月別アーカイブ: 2013年8月

小ざさ

小ざさ by nekotano
小ざさ, a photo by nekotano on Flickr.

ダンディゾンに行く途中に、小ざさの前を通りかかったら、誰もいなかったので最中を買う。バラで4つ。白2つ、黒2つ。

小ざさといえば羊羹が有名ですが、始発電車で行って並ばないと買えないって本当なんですかねぇ。いやいや、私は最中で充分です。どっちも美味しかったですが、やはり、小倉餡のほうが力強い味わいでよりおいしく感じました。それにしても、こういうお菓子は、お菓子を食べた後のお茶が堪らなく美味しい。

小ざさの隣には、メンチカツで有名なさとうがありますけど、相変わらずスゴイ行列。銀座のお店だと並ばずに買えるって話も聞くけど、本当かしらん。

ダンディゾン

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:
ダンディゾン by nekotano
ダンディゾン, a photo by nekotano on Flickr.

阿佐ヶ谷で所要を済ませてから吉祥寺に寄り道して、ずいぶん前から行ってみたかったダンディゾンというパン屋でお買い物をして帰る。

吉祥寺というと、私なんぞは長らく、短ラン、ボンタンにペタンコの鞄、とんがった靴を履いて、パンチパーマかリーゼント頭の兄ちゃんが、ボコスカ殴り合いしている街…というイメージを勝手に持っておりまして(そういう漫画があったんです)。今思うとどこまで漫画に毒されとんじゃと突っ込みたくなりますが、思い込みって恐ろしいもので、だもので私は結構いい歳になっても、あまり自発的に足が向く街ではなかったのでした。

もちろん、今は、吉祥寺って、とってもおしゃれな街って知ってますけど、でも、やっぱり、縁は無いままで。なので、ダンディゾンも行ってみたいなーと思いつつ、何年も何年も行かずのままで、まぁ今日、ようやくなんとなく、都合と気分がぴたりと合ったので、行ってみることに。

食べログ見ると「緊張した」という感想が多かったのですが、なるほど、対面式なんだ。これは確かに、心の準備がないと緊張するかも。でも、お店の方が感じよかったので、大丈夫でしたよ。ざっくりと、「○○みたいな感じのパンが食べたい」みたいなことを言うと、いろいろ教えてくれたし。

たまたま行った時間が悪かったようで、あんまり選択肢がない状態。バゲット欲しかったけどなかったので、食パン(BE20)を。あとは、ユゼス(豚肉のフガス)、グラッパ(ぶどうパン)、リュバルブ(ルバーヴのコンフィチュール入りデニッシュ)。

あー、どれもすっごく美味しかったなぁ。でも、私、ものすごく勝手な思い込みなんですけど、ここのパンってもっと派手な味なのかと思ってたら、違った(何もかもがおしゃれなので、そういう感じなのかと…)。一言で言うとベーシック。毎日食べても食べ飽きない、ほっとする感じの味でした。

今回食べた中では、グラッパがすごく気に入ったので、また買いに行きたいな。

おかずは、焼きなす(オリーブオイルに、塩とレモン)、赤玉葱のマリネ、オイルサーディン。

そうめん

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:
そうめん by nekotano
そうめん, a photo by nekotano on Flickr.

パスタとリクエストされていましたが、何だかパスタな気分になれず、そうめんで。

夫にはいつものごまだれを出しましたが、私は無性に納豆と青菜が食べたい気分だったので、そうめんの上に、納豆、八助の梅干し、空芯菜のお浸しを乗っけて、麺つゆを回しかけて、ぶっかけにして食べました。

しかしですね、空芯菜というと、今までバカの一つ覚えのように炒め物ばかりしてきたのですが、お浸しもなかなか。というか、お浸しで食べるほうが好きかも。心なしか草っぽい味がして、かすかなとろみがあって、ちょっとワイルドな感じがする。よい。

グラノーラ

カテゴリー: 朝食 | 投稿日: | 投稿者:
グラノーラ by nekotano
グラノーラ, a photo by nekotano on Flickr.

今日もグラノーラ。グラノーラの中にあるかぼちゃの種は、小僧(黄)のお気に入り。最近は、朝食前にこれをあげる(食べる)のが、お互いの朝の儀式となりつつあります。

CoCo壱番屋

カテゴリー: 夕食, 外食 | 投稿日: | 投稿者:
CoCo壱番屋 by nekotano
CoCo壱番屋, a photo by nekotano on Flickr.

カレーが食いたいと騒ぐおじさんが約1名いたので、ココイチへ。

夫はめずらしくほんの少しだけ迷うも、結局はいつものイカカレー。私は、ポークカレー、1辛で、温泉卵。完全に「夫婦善哉」に引っ張られております。生卵があったらそうしたけど、ないのよ。

ひとつうっかりしたのは、ご飯を200グラムにするのを忘れたこと。300グラムかぁ…、具がないからイケるかな…とは思いましたが、実際なんとか完食出来ましたが、そのあとの体温の上がりっぷりが半端なくて、何だか大変でした。最近ね、お腹いっぱい食べすぎると、やたらと変な汗が出るんで8分目で止めるようにしてるんですけど、外食の時はうまくコントロールが効かずに、こういう目に遭うこと多々。残せばいいんだけど、貧乏性だから残せないのね。

具なしのカレーだったとしても、これからは、ハーフサイズを頼むべしと思ったのでした。

プッタネスカ風

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:
プッタネスカ風 by nekotano
プッタネスカ風, a photo by nekotano on Flickr.

