カテゴリー別アーカイブ: 夕食

常夜鍋もどき

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

小松菜をいっぱい買ってきているので、それで常夜鍋もどきにする。小松菜と豚バラしゃぶしゃぶ用のお肉だけのシンプルな鍋。本当はほうれん草だけど、小松菜もおいしいです。

この料理を紹介している、向田邦子さんの「食らわんか」というエッセイ(『夜中の薔薇』所収)では、つけダレは醤油にレモンだけど、うちは旭ポン酢で。

ゼロミートハンバーグ

数日家を空けていたから台所に立つのは億劫だな…ということで、スーパーに行って切るだけ、開けるだけでいい野菜(パプリカ、クレソン、アルファルファ)だけ買ってきて、少し前に興味本位で買っていた「ZEROMEAT」で晩ご飯に。

ハンバーグの付け合わせに、ニンジンのグラッセとマッシュポテト。あと、ちょっとしなびたキャベツとコーン缶で、瀬尾幸子さんレシピ(『楽ちん台所塾』)のコールスロー。いつもハムを省くんだけど、ハムがなくてもおいしい。

このZEROMEATって、大豆ミートのハンバーグなので、お肉不使用なのです。コンビニのお惣菜の棚で「本物の」ハンバーグと並んで売っていましたが、本物よりもこちらの方が倍近く高くて、おぉ…と思いましたが、製造は大塚製薬と知って思わず購入してしまったのでした(SOYJOYが好きなので)。大豆臭さを消すためなのか、ちょっと味が濃いかなぁと思いましたが、食感は懐かしのイシイのハンバーグみたいな感じで、事前情報なしで食べたら、普通にハンバーグだと思って食べてたと思います。

代用肉と言えば、やはり Beyond Meat が真っ先に頭に浮かびますが、そちらは大豆を使っていないそうで、それはそれでどんな感じなのか、気になります。日本でもそのうち買えるのかなぁ。

おにやんま

汐留のホテルでごろりとして、晩ご飯は、ずっと興味津々だったおにやんまに行く。いろんな人が安くておいしいうどん屋さんと言っていたけど、確かに、美味しかった。

ホテルに戻って、夕方買っておいた、巴里・小川軒のお菓子をつまむ。ティータイムクッキーとふくろうキャラメルサブレ。ベーシックな味でしみじみおいしい。

ふくろうキャラメルサブレは、中のキャラメルが思っていたものよりも控えめな味わいで、それがよい。見た目もかわいくてうれしくなる。

クリスマスや正月が近いということで、カレッタ汐留前に「アラジン」のイルミネーションが立っていたので、わざわざ見に出かける。昼間に通りがかったときは、ポスターで見た印象よりも狭いな…と思ったけど、点灯するとやっぱりきれい。

一番いいポイントで、ツーショット撮影をしたいカップルが列をなしていました。

再びホテルに戻って、とっとり・おかやま新橋館で買ってきたカップ酒(菊池酒造の燦然)とおつまみ(砂たまご)で一杯やりつつ、だらだら過ごす。

コンビーフポテト

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

まだまだ続くコンビーフポテト。夫は腰塚のコンビーフが本当にお気に入りで、多分、1カ月続いても全く問題ないだろうと思う。

ただ、玉ねぎは邪魔なので外してくださいと言われたので、今日は、芋とにんにく、仕上げのパセリだけで。コンビーフもあんまり加熱しないほうがいいと言われてたのだけど、ちょっと火を入れ過ぎたかもな…。

奥は、焼キャベツにフレンチドレッシングをかけて、玉子をミモザにしたものを散らしたもの。

コンビーフポテト

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

今日も腰塚のコンビーフで、コンビーフポテト。

奥は、焼キャベツに目玉焼き乗っけ。キャベツをくし形切りにして、焦げ目がつくまで焼いたのって、何ともいえず美味しくて好きです。

コンビーフポテト

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

腰塚のコンビーフは280グラムあるので、1度開けたらしばらくコンビーフが続く。お店的には、常温に戻してそのまま食べてもらうのが一番おいしいとのことらしいが、夫の好みはじゃがいもと一緒に炒めたもの。いわゆるコンビーフポテトだ。

