のセンスは水分のコントロールにあると思う。どれくらい水分を飛ばすか、煮詰めるか。そういう勘所が、私にはちょっと足りないような気がする。10年以上たってそういうことにようやく気付くところがセンスなしなんだとも思うけど、それでもそれなりに料理は好きなままなので、それはそれでよかったなぁと思う。

なんとなく林檎を食べたい気分になって少し買ってきたので、簡単アップルパイ。紅玉がベストだけど、そうじゃないリンゴでも美味しく作れる。ふじはもちろんだけど、トキみたいなのでも、結構おいしい。

そういえば最近私が作るお菓子って、こういう感じの、超簡単なものばっかりだな。ケーキの道具、いっぱい持ってるのに…。

みょうがとラッキョウの肉巻き

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

9月に何の気なしに作って、「これは今年1番のヒットかも」と内心思った、ラッキョウ巻きをもう一度作る。甘酢ラッキョウと、塩ラッキョウと、みょうがの千切りを、豚バラ肉のうす切りで巻いて焼くだけ。ラッキョウの塩気で食べるので、味付けはなし。

これまで2回作って、食べるときにデュカミックスを添えていたんだけど、切れてしまったので、今回は普通のカレー粉で食べてみたんだけど、これでも十分イケる。デュカじゃなくてもいいんだったら、うち、ホールスパイスは色々あるので、ミルサー買おうかなぁ…と、ついつい思ってしまう。どれだけ台所家電を増やしたら気が済むのか…(しかも、ミルサー以外にも、欲しいものがいくつかある)。

シンプルなマッシュポテトに、パプリカの切ったの。

長芋とこんにゃくの煮物

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

長芋が好きで、時々売場で見ては発作的に、叩き長芋とか長芋の二倍酢和えでもやるか…と思って買うのだけど、夫はそういうのは嫌いなので、タイミングを見計らって…と数日過ごすうちに、なんだか使いそびれてしまってずっと冷蔵庫にいる…というのをよくやる。

もういい加減食べないとなという状態になって慌てて検索して、煮物にしている人を見た。なるほど。芋だから煮てもいいんだな。早速やってみたけど、ほこほこで意外な感じになった。悪くないけど、やはり、生のままで食べるほうが好きかもなぁ。慣れの問題かとも思うけど。

そういえば、長尾智子さんの本には、長芋の炊き込みご飯が、何度も何度も出てくる。昔から紹介しているから、お気に入りなのだろう。昔は、米に芋を炊き込むのはなぁ…と腰が引けていたが、よく考えると、ご飯を食べる量を減らせるので、むしろ私にはいいかもしれない。今度はそれを試してみよう。

奥に、2皿も野菜料理が見えるのだけど、一体何を作ったのか、全く思い出せない。冷蔵庫掃除をしたかったのか、多分煮物は夫は食べないだろうから、食べそうなものをいくつか作っておくか、と思ったのかもしれない。でも、今見返すと、どれも夫は食べなそうな感じの料理だなぁ。

そのお隣にあるかわいいカップ酒は、ずZOOっと旭山(高砂酒造)。柄が3種類あるのだけど、出先のスーパーで不意に最後の1つを見つけたので、早速買ったのでした。