月別アーカイブ: 2014年2月

新和そば

新和そば by nekotano
新和そば, a photo by nekotano on Flickr.

歌舞伎座の二月花形歌舞伎の夜の回を観に行ってきました。

演目は、「青砥稿花紅彩画」の通し。「白浪五人男」でお馴染みの演目で、浜松屋と勢揃いは数回見たことがありますが、通しで見るの初めて。にもかかわらず、ちょっと慌ただしくて序幕に間に合わず、結局二幕からの観劇になってしまった…。これじゃ、いつもと同じじゃないのさー、たはは…と思いましたが、蔵前は観られたので、よかったです。藤間大河くん(松緑さんの息子さん)がなかなか達者な丁稚さんぶりで、蛙の子は蛙なんだなーと、つくづく思った次第。

今回は花形なので、五人男の顔ぶれがかなりフレッシュ。弁天小僧は菊之助さん、南郷力丸は松緑さん、赤星十三郎は七之助さん、忠信利平は亀三郎さん、日本駄右衛門は染五郎さん。配役だけを見たときは、ええー、駄右衛門は染五郎さんなんだーと思いましたが、観てみると思ったほどには違和感は感じなかった。菊之助さんの弁天小僧は、予想通りいい。もちろん、お父さん(菊五郎)のほうが好みなのだけど、これからはきっと菊之助さんの弁天小僧を見る機会のほうが増えていくのだろうな。

大詰めの三場はパスして、二幕だけ見て帰宅(それでも十分満足)。ちなみに、二幕は「浜松屋」「蔵前」「勢揃い」の三場だけど、「勢揃い」への場面転換をするのに5分近くかかっていて、しかも中途半端に客席を明るくしたものだから、幕間だと勘違いしてロビーに出ちゃうお客さんが多数出現。他人事ながら、ああ、これからが一番の見せ場なのにいいのかしら…と、はらはらしてしまった。恐らくほとんどの方は、ロビーで職員の方に押し戻されたようなので、まぁ、大丈夫だと思いますが。あと、今日はやたらと大向こうさんが多かった。ただし、私が密かに「ネコの大向こうさん」と読んでいる方は、今日はいらっしゃらなかったようで、少し残念。

芝居を観る前に、カフェオレとビスケットを軽くお腹に入れていたけれど、新宿まで来たら猛烈な空腹感。もうこれは、手軽にさっと済ませられるのがいいや…と、小田急エース内にある立ち食いそば屋・新和そばで、春菊天そば。

食券渡して5秒で出てきて、ちょっと驚いた。駅構内の店だからかしら。手っ取り早く満たしたい向きにはちょうどいい。

レタスの味噌汁

カテゴリー: 朝食 | 投稿日: | 投稿者:
レタスの味噌汁 by nekotano
レタスの味噌汁, a photo by nekotano on Flickr.

昨晩の残りのバゲットを軽く蒸して、カップスープを添えて出す。

夫はこの「蒸しパン」を食べたいがために、昨日の段階で全部食べちゃいたいのをぐっと我慢して今朝に備えていたので、パンは全部夫に譲る。やっぱり、フルールのパンは蒸して食べるのが最高に美味しいそうです。

私は具だくさんの汁物(レタスと揚げ)と、ほんの少しだけ玄米。レタスって、煮込んでも、案外ヘタらないんだなぁ。繊維質が豊富なためか、意外とこれだけで十分お腹いっぱいになる。

地鶏の猟師風

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:
地鶏の猟師風 by nekotano
地鶏の猟師風, a photo by nekotano on Flickr.

冷凍庫の青森シャモロックを解凍して、愛用しているオリーブオイル・オルチョサンニータのサイトにあったレシピを参考に、地鶏の漁師風を作る。

元レシピはトマトソースをプチトマトで作りますが、今回はトマト缶で代用。しっかり煮詰めてから塩漬けケッパーをもみ込んだ鶏肉を加えて、15分ほど弱火で煮る。地鶏の中には煮過ぎると堅くなっちゃうものもありますが、このお肉はそんなことはなく、しっとり柔らかく、噛みしめて美味しい。

ただ、惜しいことに、塩漬けケッパーと一緒に煮込むのだけど、これを少々入れ過ぎた。お肉の塩加減はいい塩梅なのだけど、ソースの部分が相当塩辛い。塩漬けケッパー、久しぶりに作ったから、ちょっと勘が鈍ったわ…。

サラダは、じゃがいも、いんげん、ルッコラ、ゆで卵のサラダ。ところどころに、ペストジェノベーゼをちょこんと散らして、アクセントに。ドレッシングは作らんかったのですが、メインディッシュの塩気が強めだっため、チンしただけ、ゆでただけ、ちぎっただけの野菜がやたらと美味しく感じました。

パンはフルールのバゲット。久しぶりに行ったら、売り子のお姉さんがいつもと違いひとだったので、ちょっと驚いた。パンはいつも通り美味。

チーズパスタ

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:
チーズパスタ by nekotano
チーズパスタ, a photo by nekotano on Flickr.

