月別アーカイブ: 2019年8月

はるみ炒め

メニューを考えるのが億劫なときは、はるみ炒め(『ごちそうさまが、ききたくて。』にある「オイスターソースでなすと豚肉のケチャップ炒め」)の出番。

なす、豚バラ(豚小間でもよい)、玉ねぎを炒めて、しょうゆ、オイスターソース、ケチャップを混ぜたたれを絡めるだけ。食べるときに、黒胡椒をたっぷり挽くと、なおおいしい。

奥は、スライサーでサクッと作った、きゅうりとかにかまのサラダ。乾燥わかめを戻したのに、干ししめじをさっと炒めたもの、大根おろし。自家製ラッキョウ(甘酢漬け、塩漬け)。

冷凍ちゃんぽん

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

昔からときどき無性にタンメンが食べたくなることがあって、そういう時は近所の中華屋に駆け込むのだけど、ちゃんぽんでもいいんちゃう? と気づいて、冷凍ちゃんぽんを買って食べてみる。ちょっと検索してみると、冷凍ちゃんぽんって、色んなメーカーが出しているんだなぁ。

コープで買える一番ノーマルな感じの商品をチョイスして、袋の表示に従って用意する。具もたっぷりですごくおいしい。もうちょっとだけ白菜を足したら、私もう、これでええわ。

スシロー

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

分倍河原まで買い物に行って、なぜかスシローで小腹満たし。昨日食べたあじがおいしかったので、今日は青魚中心で。〆いわし、生さんま、焼きトロサーモン。生さんまがおいしかったなー。さんまは焼いたのも好きだけど、刺身も好きです。夫は、なぜかサーモン1皿でおしまい。

帰宅して、小さいおかずで、軽く一杯。砂肝とねぎのオイポンドレ和え、銀皮をしょうゆとみりんで炒めたもの、キャベツと山芋と玉子のお好み焼き風、高野豆腐とピーマンとカボチャの煮物のうち、カボチャだけ残ったので、それも出す。

にゅうめん

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:

なぜか温かいものを食べたい気分になって、夫を説き伏せて、にゅうめんを作る。

私は、ヒガシマルうどんスープに、わかめ、干ししめじ、刻みねぎに、揚げ玉。夫は、アマノの赤だしのお味噌汁に麺を入れて、刻みねぎと揚げ玉で。うどんスープで作るにゅうめん、すごくおいしいな。

食後にコーヒーを淹れて、ピエールマルコリーニのチョコレート。バラで買っているので、商品名をことごとく忘れてしまったのだけど、おいしい。

茹で砂肝のオイポンドレ和え

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

肉の日なので、肉の買い出しに出かけて、阿波尾鶏の砂肝も買ってきたので、恒例の、ゆでて、ネギの刻んだのと一緒にオイポンドレ和えにする。

何の難しいこともないのだけど、砂肝の筋だけじゃなくて、銀皮まではがすので、それが手間。かなり上手になったと思うけど、それでも、400グラムの砂肝のうち、筋と銀皮をはがした残りの身は、だいたい250グラムぐらいになる。夫にそれを言ったら「大吟醸やな」と言われた。はははと笑ったけど、後で調べたら、大吟醸は精米歩合50%以下、吟醸で60%以下が目安らしいので、わずかに吟醸にも届かない。いや、届かなくていいのだけど、それにしても、吟醸酒って贅沢品なんだなぁ。自分だったらそんなに削れないなぁ。

それはさておき、普通は残す銀皮まで剥ぐので、出来上がりは程よい歯ごたえで、味染みもよい。最近は、ゆでるときにガンガンにゆでずに、70度くらいのお湯でゆっくり火を通すようにしているのですが、出来上がりがきれいです。最近は、一気食いするともったいないから、あまりたくさん盛ってくれるなというので、ちょっと控えめに。今日もおいしく食べてくれました。

あとは、昨日の残りの、高野豆腐とかぼちゃとピーマンの煮物、冷凍していた蒸しなす餃子を焼く。

食後のおやつに、ナタデココを出したんだけど、夫が「黒蜜かけてもおいしいんちゃう」というので、やってみたら、案外イケた。夫は体質的に寒天が食べられないのだけど(私は好きなんですが)、これだったら、なんちゃって豆カンで出せるかもなぁ。

スシロー

カテゴリー: 昼食, 外食 | 投稿日: | 投稿者:

夫が、スシローに行きたいというので、昼どきのピークを避けるべく、少し早めに家を出る。

これまでは、回転すしで食べようと思うと、ちょっとした運動をする覚悟が必要でしたが(いちばん近いお店で歩いて30分ほどかかる)、分倍河原に出来てしまったので、ふらりと行けるようになってしまいました。ありがたい。しかし、あんまり気楽にいけるのもいいのか悪いのか。

私は、生あわび、 蒸しホッキガイ、 あじ、 紋甲いか食べ比べ、 白トリガイ、 活きあわび。夫は、 サーモン、 エンガワ、 エビ、 サーモン、 ホタテ貝柱。

今日は貝メインで食べましたが、あわび美味しかったですねー。でも、あじも美味しかったので、今度は青魚攻めで食べようかなぁ。

ごぼうの唐揚げ

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

さごしを味噌漬けにしていたので、それを焼いて晩ご飯。

ただ、それがメインだと、夫にはつまらない晩ご飯なので、ごぼうの唐揚げも用意する。これは間違いなく、夫の好物なので。っていうか、これを作ったら、もうほぼこれしか食べない。それくらいお気に入りだし、私もこれは大好き。薄めの麺つゆで柔らかくなるまでゆでてから、片栗粉をまぶして、ちょっと揚げすぎかな…と言うくらいまで揚げて、スナックっぽく仕上げるのが好みです。食べるときに、黒七味を軽く振ると、またおいしい。

粉末煮汁付きの高野豆腐をさっと煮て、一緒に、かぼちゃとピーマン。添付の煮汁はかなり甘口で、かぼちゃとピーマンにはちょっと微妙だったけど、まぁ食べられないことはない。夫はぱさぱさした食感の食べ物はあまり好きではないのに、不思議と高野豆腐は食べる。肉も魚もあんまり食べない人だけど、大豆は食べられるから、まぁよかったなぁと思う。

今日何よりショックだったのは、また味噌漬けを焦がしたこと。一瞬目を離しただけで、あんなに焦げるとは。