ブリヌィ

カテゴリー: 夕食 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:

ポテも残っているが中途半端。マントウでも作るか…と思ったけど、そういえば冷蔵庫にいくらが残っているのを思い出して、ブリヌィを焼いてみることにした。

少し前に、ネットで、どなたかが、ウラジオストクに旅行に行っていて、当地の食堂でブリヌィにいくらをどっさり乗せて食べている写真を見ていて、いつかやってみたいと思っていたのだ。たまたま『死せる魂』をパラ読みしていて、チチコフ氏の豪快な食べっぷりも印象に残っていたし。

ブリヌィのレシピは、多分ネットを検索して適当に作ったと思う。普通のパンケーキと違うのは、強力粉を使うところで、玉子、牛乳、ヨーグルト(レモン汁)、溶かしバター(サラダ油)、ドライイースト(ベーキングパウダー)などを入れて、少し置いて薄く焼きます。そば粉を使うレシピもあって、そっちの方がそそられたけど、それだと夫が食べない気がしたので、強力粉だけで。いつものパンケーキを焼くよりも楽に焼けたなぁという記憶がありますが、多分、パンケーキよりも油脂類がたっぷり入っているからだと思う。すぐ焼けるし、引っ付かない。食感も軽く、このまま食べてもおいしいです。

で、これに、いくらとサワークリームを乗せて食べるんですが、これが、すっごく合う。たっぷり乗せるのが良いですね。ヨーグルトでも食べてみたんですが、圧倒的にサワークリームが美味(カロリーは気にしない)。これは、いくらの新しい世界が広がりましたな。

私は強い酒は苦手ですが、やはりここはワインよりもウォッカ(ウォトカと書くべきでしょうか)のほうが合いそうな気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。