カテゴリー別アーカイブ: 夕食

精進揚げ

2018-07-06 19.29.33

冷蔵庫の中の野菜をかき集めて精進揚げ。にんじんとサツマイモのかき揚げ、コーンの缶詰のかき揚げ、梅肉を芯に青じそをくるくる巻いたもの、モロッコいんげん。にんじんとサツマイモのかきあげだけ、薄力粉と少な目の水でちょっと重めに溶いた衣を使ったけど、それ以外は、薄力粉と炭酸水でさらっとした衣で揚げる。カリカリのレースみたいな衣で、軽く上がって夏向きだな。

たっぷり揚げたので、翌日に天丼でもしようかな…と思っていたのだけど、結局全部食べてしまった。揚げ物とはいえ、野菜だけだし、いいよね。

手前は、本(『ジローラモ印のイタリア料理 04 野菜料理』)を見て以来一度やってみたかった、「サラミに添えるしし唐ソース(SALSA PER SALUMI)」。ししとうとセロリをフードプロセッサーで粉々に砕いて軽く水けを絞ったら、おろしたパルミジャーノ、塩、胡椒であえて、サラミに添える、というもの。

これ、結構好きだな。レシピだと、分量10人分で、しし唐10本、セロリ4本、パルミジャーノ2つかみなので、かなりチーズ味が強いんだろうな…と思いますが、チーズは控えめにして、ししとう多め、オリーブオイルを加えて、パスタの具にできそうな気がする。

トルティージャ

2018-07-05 20.17.48

最近、『身近な食材でご馳走』をぱらぱら読み返しており、おー、今度これ作ろう! と思っていた、トルティージャの材料が全部そろっているのに気づいて、作る。レシピは、「レ・ストウディ」のジョセップ(ホセ)・バラオナ・ビニェスさんのもの。あ、あの『ピカピカ ピンチョス』の人ですね。

トルティージャは家庭料理なので家ごとに作り方や具の組み合わせが違うそうですが、ポテト、ズッキーニ、玉ねぎの組み合わせは、定番中の定番とのこと。シェフ的には、具を揚げ焼きすること、最初に卵液の2/3を焼き、一度ボウルに戻して残りの卵液となじませてから再度焼く、の2点が拘りポイントとのことなので、しっかり真似してみました。

たまごをケチったのでやや見た目はいまいちですが、具をたっぷりの油で揚げ焼しているので、玉子とのなじみが良く、食べやすくてとてもおいしかった。これまで、いまいち、自分で作るトルティージャってうまく作れないなぁ…と思っていたのだけど、ちゃんと具に手をかけているかどうかの違いだったのかも。揚げる手間は惜しんじゃいけないな…と言うことがよく分かりました。

ほんのちょっぴりのバジルで、バジルペーストを作って、ほんのちょっぴり残っていたマカロニをゆでて和えてみる。やっぱり、マカロニとパスタはちょっと違うよねと思いつつも、まぁおいしかった。

にしんなす

2018-07-04 20.19.21

実家から、野菜と海産物がたくさん届いたので、その中から、なすと身欠きにしんを取り出して、にしんなすを作る。首藤夏世さんの『ああ うまかった うしまけた』を見たら、たっぷりのおだしをベースに作られていたんだけど、だしを取るのが面倒だったので、酒、ざらめ、みりん、しょうゆで。

身欠きにしんは、番茶と一緒に下茹でし、水で洗ってから食べやすい大きさに切り分けて、調味料と一緒に煮る。半割にして飾り包丁を入れたなすをフライパンで焼き、鍋に入れて、にしんと一緒に煮る。

三河みりんで漬けた梅酒をお湯割りで。2本残ったスペアリブを齧って、今日はお終い。

豚バラ肉とかぼちゃの甘酒入り味噌汁

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-07-03 19.30.24

かぼちゃと豚肉の組み合わせって好きで、ときどき無性に食べたくなる。内臓がくたびれているのだから、温かいものに限ると、ほんのちょこっと残っていた甘酒と味噌を溶いて、その汁で煮る。

狙い通り、とってもおいしい。ヒバーチを振りかけて、ほんのり甘スパイシーにして食べる。汗をかきながら食べるのが、いい薬になるといいなぁ。

漬物ときゅうりをフードプロセッサーにかけて粉々に砕いたものを、ご飯にのっけて食べてみる。これ、なかなかええんちゃう。

玉子カレー

2018-07-02 18.43.30

お昼はパスして、ずっと寝ていた。どうも内臓がくたびれているようで、夏バテかなぁ。こういう時はスパイスカレーを食べるに限るので、だいぶ前からチェックしていた、ミラ・メータさんの『もっと食べたいインド料理』にある「たまごカレー」を作る。

けしの実を入れるのがポイントで、小さじ1のけしの実を軽く炒ってからすり鉢で擦ったものを使うのですが、思った以上に香ばしさとコクがプラスされて、とてもいい感じ。簡単なのにとてもおいしかったので、また作ろう。

レシピではししとうとあったものを青唐辛子に置き換えて作ったら、なかなかの辛さになって、食べ終わる頃には、全身うっすらと汗。でもそれが、なんだか体に効いているような気がして、いいのよね。

