タグ別アーカイブ: 新宿

JEAN-PAUL HÉVIN

ジャンポールエヴァンで美味を堪能。

10時半という、チョコレートケーキを食べるには微妙な時間帯に出かけたため、滞在時間のほぼすべてを、私と夫とお店の人と3人だけという中で過ごしました。百貨店なのに、BGMがまったくかからない空間って、ちょっと貴重かも。チョコレートを買ったときにも感じましたが、お店の人の客あしらいが上品なのがまた嬉しい。

今日食べたのは、パッション。下から、ビスキュイ、ガナッシュ、ムースの3層仕立てで、ムースがパッションフルーツ風味。ビスキュイとガナッシュの間に、クルスティヤンというカリカリした食感の生地が挟まっていましたが、そのおかげで食べるときにリズムがついて、軽やかな食感。パッションフルーツがキーンと来るのかなと思いきや、思っていたより穏やかで、ビターチョコレートのガナッシュとの相性も良く、なんというかバランスよく調和していて、圧倒的においしい。最後まで鮮烈な印象のまま食べ終わってしまった。

最後の一切れを食べるときに、食べ終わるのが残念って、こういう気持ちなんだろうなぁと思いながら食べた。

もう1個違うケーキを食べようと思っていたのだけど、「エクレールは、金土日限定です」といわれたので、ついついそれを。オーソドックスにおいしい。

なんか、もう1個食べれる気がする…ということで、夏の間だけ提供している、ヴェリーヌからひとつ。ヴェリーヌ・ショコラカフェ。「フルーティな香りが特徴のエチオピア産コーヒーを使用したクリームと軽やかなブラジル産カカオのムースの組合せ。 」だそうで、まったり濃厚そうと思いきや、シュッとした切れとビターなコクが大変おいしい。

立て続けに3個を一気食いという品のない食べ方をしてしまったが、しかし、とても満足です。そしてこれを書きながら、また食べたいなぁと思っているのでした。

ちなみに夫は、ショコラショーを飲みながら、私の食べっぷりを楽しげに見ておりました。

俺のbakery&cafe

いつも食パンを買っているパン屋さんはゴールデンウィークはお休みなので、しばらくは超熟でと思っていたのだけど、明日の超熟を買いにスーパーに行こうと出かけたら、夫が急に「新宿までパンを買いに行かんか」と言い出して、なぜか行き先が新宿の「俺のbakery&cafe」になってしまった。近所のスーパーに行く格好で電車に乗る私…。

ゴールデンウィークだから空いてるだろうとは言っても、そこは新宿。それなりに多い人込みをかきわけて京王モールの「俺べー」(わが家では「俺のbakery&cafe」をそう呼んでいる)に行き、ついでに少し休憩と、ミックスサンド(B)を食べる。厚焼きたまご、鴨肉とポテトサラダ、小倉バター。高級パンを売る店なのに、店内は庶民感にあふれていて、そのギャップにいろいろ感じ入ってしまった。サンドイッチはとてもおいしかったです。二人で半分こしても、お腹いっぱい。

ジュウニブンベーカリー

2018-08-21 08.08.39

夫が昨日、ジュウニブンベーカリーのパンをお土産に買ってきてくれたので、それで朝ごはん。もちろん、12/10です。切り分けるのが難しいパンなので、油断すると、切るときにだいぶつぶしてしまう。今日はちょっとやっちまった感あり。

ジュウニブンベーカリー

2018-08-10 18.06.34

ジュウニブンベーカリーのパンでおやつ。オレンジのフレンチトースト、2/10食パン。

3種類ある食パンのうち、最もリッチな配合のものだそうですが、デニッシュみたいな食べ心地で美味しい。ただ、ふたりとも、食パンだったら、12/10が一番好きだね、と言う結論に達したのでした。

ジュウニブンベーカリー

2018-08-07 16.45.52

帰宅して、ジュウニブンベーカリーのパンでおやつ。コーヒーとナッツのボストック、天日干しのレーズンブレッド。

どちらもおいしかったけど、レーズンブレッドが驚きのおいしさ。ミニ食パンくらいの大きさなのを、晩ごはん前だからと6分の1くらいの薄さに切って出したんだけど、勢いづいた夫が残り全部を一気食いしてしまった。でも、これはすごくおいしいわー。

ジュウニブンベーカリー

2018-07-23 19.15.07

七月大歌舞伎の夜の回に行ってきました。夜は、海老蔵の源氏物語。歌舞伎で源氏物語と言うと、私的には、吉右衛門が匂宮、染五郎(現幸四郎)が薫、菊之助が浮舟と言う座組でやった、北条秀司の源氏物語(浮舟)が印象深く、あれをまた見たい…と思うのだけど、なかなか難しいのでしょうか。あと、歌舞伎で源氏物語と言えば、舟橋聖一版もあって、先々代の団十郎の当たり役のひとつでもあるというのは知っているので、それもみて見たいなぁ…と思うものの、舟橋版の源氏がかかることもない。

海老蔵さんは、独立公演で源氏をちょこちょこかけていて、そのたびに、いろいろ現代的な工夫をされていますが、今回かかった源氏は、その中でも圧倒的に斬新な源氏だったと思います。なんつうても、オペラ歌手と能楽師が登場し、プロジェクションマッピングが多用され、宙乗りもある。勸玄も出る。盛りだくさん過ぎてすごかった。

評判ほど変な舞台とは思わず、チケット代を払ったなりの満足は得られて、楽しい舞台でした。個人的には、能楽と歌舞伎の表現の違いがみられてお得な感じ。あ、私、意外と、能楽みられるかも…と思わせてくれたのが一番の収穫だったかもしれません。

ジュウニブンベーカリーのメロンパンとツナチーズパン。パンのおいしい店だから、メロンパンは絶対おいしいだろうな…と思いましたが、期待通り美味しかったです。チーズパンは、チーズたっぷりすぎて、パンと言うより、チーズを食べている感じでした。