月別アーカイブ: 2011年1月

Pascal Le Gac

f:id:NEKOTAten:20110131210151j:image

サロン・デュ・ショコラで買ってきたショコラたちもこれで最後のひと箱。パスカルルガックのCoffret de 9(ボンボンショコラ詰め合わせ)。ビター、塩キャラメル、ミルク、フランボワーズ、アプリコット、レモン、ジェノバ、ミルクプラリネ、祇園、の9種類。

私の勝手な感想ですが、フランスのショコラティエのショコラって、フルーツの風味を前面に押し出したものも結構多いですよね。で、個人的にはそういう系よりも、カカオ剛速球って感じのほうが好みだったりするんですけど、ここのはむしろ、フルーツフレイバーのほうが好み。品があって、どれも安心して食べられる。ショコラも斬新過ぎると人によって好みが出てくると思うんですが、これはプレゼントにも最適だと思います。今回食べた中では、フランボワーズ、レモン、ビター、祇園(抹茶)が特においしかったなぁ。

レトルトカレー

カテゴリー: テキトウ | 投稿日: | 投稿者:

f:id:NEKOTAten:20110131203346j:image

クスクスが気に入った夫、とうとう自分で買ってきて「これで晩御飯にしてください」と。なので、ご希望通り、タイカレーイエローと合わせて出しました。夫ご満悦。

残り物ドリア

カテゴリー: テキトウ | 投稿日: | 投稿者:

f:id:NEKOTAten:20110131121833j:image

昨日のホワイトシチューがひとり分だけ余ったので、そこにゆでたリゾーニを加えて耐熱皿に入れ、8つ割にしたかぶとベーコンをグイっと突っ込み、グリエールチーズを乗せて200度のオーブンで15分。

お米じゃないのであっさりした食後感。おいしかったです。

じゃがいもと白菜とたらこのシチュー

カテゴリー: つくる | 投稿日: | 投稿者:

f:id:NEKOTAten:20110130194401j:image

昨日、少しだけ残った白菜を使ってシチューを作る。思い立って、じゃがいもと、たらこを加えてみましたが、いい組み合わせでした。

フライパンにバター30グラムを溶かし、薄力粉大さじ3を加えて粉気がなくなるまで炒めたら、牛乳300㏄を少しずつ加えて泡立て器でダマにならないようによくかき混ぜ、塩こしょうで味を調えてホワイトソースを作る。

鍋にざく切りにした白菜、じゃがいもを入れ、チキンスープをひたひたに注ぎ、ローリエを入れて中火で煮る。別の小鍋に塩少々を入れた湯を沸かし、2センチ幅に輪切りにした生たらこを入れて花が開いたような状態になったら網じゃくしで引き上げ、野菜の鍋に入れ、野菜が柔らかくなるまで一緒に煮込む。野菜の鍋にホワイトソースを入れ、とろみがつくまで煮込んだら、塩で味を調え、器に盛り、ピンクペッパーを散らす。

ピンクペッパーを散らしたのは、「みんなのきょうの料理」に乗っていたレシピを見て、ああ、うちにもあるあるーと思ってやってみたのですが、見た目的にも味的にもナイスな存在感でした。夫がすごく褒めてくれたので言いそびれたんですが、私のアイディアじゃないんだよう。

シナモンロール

f:id:NEKOTAten:20110130135541j:image

「飯島風」という本をだいぶ前に買っていたのですが、シナモンロールがあまりにもおいしそうだったので作ってみた次第。……だったんですが、出来上がりの見た目は、だいぶ違うものになりました。んー。

分量を1/2にしてつくっているのですが、計量が少し雑だったかも。生地をこねている時点で「しまった、水分が多かったかも」とは思ったんですよねぇ…。水分の中に粉を入れるという手順なので、水分量を調節するのが難しかったとはいえ、やっぱ反省。なお、のばして、シナモンと砂糖をふって巻きこむ手順の際、砂糖の代わりにメープルシロップのつぶジャムを使っています。生地の重量の20%を目安に使いましたが、思ったより甘くなかったので、もっと入れてもよかったかもしれません。

