カテゴリー別アーカイブ: 夕食

スシロー

何でか知らないけど、夫がスシローでご馳走してくれるというので、早めの晩御飯という体でお腹具合を調節して挑む。夕方4時近くに行きましたが、昼ご飯でも晩ご飯でもない時間帯なので、なんともいえずまったりとろんとした雰囲気でとてもよかった。こういう時間帯に、たるっとお酒を飲むのが好きなんですが、今日は食い気優先でお酒は飲まず。

上の写真は、この日食べた中で一番おいしかった、アワビ食べ比べ(生と蒸し)。特に生が大変美味しかったです。さすが黒皿(300円)。

 

 

この日食べたのは、倍トロ、 倍トロ、 アワビ食べ比べ、 宮城県産真鯖、 サーモン、 ダブル赤えび、 かつお、 倍トロ、 まるまるホタテ貝柱。9皿…、うーん我ながらよく食べたなぁ。倍トロがとっても美味しかった。夫がこよなく気に入っているサーモンも初めて食べましたが、うん、これも、よい。夫がこればっかり食べる気持ちもわかる。

そんな夫は、まるまるホタテ貝柱、 サーモン、 えび、 倍トロ、 エンガワの5皿。なんか、私、食べ過ぎだな…(本当は、あと2カンくらい食べられそうだったんです…)。

満腹だわーといいながら帰宅して、お手製おつまみでお酒をちょっと。

プロセスチーズを角切りにして、黒胡椒をたっぷりまぶしたもの。右の黒くて怪しいのは、自家製柚餅子(『村上昭子の漬物じょうず』)。思いの外うまくできたので、今年の冬も仕込むつもり。

ナス入りラザニア

カテゴリー: 夕食, 間食 | 投稿日: | 投稿者:

もろもろ材料が残っていたので、ここに、スライスしてソテーしたナスをプラスして、再びラザニアを作る。ナス入りもおいしい。

食後に、今シーズン初のチョコミントアイスを食す。アイスがおいしい季節になってきました。

「チョコミン党」って言葉を考えた人はすごいなぁと思うけど、それにしても、チョコミント好きっていつの間にこんな一大勢力になったんだろうなぁ。

卯の花ご飯

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

夫が晩ご飯いらんといって出ていってしまったので(仕事に)、よーし、あれ食べよー、これ食べよーと考えながら過ごしていたのだけど、だんだんめんどくさくなってきてしまって、結局、チンご飯に卯の花乗っけておしまい。

一応今も自分のことを食いしん坊だと思っているけど、でも、ひょっとして、自分が思うほど食べ物にこだわるタイプじゃないのかもしれない。

ラザニア

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

マエストリというメーカーのラザニャッチェというパスタを買っていたので、それを使ってラザニアを作る。メーカーのサイトには、「一口大のラザニア」とあったけど、ゆでると4×5センチほど、厚みは1ミリ強はある、なかなかごついパスタです。茹で時間は17分とあったけど、20分茹でました。それでも、あと2分ほど茹でてもよかったかも…。

ミートソースは、豚挽き肉50グラムに、ソフリット100グラム、トマト缶半分を軽く煮詰めたもの。ホワイトソースは、無塩バター30グラム、薄力粉大さじ2、牛乳300ミリリットルで、緩く作ります。パスタは50グラム。

耐熱容器に、ホワイトソースを塗って、パスタ、ミートソース、モッツァレッラ、ホワイトソース、パルミジャーノの順に乗せて、2段に重ねて、200度のオーブンで25分。

ラザニアといえば、本当は『うちの食卓』にあるような、手打ちの薄いラザニア生地を8~10枚重ねるのが好きなんですが、やっぱりあれを作るのは大変なので、もう何年も作ってないのよね。今日のパスタはそれとは対極の存在感でしたが、これはこれでとてもおいしかった。やっぱり、ラザニアはおいしいな。

ソフリットにたっぷり野菜が入っているので、ラザニアだけでも十分なんだけど、でももうちょっと野菜も食べたほうがよかろうと、ピーマンのさっと炒め。組み合わせが変なんだけど、まぁいいか。

いわしの酢煮

夫がいないので、夫が食べないもので晩御飯。つまり、残り物と、魚料理。

昨日、いわしが1尾30円だったので、おもわず6尾買ってしまい、2尾は以前に作った、ドライトマト、にんにく、パセリ入りのパン粉とオリーブオイルを振りかけてオーブン焼きに。

残りの4尾は、以前作った、有元葉子さんの「いわしの唐辛子酢煮」(『有元葉子の魚料理』)を作りたかったんだけど、白ワインビネガーもニンニクもないので、千鳥酢と水、しょうゆ少々、大昔に作ったニンニクのしょうゆ漬けに赤唐辛子、未山椒の青煮で作りました。なんだか和風風味。

手前は、おからパウダーが出てきたので、茅乃舎出しで戻して、ありもの(青ネギ、干しシイタケ、お揚げなど)をあれこれ入れて、卯の花に。こんなの買ってたなんて、忘れてたけど、忘れてたぶん、結構ありがたい。

サイゼリヤ

ちょっと夫の手伝いをしたので、お礼がてらにサイゼリヤでご馳走してもらいました。熟成ミラノサラミに、青豆サラダ、赤ワインデキャンタ。

いつも頼んでしまうエスカルゴオーブン焼きに、夫の定番・ポップコーンシュリンプ、パンチェッタのピザ。ミニフィセル。

隣のテーブルに、幼児2名を連れた若いご夫婦がいたんですが、奥さんが一生懸命お子さんのこれからの教育の話をしていて、思わず聞き入ってしまいました(どこどこの学校に行かせるには、今からこういう勉強をさせたほうがいい、など)。旦那さんはまるっきり興味なさそうでしたけど、とても大事な話なので、ちゃんと聞いてあげればいいのになぁ…と余計なお世話ですが。

