カテゴリー別アーカイブ: 夕食

かぶと高野豆腐の煮物

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

昨日の残りの、砂肝のオイポンドレ和えと、煮物で。クイーンズ伊勢丹のお肉屋さんの唐揚げ。

 

長年お世話になったので、最後にもう1回買い物しようかなと閉店間際に行ったのだけど、ものすごく人がいっぱいでビックリした。皆同じことを考えるのね(かわいい湯のみを買った)。

私がお世話になったのは15年かな。地方都市サイズと言えども、歩いてすぐのところに百貨店があるってのは何かと便利でありがたかったです。催事などで、色々美味しいものを持ってきてくれてありがとう。

十重二十重に囲まれる伊勢丹、みんなで閉まるところを眺めているのだ。こういう景色って、今時の言葉で言うところのエモいってやつなのかしら、と思いながら見ていました。

店長さんは、閉店時間にサクッと挨拶してすぐに引っ込んでしまったらしいです。それを知らない人が結構長々と待っていて、スカイロードが大渋滞になっていました。

ちなみに、伊勢丹跡地が何になるかは、決まっていない模様(2020年4月現在もまだ空き家のまま)。

砂肝のオイポンドレ和え

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

今日は、クイーンズ伊勢丹のお肉屋さんの、最後の肉の日なので、朝から出かけたら、皆同じことを思うのか、いつもよりも大変な行列だった。でも、長い行列は牛肉だけで、豚はほとんどなく、鶏は全然。お目当ては豚と鶏ばかりの私はすんなり終了。

ここ1カ月ほど、なんかいい放出品はないかとうろうろする人も多かったのだけど(私もその一人)、ほかの店に回しているのか、思ったほど赤札品が出てこなく、ただただ、伊勢丹がなくなったらお手軽に買えなくなるな…というものをこつこつ買いだめしていく日々でした。調味料は、かなり伊勢丹に依存していたので、これからちょっと不便になるなぁ…。

帰宅して、たっぷり買った砂肝を、夫の好物のオイポンドレ和えに。阿波尾鶏の砂肝を売っているのは、近隣にスーパーがたくさんある府中でも、ここ伊勢丹だけ。これからはこの料理の出番も少なくなるなぁと思うと、名残惜しい気分です。

奥は、高野豆腐、かぶ、かぶの葉、にんじんの煮物。高野豆腐に添付の粉末だしで一緒に炊いたんだけど、ちょっと甘すぎたかもなぁ。あの味は、野菜にはちょっと合わない気もする。

あとは、レンチン豆腐に、ほんの少し残った白菜漬けのスープを片付ける。

白菜漬けのスープ

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

夜も白菜漬けとマントウで。同じ料理が続くのはラクでいいんだけど、なんかそれでいいのかなと言う気持ちも、なくはない。

割れマントウ

もうどれくらいになるのだろう、冷蔵庫の野菜室の底にずーっと鎮座していた白菜漬けにとうとう手を付けた。刻んで、ザワークラウトみたいにそのまま食べてもイケるんだけど、なんとなく煮込みで食べることに。スペアリブと一緒に、漬け汁もろとも一緒に煮込む。

塩分濃度2%なので、大した塩気ではないのだけど、酸味もうまみも強く出ていて、倍程度の水でのばしてようやくいい塩梅のスープになった。これ、春雨も入れたらおいしいだろうなと思ったけど、夫はあんまり好きじゃないので自重した。

しっかり漬物になっているので、煮込んでも柔らかくはならない。お供の肉をスペアリブにしたのは正解で、余計な脂がなく、さっぱり食べられた。よく合っている。

こういうおかずにはマントウだろうと、久しぶりに『KOBEで極める! 世界のパン 』の錢文偉さんのレシピで作ったら、豪快に割れた。いったいなぜなんだ。生地の感じはいつもどおりで、おいしかったのに。なぞだ。