「お昼は昨日と同じでいいや、っていうか、昨日と同じがいい」というので、今日もチーズパスタ。ただし、今日はチーズはパルミジャーノとペコリーノを半々で使用。パルミジャーノ100%よりも、やや塩気がきつく感じますが、これもこれで美味しい。

生春巻

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:
生春巻 by nekotano
生春巻, a photo by nekotano on Flickr.

昨日のカレーの残り…だけで済ませるのも忍びなく。とはいえ、わざわざ買い物に出るのはイヤなので、ありもので何かひと品、出来れば野菜で。

たまたま、食糧棚をあっちこっちいじっていたら、だいぶ前に生春巻きの皮を貰っていたことに気づいてこれ幸い。ざく切りレタスを敷いて、カニカマを芯にして巻き巻きする。ソースはスイートチリソースと、芝麻醤(味付き)+マヨネーズ+レモン汁、の2種類。なんちゃってだけど、うまい。

あとは、昨日のサグパニールに玄米ごはん、残り物のポテトサラダ。

チーズパスタ

カテゴリー: 昼食 | 投稿日: | 投稿者:
チーズパスタ by nekotano
チーズパスタ, a photo by nekotano on Flickr.

美味しいオリーブオイルを頂いているので、美味しいうちに頂いてしまおうと、チーズパスタ。今日は遠慮なしにドボドボ回しかけて食べましたが、ピリッとした辛みと新物特有の青臭い香りがたまらんです。どう食べても美味しいけど、今日のは格別美味しかった。

レーズンパン

カテゴリー: 朝食 | 投稿日: | 投稿者:
レーズンパン by nekotano
レーズンパン, a photo by nekotano on Flickr.

駅前の京王ストアに行ったら、パンのコーナーの配置が変更されていて「タカキのパンの取り扱い始めました」と貼り紙してあった。知らないメーカーだけど、どれも美味しそうだなぁ…と思って、目についた「4種のレーズンミニブレッド」を買う。

パッケージのマークに見覚えがあるなぁ…とおもったら、アンデルセンのグループ会社だそうな。なるほど。どおりで、菓子パンがどれも美味しそうだったわけだ。

買ってきたレーズンパンは、サワー種を使ったライ麦パンの割りに食べやすい味。霧吹きで軽くふいてからオーブントースターで軽く焼いて食べました。バターの塊と一緒に口に入れると、まさにレーズンバター状態で美味しかったです。おかげで、ミニサイズ2切れでも、やたらと満腹。

サグパニール

サグパニール by nekotano
サグパニール, a photo by nekotano on Flickr.

牛乳が少し溜まってしまったので、1本はパニールにしてしまう。となると、晩御飯は自動的にサグパニールになる。パニールを美味しく食べるレシピを他に知らないのです。

鍋に牛乳1リットル、酢大さじ2を入れて火にかけ、たんぱく質が固まり、水分が透明になってきたら火からおろし、さらしを敷いた小さいざるにあけて、全体をさらしで包み、重石を乗せてしっかり水けを切る。1.5センチ角に切り分け、素揚げする。サラダ油で十分だけど、可能ならば、ちょっとコクのある油(ごま油や菜種油など)を使うと、なおいい。

カレーは毎度のミラメータさんのレシピ(『はじめてのインド料理』)。玉ねぎも、香味野菜も全く使わないので、とにかくお手軽ラクちん。でも、美味しいの。

まずはサラダ油とクミンシード、赤唐辛子を加熱して香りをだし、茹でて刻んだほうれん草を入れてしっかり油を吸わせたら、パウダースパイス(ターメリック、コリアンダー、クミン、レッドチリ)を加えてざっと混ぜ、水ひたひた、パニール、トマトペーストを加えて水分が飛ぶまで軽く煮込む。塩で味付け。

奥の小鉢は、切り干し大根の帆立サラダ。瀬尾幸子さんの『おつまみ横丁』にあるレシピです。マヨネーズとホタテ缶で作るお馴染みの大根サラダを、切り干しで作ります。

切り干しは帆立缶の汁で戻し、ソースは、マヨ+オリーブオイル+レモン汁。じわっと美味しい、なかなかシブい味わいの一品でした。

明太子とルッコラのパスタ

カテゴリー: 昼食 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:

昨日スーパーでルッコラがバカ安だったので2束買う。まずは、明太子パスタに。

明太子パスタならば、バター、しょうゆ、海苔の組み合わせも魅力的だけど、やっぱり、オリーブオイル、めんつゆ、ルッコラ、すりごま、レモン汁のほうが出番が多い。今日はレモン汁じゃなくて、冷凍レモンのすりおろしを使ったけど、レモン汁のほうが断然合っていると思う。

でも、レモン汁がなくても、やっぱり明太子パスタは美味しい。