クランペットとチリコンカン

成城石井で売っているクランペット。夫は、軽く温めたのへ、バターとはちみつをたっぷりかけて、私は、スライスチェダーチーズと作り置きのチリコンカンを乗っけて食べました。

イメージ的には、パンケーキとイングリッシュマフィンの中間くらいの食べ応えで、甘くてもしょっぱくてもイケる、万能選手みたいな食べ物だなと思いました。かなり好きなタイプだ。

食後に、紀の国屋のあわ大福を半分こ。質実剛健に見えるけど、実は、次の日には餅部分がカチカチになってしまう、はかないお菓子なのです。そうなった状態で軽く焼いて食べるのもおいしいのだけど。

20種類のお茶が入った、レーベンスバウムのトラベルアソートティーをちびちびと飲んでいるのですが、これ、結構好みの味だったのでメモ(Linde & Lagerfeuer/Linden & Bonfire)。

原材料を見ると、有機ハニーブッシュ、有機チコリ根、有機アップル、有機シルバーリンデンフラワー、有機ブルーベリー、有機ジンジャー、有機カルダモン、有機スターアニス、有機ブラックベリーの葉、有機バニラ、有機ブラックペッパー、だそうです。キャンプファイヤーっぽい味ってことなのかなぁ。

ドイツのオンラインショップを見たら単品でも売っていたのですが、日本ではないみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。