見た目はいまいちでも、焼き立てゆえ、食べれば案外おいしいもの。バターも砂糖も控えめのレシピであっさりした味わい。今度は分量通り作ってみようかなぁ。

飯島風

飯島風

かもめ食堂 [DVD]

かもめ食堂 [DVD]

焼餅

カテゴリー: つくる | 投稿日: | 投稿者:

f:id:NEKOTAten:20110129225248j:image

いつも読んでいるブログで、とてもおいしそうな「開水白菜」を拝見して、あー作りたいなーと思っていたのですが、ようやく準備が整ったのでチャレンジしてみた次第。

とはいえ、きちんとした上湯なんて作れるわけもないので、手羽元と野菜でスープを仕込み、これをキッチンペーパーで漉して塩、薄口しょうゆ少々で味を調えたチキンスープで代用。白菜はたまたま直売所に黄芯白菜があったので、適当に縦割りして2日ほど干しておいたものを使いました。

これはねぇ、とてもおいしかったです。ただひとつ難点があるとすれば、我が家の蒸し器は小さいので、蒸し上がった器を取り出せなかった…ということです。仕方なく蒸し器ごとテーブルに出しましたが、やや不便…。やっぱり「蒸し物づかみ」買おうかなぁ…。

夫が「だったら、焼餅も作ってくれ」というので、ついでに作りました。が、「1度目は成功。2度目は調子に乗って失敗」ってのは、私のいつもの癖でして、微妙に焼き時間が短かったのか、中がやや水分の多めの生地に(その割に外焦がしてるし)。点数をつけるとすると65点くらい。まずくはないものの、微妙。近いうちにもう1回作るわ…。

チキンスープの出し殻(手羽元)は、昨日のうちに取りだして、黒酢、しょうゆ、はちみつを混ぜたタレに漬けておき、それをオーブントースターでさっと焼きました。さっぱりしていて、案外おいしかったです。

追記

カテゴリー: その他 | 投稿日: | 投稿者:

基本的にご飯のことしか書かない日記ですが、備忘録代わりに小僧の件を少し。

これを書いている現在(2月5日)、こちらがびっくりするくらい体力が回復致しました。弱っている時期に散々甘やかしたせいか、大変わがままになってしまい、少し手を焼いております(笑)。

弱った時期がめちゃくちゃ寒かったのもあって、ケージ内にセラミックヒーターを入れ、周囲を塩ビのビニールシートで全面覆ってます(ビニールハウス状態)。寝るときは、藁巣に入れ、その下にパネルヒーターを置き、タオルでくるんで寝かせる…ということを3日ほどやってみたところ、驚くほど元気になりました。やはり体調不良の原因は寒さだったのかな、と。

ただ、元気になったとはいえ、食事量は落ちてますし、転寝の時間も長くなりました。おじいちゃんであることは間違いないので、ほどほどにいたわりながら過ごさせるつもりです。ご心配おかけしました。

Les Abeilles

f:id:NEKOTAten:20110129121035j:image

サロン・デュ・ショコラで買ってきた、レザベイユのショコラ。9種類入りと3種類入りがあったけど、とりあえず3種類入りを。

お会計をしていたら、「オーナー(シャクマンデスさん)がいらっしゃるんで、サインをしてもらったらいかがですか?」と言われたので、あー、うー、と思いながらも、つい「ではぜひ」と言ってしまい、箱にサインしていただきました。一番安いものしかかってないので、逆に申し訳ないです。

ここはパリ13区に本店があるはちみつ専門店でして、はちみつを使ったキャンディーとかヌガーのほうがよく知られているんじゃないでしょうか。ショコラはバレンタイン期間中に日本限定で発売しているんだそう。手前からトウルヌソル(西洋ひまわりのはちみつを使った、塩バター風味のキャラメルがナッシュ)、アカシア(アカシアのはちみつ)、フランボアジエ(木苺のはちみつを使った、ホワイトチョコレートと木苺のガナッシュ)。

はちみつを使っているのでどれも後味が優しい。特にトウルヌソルはすごくおいしかった。今度はこれだけ単品で詰め合わせしているのを買いたいくらい。