月別アーカイブ: 2005年7月

空心菜とキクラゲの炒めもの

050730_2034~01.jpg


空心菜って扱ったのは初めてなのですが、意外に油をたくさん必要とする野菜でした。油をケチるとしなびるばっかで美味しくない。湯通しか油通しをした後に、強火で一気にソースと絡めるのがいいのかもしれません。
ソースは、酒・ナンプラー・オイスターソースを水で溶き、砂糖と豆板醤を加えて作りました。 ちょっとしょっぱかった( ̄ー ̄; ですが、後は割合の問題かな、と。にんにくと生姜のみじん切りも必要です。

ゆで砂肝と茸の炒めもの

050729_1900~01.jpg


砂肝の和え物は弟直伝。
鍋に水を張り、葱の青い部分と生姜のかたまり2~3個を入れて沸騰させてから筋を取った砂肝を入れて火を止める。
そのまま7分待つ。
砂肝を引き上げて、一口大に切る。葱の頭と生姜は捨てる。
ボールに砂肝と輪切りにした葱(適当)を入れ、塩、胡椒、オリーブオイルで味付けして、余熱を取って冷蔵庫へ。
半日ほど置いたほうが味がなじんでいいです。

左は、マヨネーズ+柚子胡椒を乗せてます。柚子胡椒は便利ですなぁ。何にでも合います。最近はポン酢に混ぜて食べるのもお気に入り。

ちなみに、この日、夫は外で焼肉。ひたすら鉄板をキレイにし、他人様に取り分けて終わったそうですが。

ジェノベーゼとじゃがいものサラダ

050727_2113~01.jpg


使用したバジルは自家製。タネを撒くのがあまりにテキトー過ぎて芽が密集しすぎ、発芽二週間以上を過ぎてもまったく成長しないので心を鬼にして間引きを (´-`)
ジェノベーゼ自体は作るのは簡単ですが、細かすぎる芽から泥を落とす作業が一番大変でした…。ジェノベーゼ作るときってホントは水で洗っちゃいけないんだよね。まあ仕方ない。

夫は上記完成品に散々塩とオリーブオイルをプラスして食した後で「うますぎるよっ!!」と大絶賛でした。微妙。

トウガンとドライトマトのスープ

050726_2059~01.jpg


右奥にあるのは、近所の伊勢丹で催されていた沖縄物産展で突発的に買い求めた「ひろし屋」というお豆腐屋さんのジーマーミー豆腐。やや高いなとは思ったものの(3個パックで1000円)売り子のオバちゃんの勢いに押されて買う羽目に。ついでにゆし豆腐も600円でお買い上げ。
ところが、ネットで確認すると、定価はジーマーミー豆腐は1パック194円、ゆし豆腐は294円のようですね…(^_^;)
送料込みってことなんでしょうが、むむむ…。まぁ、おいしかったからヨシとしましょうか。ただ、私には備え付けのタレはやや甘すぎます。たまり醤油のほうが合いそう、と思ってます。

ふかしいも

北海道で食べたキタアカリの美味しさに魅せられて、かの地で5キロ購入。2500円は高いのか安いのかよくわからんが(送料で1500円も取られるので結果的には高い)、ともかく今日届いたので早速レンジでふかして、塩辛&バターで食す。

……正直に言うと、「こんなもんなのか?」ってな感じ。あの美味しさは、旅先だから感じたのでしょうか? はたまた、芋がたいしたことないものを買ってしまったのでしょうか。

とりあえず、レンジでチンが良くないのだろうと仮定して、今度はグリルで蒸し焼きにしてみることにする。ま、しばらくはキタアカリ祭りになることは眼に見えているので、色々試すつもり。