カテゴリー別アーカイブ: 夕食

さかえや

カテゴリー: 夕食, 外食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-04-23 17.27.32

さかえやの前を通りかかったときに、外に出している手書きメニューに「牛すじの煮込み」があるのに気づいて、そのうち行きたい…と思っていたのでした。

久しぶりのさかえやですが、なんとこの土日はリニューアル2周年記念とかで、生ビールが1杯100円。ビール派ではないのですが、これは飲むしかないだろうと思い、久々の生ビール。ちょっと肌寒い日だったのですが、なんだか妙においしかった。ところで、以前、さかえやに行った時が、リニューアルオープン直後だったので、約2年ぶりということなのか。何もかもが変わっていない。以前と同様いい雰囲気でした。

お目当ての牛すじ、これはとっても好み。小鉢で出てくるので、もっと欲しいな…と思ってしまいますが、実際は、大ぶりの牛すじがごろごろ入っていて、食べ応え十分。おいしかった、また食べたい。

2018-04-23 17.30.51

ホワイトアスパラとベーコンのソテー。注文したら、若女将が「うれしいなー、今日のイチオシなんですよ」というので、楽しみに待っていたら、とてもおいしかった。ちなみに、イタリアから空輸されたものだそうです。

野菜の筋張ったところが嫌いな夫は、神経質なほどに細かく切り刻んでいましたが、隠し包丁もたくさん入っていたし、気にするほど筋っぽくなかったです。なにより、独特の風味がおいしい。ホワイトアスパラって、こんなにおいしかったのか。今度は、私も、ちょっと奮発して買ってみようかしら。

2018-04-23 17.30.45

ポテトサラダ。ほんのり酸味を利かせたマッシュポテトに、ニンジンドレッシングを添えた、さっぱり味のポテサラです。イタリアンパセリ、バジル、ミント、パセリ、山椒、黒オリーブ、ビーツスライスがのっかっていて、これがまた不思議なんだけど、一緒に食べてみると、案外違和感がない。カットレモンが添えられていて、より酸っぱくして食べることも可能なようです。

本当は、ミートボールとかも食べたかったんだけどなぁ(ここのシェフはスウェーデン料理がご専門)。夫が体力的にこってりした食事ができなかったので、またの機会に。

Romancingとんかつキッチンたぐ

カテゴリー: 夕食, 外食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-04-22 17.16.39

昨日の疲労から、昼間こんこんと眠り続けていた夫が、目を覚ますなり、「晩ごはんはたぐにしましょう」というので、歩いていく。昼は相当に暑かったようですが、夕方は気持ちよい。

定食を食べる気分じゃなかったので、単品で。エビフライ3本、ナスのフライ、キャベツサラダ、ウーロンハイ。夫はヒレカツ定食。たぐは何でもおいしいけど、ウーロンハイまでおいしい。正直、お酒を飲んでいる状況じゃないのだが、やっぱり飲んでしまった。すいませーん。

厚揚げのふき味噌焼き

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-04-21 19.03.54

電車で25分くらいのところにある体育館に行って、半日座布団の上に座っていただけなんだけど、なんだかどこか遠いところに旅行に行って帰ってきたような、不思議な気分。

とはいえ、凄く疲れたので、ご飯はあるもので簡単に。

かぶを買ったので葉だけ落として、オイル煮に。厚揚げに瀬音の湯で買ってきたふき味噌を塗って、オーブントースターで焼く。あとは、少し残った豚キャベを温めなおす。

梅酒を一杯飲んで、一息つく。

キャベツと豚肉の鍋蒸煮

2018-04-20 20.15.57

豚肩ロース塊肉を解凍していましたが、肩ロースなんてどんな料理に使ってもおいしいはずなのに、いざ調理するとなると、案外何も思い浮かばない。あれこれと考えて、ヨシ、春キャベツの季節だし、ものすごく久しぶりにアレを作ろう…と重い腰を上げたのでした。

作ったのは、高山なおみさんの『野菜だより』にある「キャベツと豚肉の鍋蒸し煮」。お酒とキャベツの水分だけで塊肉にゆっくり火を通す料理ですが、味の決め手はほぼ焦がすまでしっかり炒めた玉ねぎのみじん切り。本にもそう書いていますが、これは実際に作って食べてみないと、全くピンときませんでした。でも、食べてみればわかる。これは焦がし玉ねぎがないと、なんだか物足りない味だろうな。今日はいい感じに焦げてくれたので、大変おいしく仕上がってくれました。

キャベツがくたくたに柔らかくなっているので、調子に乗ってたくさん食べてしまうのですが、よく考えると、この1皿にキャベツ1/3玉ほど盛られています。案の定食後は、お腹いっぱい。キャベツが驚くほどたくさん食べられてしまう、恐ろしい料理です。

ご飯もパンもなかったので、じゃがいもをレンジでチンしてご飯代わり。でも、この煮込みは芋と食べるのがよく似合います。

オレンジブーツ

2018-04-19 17.28.31

昨日食べたサンドイッチがおいしかったので、今日もオレンジブーツで晩ごはん。昨日の、信州サーモンとアボカドのサンドイッチをまた食べようかと思ったが、いやせっかくだから、今日は別メニューをと、きたやつハムのオムレツサンドイッチにしました。これもおいしかったです。ときどき無性にサンドイッチが食べたくなる時があるんですが、そういうときは、これからは、ここで食べることにします。

