タグ別アーカイブ: ジュウニブンベーカリー

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーって、もっと暑くなってから出てくるイメージがあったけど、最近は、5月くらいから出回るんだよね。もうだいぶ、手に取りやすい値段になりました。

ゴーヤーと言えば、まずはやっぱりこれでしょうと、だいぶ前にもらっていた両親の沖縄土産のスパムを開けて、ゴーヤーチャンプルー。うちは、豆腐も玉子も入れないので、ただの野菜炒めって感じだけど、それでも、美味しい。

キャベツの千切りに、角切りトマト、コーン缶を混ぜて、テキトーにサラダ。これだったら、フレンチドレッシングと言いたいところだけど、ないので、いつものオイポンドレッシングで。

パンは、ジュウニブンべーカリーのバゲット。いつもの、ジュウニブン食パンがなかったので、初めて買ってみたんですが、これも独特の風味と食感で美味しい。

お弁当

六月大歌舞伎の昼の回に行ってきました。夜の三谷かぶきに対して、こちらは幹部俳優勢揃いの重厚感あふれる布陣。当然、見どころは、石切梶原の吉右衛門さんに、封印切の仁左衛門さん。昼はこの2本だけでいいよーと思っていたけど、意外と掘り出し物だったのが、女車引。魁春さんが千代(松王丸の奥さん)、雀右衛門さんが春(梅王丸の奥さん)、児太郎さんが八重(桜丸の奥さん)に扮した舞踊なんだけど、はんなりした面白さがあって、なんとなくよかった。衣装もよかったし、また見たい。

お弁当は、中途半端なもろもろ(にんじん、ねぎ、お揚げ)を刻んで入れた卯の花ご飯に、千切りキャベツとゆかりの和えたの。

帰宅して、ジュウニブンべーカリーのミルクフランスとスコーンで、晩ごはん前なのに、おやつ。

ジュウニブンベーカリー

新宿を経由するし、パンの買い置きもなかったので、久しぶりにジュウニブンベーカリーでパンを買っていました。12/10食パン。これは、焼かずに、何もつけずに食べるのが好きです。以前より、少し焼きが強くなったような気がしたけど、それでもおいしい!

スターウォーズ・オーツクッキー

ジュウニブンベーカリーの12/10食パンを夫に譲り、私は、少し前に作ったスターウォーズ・オーツクッキーをつまむ。

このレシピが載っている、『洋書のようなシンプルクッキーとケーキの本』のチョコチップクッキーが大好きなんですが、ぱっと見似たレシピに見えつつ、まったく違う味わいで、これもとてもおいしいのです。

玉ねぎスープとタブレ

朝はともかく、昼にパンをスライスしただけってちょっとまずいなぁと思って、あるものをかき集めて、皿数を稼ぐ。

手前は、冷凍庫にあったあめ色玉ねぎを、コンソメキューブと一緒に煮て、チェダーチーズを削ったのを散らしたもの。奥は、クスクス大さじ2を倍量の水と一緒にレンチンして戻したものに、細かくみじん切りしたにんじん、玉ねぎを軽くレンチンして絞ったもの、ケールのペースト、ゆかり、シナモンを加えてざっと混ぜた、タブレもどき。レモンを切らしていたので入れなかったけど、でも、あったほうがよかったなぁ。

パンは、ジュウニブンベーカリーの12/10食パン。

ジュウニブンベーカリー

新宿による時間があれば、ジュウニブンベーカリーに寄ることが多いのですが、いつものお気に入り(12/10食パンとレーズンブレッド)を買うと、せいぜい買えるのはあとひとつということになり、全種類制覇というのは、遠い道のりだなぁと訪れるたびに思います。しかも、最近は、食が細くなったので、食パンを買うのが精いっぱいということも多くなり、新規開拓の機会はより遠くなるばかり。

ただ、今日はちょっとおなか具合に余裕があったので、ようやくお初をひとつ。ショコラと紅茶のブリオッシュです。

こんなごついチョコレート、ちゃんとパンと一緒にかじれるのかしらと思いつつ食べましたが、杞憂でした。チョコは程よく柔らかくて、パンとの一体感はばっちり。紅茶味のブリオッシュにミルキー感の強いチョコのバランスも素晴らしく、めちゃくちゃおいしかったです。ちょっとしたケーキと変わらないお値段なのですが、それも納得の美味でした。

ジュウニブンベーカリー

2018-08-21 08.08.39

夫が昨日、ジュウニブンベーカリーのパンをお土産に買ってきてくれたので、それで朝ごはん。もちろん、12/10です。切り分けるのが難しいパンなので、油断すると、切るときにだいぶつぶしてしまう。今日はちょっとやっちまった感あり。