カテゴリー別アーカイブ: 夕食

北海工房

カテゴリー: 夕食, 外食 | 投稿日: | 投稿者:

数日前に「大北海道展」を覗いたときには、カニのお弁当を買おうかなぁ…と悩みつつ買わなかったのだけど、明日は最終日かと思ったら、やっぱり一つくらい買おうかなと思って、買いに行く(当然ながら、六花亭のお菓子はすでに完売していた)。今年の9月末には伊勢丹は撤退してしまうし、となると、今までのように頻繁に催事に行くこともなくなるだろうと思って、半分記念気分もあった。

カニのお弁当を出しているところは5か所ほどあったんだけど、カニだけのお弁当って、案外少なくて、こういうのを買う機会もあんまりないからと、北海工房というお弁当屋さんの、4種類のカニが乗ったのをドドンと張り込んだ。タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ、だそうです。

カニは好きだけど、その都度「おいしい」としか思わないので、自分でも味の違いをきちんと認識できていないという自覚はあったので、食べ比べできるのはいい機会でした。それぞれに美味しかったけど、花咲ガニを食べて「エビっぽいなー」と思ったのが、一番印象深かった。実際、ザリガニの仲間なので、エビっぽいという感想は間違ってない。おいしかったので、あ、私、北欧名物のザリガニ・パーティーも、きっと楽しめるなと思ったのでした。夫は、ズワイガニを食べて、「これはまさに、かにかまの味や!」と吠え、今後、私がカニを食べるときでも、自分はかにかまで十分であると宣言したのでした。

夫には、タラバガニ入りのコロッケを買う。

カニをちまちまつつきながら、日本カーリング選手権の女子の決勝戦をオンタイムで見る。ロコ・ソラーレは残念だったけど、中部電力が強かったですね。夫はカーリング観戦が大好きで、今回も録画しながら毎日見てました。日本カーリング協会のスケジュールを見ると、3月いっぱいまではいろんな大会があるのですね。

お好み焼き

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

材料が揃っていたので、お好み焼きにする。お好み焼きと言えば「生地が命」というイメージがあって、いろいろ気を遣って作っていたんだけど(山芋必須とか、粉は混ぜすぎないとか、出しもちゃんと用意するとか)、なんだかめんどくさくなって、もういーやーと思って、適当に作ったら、それが存外おいしかったので、最近出番が多くなった気がする。

1人分で、キャベツ小ぶりのを1/4玉。洗って、軸ごと2×30ミリ程度の千切りに。大きめのボウルに入れて、薄力粉大さじ3~4、玉子1個、揚げ玉大さじ2、刻んだ紅ショウガ小さじ1/2、ベーキングパウダー小さじ1/2、昆布パウダー小さじ1/4(あるから入れているだけで、なくてもいい)、水大さじ2~3。1つだけ大事なコツは、1人前ずつ作ること(2人前や3人前を一つのボウルで一気に作ろうとしない)。

よーく混ぜて、油をひいたフライパンで、弱火でじっくり焼く。具は、最初に生地をフライパンに落とした時に、上に並べて焼く。キャベツが柔らかくなったら、出来上がり。

オタフクソースとマヨネーズさえあれば、何とかなるのが、ありがたいところです。

豉汁蒸排骨

よくわかる中国料理基礎の基礎』にある、「豉汁蒸排骨(チーヂーチョンパイグゥ)」(スペアリブの蒸し物 豆豉風味)を作ってみる。

調理の手順は、一口大に気って下処理したスペアリブに片栗粉をまぶし、調味料を絡めてから、お皿ごと蒸し器に入れて蒸す…だけなんですが、まぁ大変でした。

まず大変なのが、スペアリブの下処理。一口大に切るのがまず大変(うちの近所のお肉屋さんは、頼むと嫌そうな顔をするので、頼みにくいのですが、やはり今度から頼もうと思いました)。下処理は、水600㏄に重曹小さじ2を溶かしたものに30分浸けたのち、30分流水ですすぎ、しっかり血などを洗い流して水けを拭き取る(すごくめんどくさかった)。

最大の難関が調味料。本では、豆豉、揚げニンニク(炸蒜茸)、ショウガ細切り、生赤唐辛子、塩、中国溜まりしょうゆ、砂糖、しょうゆ、コショウ、麺豉醤、梅肉、オイスターソース、ラー油、ごま油、ピーナツ油なのですが、とてもそこまで用意できない。しかも、豆豉は洗って陳皮と一緒に炒めておくとか、揚げニンニクも本当はちゃんと刻んで水で洗ってから水分を切って油で揚げるなど、素人には無理難題の嵐(参考にした本が、プロ向けのテキストなので当然なのですが)。あと、麺豉醤とは、八丁味噌と芝麻醤を5:1で混ぜたものだそうです。