最寄りのスーパーでもろもろつまみを買って、録画した相撲を見ながらつまむ。酢もつ、ごま豆腐、柿の種、小池屋の高級ポテトチップス(じゃがいも心地 オホーツクの塩と岩塩の合わせ風味)。

最近ポテトチップスあんまり買わなくなったので余計にそう思うのかもしれませんが、ポテチはノーマルなのが一番おいしいと思う。小池屋のうすしおと、カルビーののりしお。

まぐろ納豆

カテゴリー: 夕食 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:

ひとりなので気楽な晩御飯。さっと霜降りしてからヅケにしておいたまぐろの赤身のサクをぶつ切りにし、納豆、香味野菜(青じそ、貝割れ菜)を乗っけて、まぐろ納豆で飲む。

最近まぐろは、からしで食べるのが好き。

おつまみ3種

相撲観戦用に小さいおつまみをちょこちょこと。

アボカドスライスに、薄口しょうゆ、柿酢、オリーブオイル、わさびで和えたみょうがの千切りを汁ごとかけたもの。元ネタ(有元葉子さんの『和のおかず』にある「アボカドのみょうが和え」)だと、レモン汁を使いますが、なかったので柿栖で。角切りにしたベビーチーズに黒胡椒をたっぷりまぶしつけたもの。いかなごのくぎ煮に白ごまをたっぷりかけたもの。

相撲が終わった後に、晩御飯。すでに、飲んでつまんでいるので(私だけ)、晩ご飯作るのめんどくさい…と内心チラッと思ってしまうものの、それを言うとすぐに「よし、外に食べに行こう!」と言い出すので、とりあえず残り物でささっと炒めもの。

豚バラとトマトの甘辛炒め。しょうがの千切りで味を引き締める。あとは、昨日の残りのじゃがいものピュレに、サニーレタスのサラダ。

豚肉の香味野菜漬け

つくづく思うが、夫は揚げ物が好きである。「〇〇を買ってきたよ」「いいね、●●が食べたいね」という会話の●●に入るのは、ほぼ揚げ物になる。

豚ヒレ肉ならヒレカツ、鶏もも肉ならから揚げ、鶏むね肉ならチキンカツ、ちくわならちく天、エビならエビフライ。私も揚げ物は好きだし、しかも揚げ物をするのにめんどくさをあまり感じないタイプなので、確実に夫が喜んで食べるのが分かっている揚げ物の出番は多い。あとは、キャベツの千切りを添えればいいだけなので、献立を考えるのも楽だし。

でも、あんまり揚げ物ばっかりもなぁ、という気持ちもなくはないわけで、今日はあえてのフライ以外にチャレンジ。『スペイン 熱い食卓』にある「豚肉の香味野菜漬け」は、豚もも肉かロースを使うのだけど、多分ヒレで行けるはずと踏んでて、作る機会を狙っていたのでした。

スライスした肉をアドボ(漬け汁)に18時間以上漬け込んだら、肉を先に焼き、アドボの中の野菜を炒めてから漬け汁を注いで野菜が柔らかくなるまで加熱し、軽く煮詰まったら、野菜ごと肉に乗せて一緒に食べる。というもの。アドボというと、食べたことはないけど、真っ先に思い浮かんだのがフィリピンの酸っぱい煮込み料理で、なんか関係あるのかなと調べてみると、フィリピンのアドボの源流はスペインのアドボなんだそう。今では全然違う料理ですが。

アドボソースは、にんじんの細切り、玉ねぎのうす切り、にんにくのみじん切り、刻みパセリに、ローリエ、タイム、黒胡椒を加え、白ワイン、白ワインビネガー、塩、そしてパプリカパウダーを混ぜたもの。白ワイン大さじ2、白ワインビネガー大さじ3、塩小さじ1、パプリカパウダー大さじ2なんですが、えー、こんなにパプリカパウダー使うの? と一瞬ひるんだんですが、使った方がいいです。今回は塩はちゃんと小さじ1使いましたが、パプリカの風味がめっちゃ強いので、半分にしてもおいしく食べられそうです。ちゃんとスモークパプリカを使ったので、鰹節臭がすごい(この香りは、加熱するとほとんど感じなくなる)。

漬け汁は酢が主体なので、南蛮漬けを食べているような、そういう感じもあって、とてもおいしかったです。ほのかな酸味と、パプリカと豚肉のうまみがすごくいい。夫の反応は微妙でしたが、これは、また作ろうと思いました。

じゃがいものピュレに、サニーレタス。直売所のレタスはみずみずしくておいしい。

昼酒

カテゴリー: 夕食, 外食 | 投稿日: | 投稿者:

大相撲3日目。今日は、十両から見ちゃうよと、そそくさと小さいおかずを用意して、飲みながら見る。今回は抽選に落ちちゃったので家で見るしかないのだが、こうやって好きなカッコで好きに飲み食いしながらテレビで観戦するのが、一番贅沢なのかもしれない。リプレイも見られるし。

かつ天、打ち豆のカレー、きゅうりにふき味噌添え、かにかま、巻柿にクリームチーズ。日本酒飲んだ後、うすーく水で割った焼酎。玉鷲も初日が出たし、今日はいい日だ。

相撲が終わった後、晩御飯を作るのがめんどくさくなって、たぐでから揚げとウーロンハイ。夫はひとくちヒレカツ定食。久しぶりのたぐは、やっぱりおいしかった。