タグ別アーカイブ: ジュウニブンベーカリー

ジュウニブンベーカリー

ジュウニブンベーカリーの総菜パンで簡単に。夕方立ち寄ったら、ほとんどパンが残っていなくて、選択肢がなかった。そんな日もあるんだなぁ。

ピッツァマルゲリータ、枝豆入りのキッシュ、グリュイエールゴルゴンゾーラ。それに、きゅうりとかにかまのサラダ。白ワイン。

パンとサラダ2種

疲れたので、ジュウニブンベーカリーで好きなパンを買って済ませる。

なんとなく野菜が食べたい気分ではあったので、簡単なサラダをチャチャっと。叩ききゅうりと、ちぎったレタスにスライスマッシュルームを散らしたもの。これはオイポンドレッシングで。パンに合う感じじゃないけど、野菜心は満たされたので、満足。

パンは、上から時計回りに、ツナとジャガイモのガレット、グリュイエールゴルゴンゾーラ、ベーコンエピ、クリームパン。

栃尾あぶらげ納豆はさみ

新潟の、イトーヨーカドー丸大新潟店で買ってきたもので、おつまみみたいな晩ご飯。

私は旅先で納豆のパックを見るのが好きなのですが、「栃尾あぶらげにあう納豆」(山ノ下納豆製造所)と言う納豆を見たときには、もう買わずにはおれんでしたね。ならばと、栃尾あぶらげも一緒に買ってきたので、写真の通りに、切れ目を入れて納豆を挟んで、オーブントースターでサクッと焼きました。青ねぎもしょうがもなかったので、トッピングは割愛。

納豆用のタレと、油揚げ用のタレと2種類ついていて、ちゃんと味が異なる。食べるとき用のタレは、ちょっと甘めだったかな。納豆はやや柔らかめで、ちょっと粘りを抑えている感じ。食べやすさのためでしょうか。ともあれ、ただでさえボリューム満点の栃尾のあぶらげに納豆で、これ一品で十分な晩御飯でした。もちろん、この組み合わせはグー。

奥は、十全なすを手で割いて、味噌を添えたもの。十全なすは、なす王国新潟の中でもとりわけメジャーななすのひとつで、泉州水ナスの系統です。スーパーではこれの浅漬けもたくさん売っていましたが、生で食べるのもおいしい。

このパッケージ見たら、ついつい買っちゃうよね。

食後のデザートがわりに、ジュウニブンベーカリーのミルクフランスとあんパン。ここのあんパンは、あんパンというより、薄皮饅頭みたいな感じなのだ。

ゴーヤーチャンプルー

ゴーヤーって、もっと暑くなってから出てくるイメージがあったけど、最近は、5月くらいから出回るんだよね。もうだいぶ、手に取りやすい値段になりました。

ゴーヤーと言えば、まずはやっぱりこれでしょうと、だいぶ前にもらっていた両親の沖縄土産のスパムを開けて、ゴーヤーチャンプルー。うちは、豆腐も玉子も入れないので、ただの野菜炒めって感じだけど、それでも、美味しい。

キャベツの千切りに、角切りトマト、コーン缶を混ぜて、テキトーにサラダ。これだったら、フレンチドレッシングと言いたいところだけど、ないので、いつものオイポンドレッシングで。

パンは、ジュウニブンべーカリーのバゲット。いつもの、ジュウニブン食パンがなかったので、初めて買ってみたんですが、これも独特の風味と食感で美味しい。

お弁当

六月大歌舞伎の昼の回に行ってきました。夜の三谷かぶきに対して、こちらは幹部俳優勢揃いの重厚感あふれる布陣。当然、見どころは、石切梶原の吉右衛門さんに、封印切の仁左衛門さん。昼はこの2本だけでいいよーと思っていたけど、意外と掘り出し物だったのが、女車引。魁春さんが千代(松王丸の奥さん)、雀右衛門さんが春(梅王丸の奥さん)、児太郎さんが八重(桜丸の奥さん)に扮した舞踊なんだけど、はんなりした面白さがあって、なんとなくよかった。衣装もよかったし、また見たい。

お弁当は、中途半端なもろもろ(にんじん、ねぎ、お揚げ)を刻んで入れた卯の花ご飯に、千切りキャベツとゆかりの和えたの。

帰宅して、ジュウニブンべーカリーのミルクフランスとスコーンで、晩ごはん前なのに、おやつ。