月別アーカイブ: 2014年1月

回鍋肉

回鍋肉 by nekotano
回鍋肉, a photo by nekotano on Flickr.

数日前に、夫に『よくわかる中国料理基礎の基礎』という料理本を買ってもらったのですが、早速、そこに載っているレシピで回鍋肉を作りました。

そもそもはキャベツが残っているから豚肉を買ってきて回鍋肉でも作ろうか…と思ったのが事の発端。肉を買ってきて、さぁ、作ろうかと思ったときに、そういや、わたし、そこそこ料理本を持っているハズなのに、なぜか中華の本って1冊も持ってないなぁ…と思って(夫が独身の時に使っていた『中華の本』しか持っていないのだけど、この本の回鍋肉のレシピはあんまり好きじゃない)わざわざ立川の本屋にまで出かけたのですが、そもそも中華の本ってのがほとんどなく、数少ない中華の本を片っ端から立ち読みした挙句一番良さそうだったのが、上述の『よくわかる…』だったのでした。

誤算だったのは、お値段が予算オーバー(5460円)だったことなのですが、うむーと悩んでいたら、夫がプレゼントしてくれたのでありました。ありがとう。

レシピは4人前だったので、1/2に。キャベツを油通しする箇所は、ごま油少々を入れた湯通しでパスし、葉にんにくはなかったのでその分キャベツ増量、酒醸(チューニャン)は甘酒で代用しました。調味料は、豆板醤、甜麺醤、甘酒(酒醸)、豆鼓、しょうゆ。

甘いんだけど、しっかり辛くて、今まで作った中で一番美味しかった。回鍋肉って外で食べると、皿に浮いてる脂がものすごく気になってそれがすごく嫌なんだけど、家だとそれがないのでいいなぁ、と。簡単なので、頻繁に作りそうです。

きょうも昨日と同じレシピのマントウを作る。さすがにここ数日連チャンで作っているのでもう手が慣れた。どうやらうちは、薄力粉と強力粉を半々にしたもので、油なしで作るのが口に合っているようです。夫は勿論、小僧(黄)も大喜びで食べていました。回鍋肉にもよく合って、ばっちり。

角煮

角煮 by nekotano
角煮, a photo by nekotano on Flickr.

安売りしていたお肉屋さんで、豚バラ塊を2本買っていたので、1本は昨日からコツコツ火を入れながら角煮を作っていました。レシピは、『ごはんにしよう。 』に乗っている飯島奈美さんレシピ。

これは、映画『南極料理人』で登場した料理のレシピ集なのですが、主演が堺雅人さんだと言うのに、私、映画は見ておりません。でも、いわゆる、ド直球の家庭料理の本をほとんど持っていない私からすると、この本はホントに便利でして、頻繁に読み返しております(さすが飯島さんのスタイリングだけあって、見るだけでも楽しいのです)。ちなみに、原案の「面白南極料理人」シリーズも面白いけど、お勧めはやはり一番最初の『面白南極料理人』かな。笑えます。なので、きっと、映画も面白いハズだと思います。

角煮っちゅうのは、簡単なんだけどめんどくさいのは、時間が掛かるから…だろうなぁ…と思う。このレシピも、下ゆでで1時間、下味入れて1時間、調味料追加で1時間、仕上げに30分、コトコト煮ます。出掛けたり寝たりで中断しながら言われた通りの時間煮込んで完成。再開するたびに表面のラードを取り除きつつ作ったので、お肉は少しし堅い仕上がりでしたが、時々無性に食べたくなる料理が作れて、全体的には大満足。

角煮ですから、お供はマントウでしょうと、また作る。今日は、一番最初に作ったのと同じパターンで(ここのレシピを参考にしました)。全部室温で作りましたが、1次発酵は50分ほどで済み、2次発酵も20分ほどで十分な様子。蒸し時間は12分で。1次発酵を止めるのが若干遅かったせいか、すこし生地がへたりましたが、そう悪くない食感。油を入れないパターンのほうが、うちの口には合うようです。

納豆汁

カテゴリー: 朝食 | 投稿日: | 投稿者:
納豆汁 by nekotano
納豆汁, a photo by nekotano on Flickr.

数年前に大量に購入し、すでに3年前に賞味期限が切れていた干し納豆があるのですが、たまたま思い立って、納豆汁にしてみたところ、案外悪くない…。さすが保存食。しばらくこれで消費して行こうかな、と。

チンごはんに、高菜のオイル煮。

焼き餃子

焼き餃子 by nekotano
焼き餃子, a photo by nekotano on Flickr.

正月食材の合鴨のひき肉がまだ残っているのですが、餃子にしてもイケるんじゃないかということで、きゃべつと併せてあんにし、焼き餃子にする。

豚ひき肉で作るのと全く同じ分量で味付けもろもろ作りましたが、やっぱり、豚で作るよりもあっさり味。でも、これはこれで美味しかった。

高菜のオイル煮、大根の皮の三杯酢漬け。

ポワラーヌ昭盛堂

カテゴリー: 間食 | 投稿日: | 投稿者:
ポワラーヌ昭盛堂 by nekotano
ポワラーヌ昭盛堂, a photo by nekotano on Flickr.

伊勢丹の地下の肉屋が肉の日だったので買いに行ったのだが、豚バラの塊肉は今日は扱っていないと言われたので、少し足を延ばして晴見町商店街に行ってみることに。

お目当ての品を買い、ついでに、ポワラーヌ昭盛堂へ寄って菓子パンを1個ずつ。夫はクリームパン、私はクルミルク。くるみ入りの少しボソッとしたパンに、砂糖多めのミルククリームを挟んだパン。すごく甘いが、疲れが吹き飛んだ。

チーズパン

カテゴリー: 朝食 | 投稿日: | 投稿者:
チーズパン by nekotano
チーズパン, a photo by nekotano on Flickr.

久しぶりにスナックっぽい朝食が食べたくなったので、イングリッシュマフィンを割って、ケチャップとハリッサを塗って溶けるチーズを乗せて焼く。ピクルスをつまんでさっぱり。

麻婆豆腐

麻婆豆腐 by nekotano
麻婆豆腐, a photo by nekotano on Flickr.

最近立て続けに作っている気がするけど、まだ夫が飽きないので、今日も麻婆。

今日も、高山なおみさんの『おかずとご飯の本』に載っているレシピので。ただし、豆板醤と鶏がらスープの素は1/2に、最後に回しかけるごま油はパスして、その代り激辛ラー油で辛さを調節します。ちまちま味付け変えましたけど、でも、ベースはまんまです。このレシピはホントに美味しいですわ。エビチリと並んで、これからもお世話になるであろうレシピだと思います。

今日もマントウを作りましたが、今回は、サラダ油を使うこちらのレシピで、粉は薄力粉+強力粉のミックスで作りました。ちょっとだらしない仕上がりになったのは、一次発酵で少し時間を置き過ぎたからだと思います。まだ結構肌寒いんですけど、室内は思った以上に温かいようで、想定よりも短時間で発酵するようです。でも、気にするほど発酵臭もなく、ふわっと仕上がりました。