仕方ないので、用意できる範囲でと、豆豉(下処理せず刻んだだけ)、揚げニンニク(普通に刻んで素揚げ)、生姜細切り、乾燥赤唐辛子を刻んだの、濃い口しょうゆ+みりん、きび砂糖、薄口しょうゆ、コショウ、八丁味噌、白ごまペースト、梅肉、オイスターソース、ラー油、でやってみた。

特に寝かせることもなく、和えてすぐに蒸す。本では、8~10分とあったが、15分蒸して、食べる前に、さらに15分蒸してみた。これで十分火が通っていたが、もうちょっと蒸してもいいのかなぁとは思った。

味は、かなりおいしかったです。ただ、スペアリブが苦手(というか、骨付き肉が嫌い)な夫は、ほとんど食べませんでした。やっぱり、骨から外してから出せばよかったかなぁ。おいしかったので、今度は、バラ肉の塊で作ってみようかなぁ。

ほうれん草をゆでてすりごまをかけたのに(たれと一緒に食べたら、ものすごくおいしかった)、夫には先日作った全粒粉入りマントウ、私は玄米のお粥。

あおさちく天

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

お昼のラーメンのおかげで、あんまりがっつり食べなくてもいいやという気分だったので、ちく天メインで。だいぶ前に開けたあおさが中途半端に残っていたので、これも食べちゃおうと、衣に加えて一緒に揚げる。

ちく天は、やっぱり青のりとかあおさとか、そういったものと一緒だと、よりおいしくなるなぁ。見た目は怪しいけど、おいしかったです。

しらすおろしが食べたかったんだけど、大根が思ったよりもみずみずしかったので、スライサーで刻んでサラダに変更。夫はしらすが苦手なので、電子レンジで水分を飛ばして、カリカリにしたのを出しました。大根、しらす、白ごまに、オイポンドレの組み合わせがおいしくて、もりもり食べる。あとは、トマト切っただけ。

黒酢から揚げ

お久しぶりの黒酢から揚げ。いつものレシピ(『気づいた人から実践! 暮らしまわりの・知恵袋』のウー・ウェンさんのレシピ)を参考に、今日は、皮を剥いだ鶏もも肉350グラムに、黒酢大さじ1.5、しょうゆ大さじ1.5、ジンジャーパウダー小さじ1で。何時もおいしく仕上がってくれるので、ちょっと油断があったんだけど、今日はちょっと揚げすぎた。無念。

ご飯は食べずに、キャベツの千切りをたっぷりと、昨日の残りの揚げじゃがいもの甘辛煮。

揚げじゃがの甘辛煮

晩御飯は、鶏のから揚げのつもりで準備していたんだけど、夕方帰ってきた夫が「昼ご飯が遅かったうえに、ごついの(タレカツ丼)を食べてしまったので、軽くていい」というので、揚げじゃがの甘辛煮がメインディッシュに昇格。

私は、テリ系のたれで味付けするのがすごく苦手で(食べるのは好き)、やっぱり今回も、テリが出ず、うす甘い味付けで終わった。酒、砂糖、みりん、しょうゆを大さじ1ずつ。この倍の量を使えばもうちょっとマシに仕上がるのはわかっているのだけど、味としては、これくらいがちょうどいいので、どうしてもテリ仕上げにし辛い。

あとは、トマトスライスに、キャベツの千切り。

自分のおつまみ用に、巻柿のクリームチーズサンドとゆべし。

ゆべしは、去年の11月中旬に仕込んで、冷蔵庫の中で寝かせていたものを、今日とうとう開けてみたもの。3か月で二回り縮んで、真っ黒になっていて、得体のしれないものになっていたけど、初めて作った割には、期待した感じの味になっていて、ちょっと嬉しい。

参考にしたのは、『村上昭子の漬物じょうず』にあるレシピで、中身は、赤味噌、白味噌を1:1をみりん少々で合わせて、くるみ0.5をくわえたもの。中身をくりぬいた柚子に6割ほど詰めて、ふたをして、40分ほど蒸してから、冷まして、布で包んで軒先に2か月ほど吊るしておく。

最初は部屋の中に吊るしていたんだけど、腐敗が気になる夫が、冷蔵庫に入れるべきだと口うるさかったので、野菜庫のへりにS字フックをかけて吊るしておいたのですが、正解だった気がする。乾燥具合がちょうどよかったです。