夫は、マルゲリータピザ。ちょっともらったけど、これもおいしかった。

オレンジブーツ

2018-04-18 17.46.54

昼ご飯を食べた後、がっつり寝て、汗だくで起きたら夫から連絡があって、外に出れるなら出てこんか? というので、のこのこ駅前まで出て行って、オレンジブーツでサンドイッチを食べる。本当に風邪をひいているのか⁉ と自分でも突っ込みたくなるくらい、食欲だけは通常運転で笑うわ。

しかし、この、信州サーモンとアボカドのサンドイッチ、おいしいなぁ。添えてあるサラダもたっぷりで、うれしすぎる。

たけのこのチーズ焼き

2018-04-17 19.14.39

よそ様のブログを見ていて、「たけのこのチーズ焼き」なんてものを作られていたので、おいしそうだな、私も…と思って作ってみたんだけど、なんか違う気がする。

お手本のチーズ焼きは、たぶん、スライスしたたけのこをフライパンに並べてしっかり焼き付けてから、チーズを散らして、ふちがカリカリになるまでしっかり焼く…って感じなのかな。私は、ホワイトソースを作って、耐熱容器に敷き、スライスしたたけのこをのせて、チーズを散らして、オーブンで焼きました。悪くないけど、なんだか物足りない…。ホワイトソースを硬く作ったのが失敗だったか、それとも、溶けるチーズを使ったのがだめだったか。やっぱり、グリエールを使うべきだったかなぁ。

あとは、マッシュルームとルッコラのサラダ、冷凍していたトマトソースを解凍して、ゆでたペンネと和えたもの。

蒸しなす餃子

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

2018-04-16 19.37.23

蒸しなす餃子のあんを作っていたので、市販の皮でさささと包んで、サクッと焼いて…と思っていたら、豪快に焦がすという大失敗。無念です。

今年お初のそら豆も、魚焼きグリルで焼きそら豆にしたんだけど、これも焼きすぎだな。いったい私は、どうしてしまったのか。ぼんやりしすぎー。

姫皮のサラダ

2018-04-15 20.25.23

なんというか、ありがたいことに、姫皮がまだ大量にありまして、私はひそかに餃子にでもするかな…と思っていたのですが、夫は「サラダで食べたい」というので、そうすることに。もちろん、うちで、姫皮のサラダと言えば『薬膳だから。』にある「姫皮のサラダ」なんですが、改めて読み返すと、もうだいぶ本から離れた作り方をしているな…。

うちでは、ルッコラ、姫皮、パルミジャーノを削ったものを器に盛り、しょうゆ、バルサミコ酢、オリーブオイルを1:1:1で混ぜたものを回しかけるだけですが、本を読み返すと、ルッコラと姫皮をボウルに入れ、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩を順番に加えて手で軽く和えてから器に盛り、上からパルミジャーノの削ったものを散らし、黒胡椒をふる、とありました。来年は、ちゃんと、本のとおりに作ってみようかな…。

奥は、『かえる食堂 干したり漬けたり』にある「たけのこつくね」ですが、なぜか、肉団子がフライパンに引っ付いてしまってなんだかぐずぐずになってしまった上に、甘辛ダレがうまく絡まず、鶏ひき肉とさいの目に切ったたけのこを炒めただけ、の仕上がりになってしまった。無念。

もう一品は、たけのこの軸の部分を少し集めにスライスし、にんじん、わらび、お揚げと一緒に、めんつゆで簡単に炒め煮にした、ラフな煮物。わらびを炒め煮にするって、なんつー贅沢なと思ったけど、おいしいですね。ほんのりぬるっとした食感がとても好き。この時期は、郊外の直売所には、素敵なものがたくさんあるんだなぁ…と、つくづくうらやましい気持ちになります。

たけのことこごみと豚肉の煮物

2018-04-14 19.26.25

瀬音の湯の売店で買ったたけのこのお惣菜がおいしかったので、ちょっと真似して作ってみる。お惣菜は、豚バラ肉の塊をひと口大に切ったものと、厚めにスライスしたたけのこを甘辛い味で炒め煮したものだったけど、味の染み方がちょうどよくておいしかったなぁ。

ということで、まだたくさん残っている穂先をたっぷりぜいたくに使い、お供は豚バラ肉薄切り、2回も天ぷらをしたのにまだたくさん残っているこごみも一緒に軽く煮る。この組み合わせ、なかなかよかった。たけのこは貰い物だし、こごみは出先でお安く買ったもの。旬のものをたっぷり食べられるなんて、ありがたいことです。

奥は、叩きわらびに、にんにくしょうゆ刻んだのをたっぷり乗せた冷ややっこ。このにんにくしょうゆ、どう考えても7年ほど前に仕込んだもの(飛田和緒さんの『私の保存食手帖』)だと思うんだけど、まだパリパリでとてもおいしいのだ。ただ、しょうゆに漬けただけなのになぁ。