共同学舎のフロマージュブランにはちみつと黒胡椒。

それと一緒に、水田玉雲堂の唐板も。ここのお菓子は由来がすごい。由来の話を読むと、本来は、祇園祭の時期や、厄除けしたいときに食べるのが良さそうです。

小麦粉、砂糖、玉子、水飴を混ぜた生地を焼いただけの、まさにお菓子の源流みたいなお菓子ですけど、不思議とモダンな感じもあります。結構しっかり甘くて、1枚で十分満足できてしまう。

小僧(黄)も、このお菓子は気に入っていて、袋を見せると、目の色を変えて欲しがります。鳥なのに、分かるのか。

ごぼうの唐揚げ

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

どうも、献立を考える頭の余裕がない。

夫の好物のごぼうの唐揚げを作って、まだ残っている味噌汁を消費。あとは、ブロッコリーとブナピーを茹でてポン酢をかけたもの、玉子焼き。

味噌汁とサンマの塩焼き

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

夫がいないので、近所のスーパーですでに焼いてあるサンマを買ってくる。しみじみおいしい。昨日のシチューを作る時に出た野菜の葉材と豆腐で具沢山味噌汁。

クリームシチュー

お昼はガッツリ食べたので、夜はシンプルに。鶏皮でとったチキンスープを使って、ホワイトシチューを作る。『ビストロ流ベーシックレシピ』を見ながら作ったのだけど、ルウを作らず、炒めた野菜に粉をふって作るタイプのシチューは、ちょっと作りなれていないせいか、うまくとろみがつかず、シチューと言うよりスープになってしまった。

パンは昼間に買ってきたジュウニブンベーカリーの8/10食パンとバゲット。今日ぐらいはどうよと、エシレバターを買ってきたので、たっぷり乗せて食べる。

ピザハット

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

大相撲9月場所が千秋楽。ピザハットの持ち帰りピザとお菓子でお手軽に相撲観戦。

横綱2人に大関(高安)が休場でパッとしない感じでしたが、中盤から結構盛り上がってきて、今日は貴景勝、御嶽海での優勝決定戦がありました。結果は御嶽海の優勝で、それ以外の若手も大活躍の面白い場所でした。一方で、栃ノ心大関陥落とか、嘉風引退という寂しいニュースもあり、ものすごい世代交代感のある場所でもありました。私も、交代される側の世代なので、最近は、引き際とか継続と言う言葉が妙に身に染みます。

パック寿司

カテゴリー: 夕食 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:

慌ただしいのだが、相撲も楽前なので観たい。ということで、サクッと近所のスーパーで寿司を調達してお手軽に。夫は、パック寿司は米がまずいので嫌いだというのだけど(もともと冷やご飯が嫌いなのでいろいろうるさい)、私はネタが悪くなければ、米はあんまりこだわりないのよね。おいしかったです。

私は、お米とお酒は一緒に食べられないたちなのだけど、なぜは寿司だけは、呑める。

ジュウニブンベーカリーと松露サンド

築地から東銀座まで移動する途中で、松露のお店で松露サンドを買っていたのだけど、食べる機会がないまま帰宅。ジュウニブンベーカリーのパンをいくつか買ってきたので、それと一緒に晩御飯で食べる。松露サンドは、ほんのり甘い玉子焼きとマヨネーズがよく合っていて、不思議と後を引く味です。

奥のおかずが一体何なのか、今となってはちょっとよくわからない。

今日からラグビーワールドカップが開幕。府中市は、サントリーサンゴリアスと東芝ブレイブルーパスという社会人ラグビー2チームの本拠地であることもあって、市を挙げて全力でこのワールドカップを盛り上げに来ています(TBSのドラマ「ノーサイドゲーム」のロケ地にもなっていた)。

今日はけやき通りでライブビューイングを実施するというので、ちょっと立ち寄ってみましたが、なかなかの人でビックリ。ライブビューイングは、駅ビルの中にある市民ホール(バルトホール)でも実施されていたそうで、そちらも盛況だったようです。

奥に光っているのが、大型スクリーンなんですが、とにかくたくさんの人で大盛り上がりでした。

ちなみに、この時の試合は、日本対ロシア。30対10で勝利したのでした。