そういえば、昨晩、追加のつまみでオイルサーディン缶を開けていまして、残った油を使ってプッタネスカ風のトマトパスタに。普段は残った油は思い切って捨てちゃうのですが、竹中缶詰のオイルサーディンは別。ここの油は何だか妙に美味しいので捨てられん。

深鍋にオイルサーディンのオイルと、つぶしたにんにく、赤唐辛子を入れて弱火で加熱。オイルから水分が容赦なく飛ぶので、ふたを上手く使ってガードしながら水分を飛ばし、にんにくに火を通す。玉葱の粗みじん切りを加えて透き通るまで火を通したら、トマト水煮缶1缶、ケッパー、オリーブスライスを加えて強火でガンガン煮詰めながら、好みの濃度にする。

すでに、オイルに塩気が相当量含まれており、さらにケッパー、オリーブを加えるので、余りガツガツに煮詰めないほうが良い。ゆで上げたパスタを絡めて、器に盛る。

塩加減が難しいのですが、それ以外は気を遣うところがなく、間違いなく美味しい。見てくれはイマイチですが、今日のも美味しかったなぁ。

スタバ

カテゴリー: 朝食, 外食 | 投稿日: | 投稿者:
スタバ by nekotano
スタバ, a photo by nekotano on Flickr.

うちから一番近いスタバは、いつ行っても満席で満足な席に座れた試しがない。だったら、朝一番に行ったれやと、7時のオープンに合わせて行ってみる。

さすがにガラ空きだろう…と思ったらとんでもない。サラリーマン風の男性が列をなし、オープンして30分も過ぎることには、店内はほぼ埋まってしまっていた。おおお…。何かのワークブックをしている人(資格試験の勉強?)、パソコンで書類作成している人(会議のレジュメ?)、読書している人、新聞読んでる人、音楽聞きながら瞑想している人、皆さん思い思いに「朝活」してらっしゃる。なんか凄かった…。

私も負けじと、ブレンドコーヒーにイングリッシュマフィン(卵とソーセージ)で朝ごはんを済ませた後、ちょっと書きもの。

しろくま

カテゴリー: 間食 | 投稿日: | 投稿者:
しろくま by nekotano
しろくま, a photo by nekotano on Flickr.

呑んだ後の「しろくま」は、美味しいのです。

NHK土曜ドラマの『夫婦善哉』を見ていたら、ふと『サンドウィッチは銀座で』(平松洋子)が読みたくなって軽く読み返す。このエッセイ、挿画は谷口ジロー画伯なのですが、「夫婦善哉」をモチーフにした短編漫画が入っているのです。

「織田作死んでカレーライスをのこす」でしたっけ? 自由軒のカレーライス、美味しそうやったなぁ。今度大阪行く機会があったら、食べよーっと(いつになるかなぁ)。

ゴーヤの肉詰め

カテゴリー: 夕食 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
ゴーヤの肉詰め by nekotano
ゴーヤの肉詰め, a photo by nekotano on Flickr.

ご希望にこたえて、今日もゴーヤの肉詰め。今日も大好評。

あとは、焼きなすに、オリーブオイル、塩、パセリをふったて、食べるときにレモンをじゅーっと絞ったもの。プチトマトとケッパーのオイルマリネ、赤玉葱のマリネ。オリーブオイルばっかりやなーと思いますが、そんなに量は使ってないと思います。たぶん。

焼きなすは、私は大好物なのですが、夫はそうでもなくてですね、微妙に出しづらかったのですが、やはり夏が終わる前にどうしても食べたくて、サラダ風に仕立てる折衷案で手を打ってみました。でも、結果的に、私も、この食べ方のほうが好きかも。おかか醤油も好きですけどね。

奥の瓶は、サンライズのスパークリング。今日はまぁよく頑張りましたということで、乾杯いたしました。さ、来年に向けて、頑張ろう。

こぐま屋珈琲店

こぐま屋珈琲店 by nekotano
こぐま屋珈琲店, a photo by nekotano on Flickr.

今日は、昼過ぎから、税務署行って、都主税局行って(書類の不備で2回行く)、市役所行って…、払うもん払って、区切りの日。それにしても、府中ってば、徒歩圏内にほぼ必要官公庁がそろっていて、小商いするにはいい街です。

ひと休みしますかねと、ちょっと前に初めてその存在を知った、こぐま屋珈琲店に行ってみる。府中にこんなこじゃれたカフェが…と驚きましたが、この街は喫茶店は数あれど、こういう雰囲気のお店はほぼないので、何だかちょっと嬉しい気もします。ただ、若い人向けって雰囲気が強いので、おばさん、ひとりで行くにはちょっと気後れしそうな感じでもあるのですが。

元々は自家焙煎のお店だそうで、コーヒーはストロング系で美味しい。ブログを拝見すると、試行錯誤している様子がありありと伺えて、何だか他人事ではなく(特に経費が云々というくだり)、が、頑張って! とつい思ってしまうのでした。今度はおやつを食べに行こうかなぁ。