スペアリブの晩柑ジャム煮

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-07-01 18.40.06

去年の春に、近所のスーパーで仕入れてきたレシピがあって、それはスペアリブをデコポンで煮るというものなのですが、よーし、来年、デコポンの季節になったら作るぞーと思っていたのが、うっかり作りそびれてしまった。こうなれば…と、以前、素敵な晩柑を頂いた際に、皮をジャムにしておいたものが3瓶ほどあるので、それをひとつつかって作ってやろうと目論む。

ちなみに、スーパーでもらった冊子にあったレシピは下記。備忘録的に写しておきます。デコポンは表面の皮と、果肉を使います。白いワタと薄皮は使いません。

スペアリブ~デコポン煮~(2~3人分)

  • 豚スペアリブ 800グラム
  • ハーブソルト 適量
  • こしょう 適量
  • デコポン(不知火) 1個
  • (以下、A)
  • はちみつ 大さじ1
  • きび砂糖 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ6
  • 酒 大さじ1
  • 水 500ミリリットル
  • にんにく(すりおろし) 1片
  • ねぎ(5センチ幅に切る) 1本

今回は、デコポンではなく、晩柑のマーマレードジャムを使っているので、甘味はカットし、しょうゆもやや控えめにしています。いうなれば、スペアリブのマーマレード煮であって、これは私の好物なので、おいしいに決まっています。だからこそ、フレッシュなデコポンで作ったらどんな感じなのか、大変気になる。来年こそは忘れずに…。

ほうれん草とコーンのバター炒め、白菜漬け、刺身こんにゃく、レバーソーセージで、少し飲む。

鮭コロッケ

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-06-30 18.35.38

少し前に作って不評だった鮭フレークを具にしてコロッケを作る。ゆでて軽くマッシュしたじゃがいもに、鮭フレークと刻んだピクルスを入れています。ピクルスが結構いい仕事をしていて、ちょっとウスターソースをかけて食べたらおいしかった。

あとは、小さいおかずをちょいちょいと。きゅうりと青唐辛子に味噌を添えて、白菜漬け、なすの田舎煮、さしみこんにゃくと酢味噌。

お酒飲みながら、ため込んでいた「植物男子」を見る。本編よりもむしろ、暇ネタの「多肉 愛の劇場」の話の行方が気になった。

豚バラ肉とみょうがのドウチ炒め

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-06-29 18.04.38

水なすときゅうりがこれでラスト。ぬか漬けの漬物は久しぶりなので、色々堪能できました。ごちそうさま。

私はあとは、ほんのちょっと残ったなすの田舎煮でお酒を飲めばいいんだけど、そうはいかない夫用に、豚バラ肉とみょうがで炒め物。甜面醤を切らしてるので、ドウチを刻んで、つぶしたニンニクと一緒に炒め、最後に、砂糖、しょうゆを少々で味を調える。まぁまぁおいしくできました。

急に夫が、「ゴールデンボウル」見んか? と言ってきたのだけど、さすがに連ドラを見る余裕はちょっとなかったので、映画ならええでということで、なんとなく「マルサの女」を見る。出てる人すべてが若くって驚愕するが(30年前の映画なのだから当然だが)、古びた感じが全然しない。久々に見たけど、やっぱり面白かった。ところで、ゴールデンボウルのキャストを見返していたら、なかなか味わい深いメンバーだったので(特にゲストが)、やっぱり見返そうかな。

水なすの漬物にオリーブオイルかけて

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-06-28 19.23.25

当然、夜も水なすの漬物ですが、たまたまこねないパンを焼いていたので、それも食べなきゃならん。そのまま食べるのも味気ないかなと思って、オリーブオイルを回しかけてみたんですが、結構いい感じでした。うん、これだと、パンでもいい感じ。

伊勢丹のパンフェアの時に買っていた、オークハウスのレバーソーセージをあけて、軽めの赤ワインを飲む。おいしい。きゅうりの塩もみに、かねてつのしなやかスティック。

ところで、叔父に電話をしたときに「水なすの漬物おいしいね」と言ったら、「水なすなぁ…、ここいらだと、取れすぎて誰も食わん」と言われてびっくり。やっぱり、モノの一番の価値って、希少性ってことなのかしら。

ピータン豆腐

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-06-27 18.39.00

今日はものすごく暑かった…というわけじゃないが、ありもので簡単に。ごぼうの下茹でしたのが半分残っていたので、結局から揚げに。やっぱり、ごぼうは、こう食べるのが一番好きなのねー。あとは、ピータン奴(ネギ塩ごま油添え)、クイーンズ伊勢丹の野菜コーナーで買ってきたゆでもろこし(めちゃくちゃ甘くてびっくり)、スーパーで買ってきた酢モツ(うまい)。

これで梅酒飲んで、たまたまBSで放送していた「Back to the Future」を見る。やっぱおもろいわー。

2018-06-27 19.07.38

ひとしきり食べ終わったところで、和歌山の叔父から漬物が届く。あれこれ経緯があってうちに流れてきたのだけど、ありがたく頂戴します。ごちそうさま。水ナスうまい。