うすーくスライスして、日本酒のいいお供です。ただ、だいぶ以前に、鎌倉の中国茶のお店で出してもらったゆべしが本当においしくて、なんだかそれを思い出してしまった。

白菜漬けの鍋

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

白菜漬けがまだたくさん残っているので、寒いうちに食べきってしまおうと、今日も酸菜白肉鍋。刻んだ白菜漬けに、豚バラ薄切り(しゃぶしゃぶ用)、えのき、木綿豆腐。本場だと、これに、葛切りとか春雨も入れるようですが、うちは、夫があまり好きではないので、それはパス。

白菜漬けの漬け汁を3~4倍にのばしたもので、ぐつぐつ煮ていきますが、これだけでとってもおいしい。台湾では、ゴマダレとかピリ辛ダレとかいろいろな種類のタレを用意するようですが、私は石垣島ラー油だけあれば、もういいです。

カンタンでおいしくて、体があったまる。あと2回はできそうなので、近いうちにまた食べよう。

水餃子

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

春節シーズンということで、雰囲気に影響されて水餃子を作りました。ネットなんかで見ていると、最早、めでたい正月に水餃子のような素朴な食べ物を食べるような時代じゃないとも思いますが(実際、最近よく言われる春節料理って、もっと豪華なものが多いです)、まぁ、なんとなく食べたくなったので。

皮は、強力粉150グラム、ぬるま湯85㏄。しっかりこねた後、お湯を貼ったボウルに生地を入れたボウルを浮かべて、1時間ほど置いてから、さらにしっかりこねてつやを出してから、しばらく寝かせておいたものを使いました。

強力粉オンリーの皮は、べたついて扱いにくいというイメージがあったのですが、しっかりグルテンを出すと、そんなことないんだなぁということが分かったのが、収穫でした。久しぶりに、すごくおいしかった。具は、白菜、豚肉、ねぎ、しょうが、オイスターソース、しょうゆ。

大きく膨れるのが嫌で、薄く延ばして使ったのだけど、もっと分厚い皮でもいいな。今度は、皮と具のバランスをもう少し考えてやってみよう。

あさりの茶碗蒸し

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

ボンゴレにしようと思っていたけど、結局しなくて、宙に浮いてしまったあさりを、茶碗蒸しにする。あさりって、時々食べたくなって買ってくるけど、実際は、みそ汁とボンゴレ以外は、どうやって食べようかなぁと持て余すことが多くて、今回も茶碗蒸しに落ち着くまで、結構色々考えた。

あさりは酒と水で出しを取る。口が開いたものから取り出して、煮汁はペーパータオルで越しておく。薄口醤油で味を調えて、300㏄に調節したら、卵2個のとき玉子と合わせて、先にあさりの身とざく切りの青ネギを入れておいた器に流し入れて、蒸す。だいぶゆるゆるだったので、あさり汁は200㏄でもよかったかもしれない。でも、あたたかくて、じんわりおなかに染みる味でおいしかった。

蒸している間に、豚バラとニンニクの芽炒め。レンコンとセロリのサラダ。

あー、ご飯作るのめんどくさいーと言いながらも、3品も作れたので、まぁ、今日も頑張りました。

いわしの唐辛子酢煮

生のトマトやレタスをモリモリ食べたいという気分。明日は大雪が降るというからもう出かけられないかもしれん、今日買っておかなくちゃとスーパーに行ったら、あまりにもピカピカのイワシが安売りされていたので、ついそれも買ってしまった(結局、予報が少し東側にずれて、多摩地域はほとんど降らなかった)。

夫が青魚が嫌いなので、もう家では食べられないものと諦めていたんだけど、よく考えたら、焼くから臭いのであって、煮ればいいんじゃない? と思いついたときから、チャンスを狙っていたんだけど、ようやくその時が来た。

今回作ったのは、『有元葉子の魚料理』にある「いわしの唐辛子酢煮」。白ワインビネガーと水を混ぜたものに、赤唐辛子、ニンニクスライス、塩を入れて、さっと煮たもの。食べるときに、オリーブオイルをかけて、グリーンペッパーの水煮を添えるとあるけど、ないので、煮るときに、実山椒の青煮を加えました。

温かくても、冷やしてもおいしいとあるので、冷蔵庫で保存して、ちびちび楽しむつもりでしたが、味見したら止まらなくなってしまい、結局、4尾全部食べてしまった。結構しっかり酸っぱくて、なんとなく、九十九里名物いわしのごま漬けを連想させる味だったけど、ごま漬けも大好きなので、当然これも好きな味。いいレシピに出会いました。

煮ている間に、部屋が魚臭くならないかなと心配でしたが、さすが酢の効果で、とにかく酸っぱい匂いが充満するだけだったそうです。「酢なら我慢できる」と言っていたので、これは、また、作ろう。やっと家で、イワシが食べられる。

夫には、カレーライス。