ただ、いろいろ塩梅が難しい。個人的には、玉ねぎはしっかり炒めて甘みを出し、じゃがいもは柔らかくほっくりしているけど、表面は軽く焦げ目をつけてクリスピーな感じにしてあるのが合う…と思っているのだけど、その両方を両立させるのが難しい。あと、子供の頃よく食べたコンビーフは、しっかり火をいれてもよかったんだけど、このコンビーフは加熱しすぎるとあんまりよくない。まあとにかく難しい。どう作ってもおいしいんだけどね。

今日のはまあまあうまくいった気がしたけど、ちょっと芋が硬かった。あらかじめレンチンした芋を使った方がいいのかもしれない。

奥は、焼きキャベツに、玉子フィリングをたっぷり乗せたもの。

コンビーフポテト

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

昨日のブリヌィのいくらのっけがおいしかったので、もういっちょ。でも、いくらが食べられない夫のために、夫大好物の、腰塚のコンビーフをたっぷり使った、コンビーフポテトも作る。

今日は、にんにく、玉ねぎ、じゃがいもを一緒に炒めて、最後にコンビーフ投入、さっと火を入れて、パセリとコショウをふっています。

お互い好きなものを食べて、幸せな夕べです。

ブリヌィ

カテゴリー: 夕食 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:

ポテも残っているが中途半端。マントウでも作るか…と思ったけど、そういえば冷蔵庫にいくらが残っているのを思い出して、ブリヌィを焼いてみることにした。

少し前に、ネットで、どなたかが、ウラジオストクに旅行に行っていて、当地の食堂でブリヌィにいくらをどっさり乗せて食べている写真を見ていて、いつかやってみたいと思っていたのだ。たまたま『死せる魂』をパラ読みしていて、チチコフ氏の豪快な食べっぷりも印象に残っていたし。

ブリヌィのレシピは、多分ネットを検索して適当に作ったと思う。普通のパンケーキと違うのは、強力粉を使うところで、玉子、牛乳、ヨーグルト(レモン汁)、溶かしバター(サラダ油)、ドライイースト(ベーキングパウダー)などを入れて、少し置いて薄く焼きます。そば粉を使うレシピもあって、そっちの方がそそられたけど、それだと夫が食べない気がしたので、強力粉だけで。いつものパンケーキを焼くよりも楽に焼けたなぁという記憶がありますが、多分、パンケーキよりも油脂類がたっぷり入っているからだと思う。すぐ焼けるし、引っ付かない。食感も軽く、このまま食べてもおいしいです。

で、これに、いくらとサワークリームを乗せて食べるんですが、これが、すっごく合う。たっぷり乗せるのが良いですね。ヨーグルトでも食べてみたんですが、圧倒的にサワークリームが美味(カロリーは気にしない)。これは、いくらの新しい世界が広がりましたな。

私は強い酒は苦手ですが、やはりここはワインよりもウォッカ(ウォトカと書くべきでしょうか)のほうが合いそうな気がしました。

キムチでご飯

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

お昼のハンバーガーでまだずっとお腹いっぱいなので、夜はキムチで軽く一膳。お酒を飲む気にはなれず、お茶で。

ポテ

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

今日も、ポテとパンで晩ご飯。私も夫もこの組み合わせの食事は好きで、あとは、さっぱりしたチーズと軽い赤ワインがあったら、1週間くらいずっとこの食事でいいです。大鍋が入る、大きな冷蔵庫が欲しいわー。

最後、ちょっと残ったカンパーニュにたっぷりジャムをぬって、デザート代わりに。

フェルベールの Fraises d’Alsase et chocolat roir 64% de cacao。いちごとビターチョコのコンフィチュールですが、この年になってなお、食べてびっくり感激するような味に出会えるとは、なんともありがたいことです。と思うくらい、美味しいし、好き。