ゴーヤーの揚げ煮

IMG_20170814_191134_resized_20170814_082545247.jpg

巨大なゴーヤーをどうやって食べてやろうかと一日考えていて、やはり今夏1回も食べていないド定番のゴーヤーチャンプルーにしようか(肉はもちろんスパムで)、それとも、やはりまだ今夏1度も食べていない高山なおみさんのゴーヤーチャーハン(『うちの玄米ごはん』)もいいな。いやいや、ベトナム料理でおなじみの中に挽き肉を詰めてスープで煮るやつも食べたい。むかーし作って美味しかった、豚肉と一緒に黒砂糖で炒めるのもまた作りたいなぁ(『おいしい健康法1 野菜の食べ方』にある本田京子さんの「苦瓜と豚肉の黒糖酢炒め」)。そういえば、もう何年も作ろう作ろうと思っているのに作っていない、長尾智子さんレシピの牡蠣とゴーヤーのスープ(『おいしいヒミツ』で見て以来だから、10年ほどいいなと思いつつ作っていない。この組み合わせは他の本でもちらちらと見かけたので、ご自身も気に入っている組み合わせなんだろうと思われる)もここらでチャレンジしてみるか。

そんなことをふらふら考えていたんだけど、最終的に作ったのは、『久田大吉の中国料理馳走録』にある「苦瓜の揚げ煮(油燜苦瓜)」という料理。決め手はなんと言っても、ゴーヤーしか使わないというところ。それに、つらつら考えていた料理は、チャーハン以外は夫は苦手なものばかりなのだ。よほどのことがない限り苦手なものも食べるけど、その場合は、押さえの料理(好物)も必要。平日2品作るのは、料理するのが好きな私でも、結構大変なので、できれば一撃で決めたい…。

結果的にですが、この料理、すごーく美味しかったです。素揚げする必要があるんですが、野菜の素揚げなので、そんなに手間はない。炒めてもいいけど、揚げちゃった方が早いと思います。一瞬なので。あとは、にんにくみじん切り、赤唐辛子の香り出ししたものに、素揚げしたゴーヤを加えてさっと合わせ、鶏ガラスープの素を溶いた湯(レシピはチキンスープ)、しょうゆ、砂糖、オイスターソースを加えて煮込み、水溶き片栗粉、酢。煮るときに、思いつきで干しエリンギ入れてみたけど、かなりよかったです。

味つけのバランスが絶妙で、ゴーヤーだけなのにすごく美味しい。苦味も堪能できて、満足。

あとは、焼き鮭のほぐしたのに、金糸瓜ときゅうりの和え物。キューちゃん漬け。久しぶりに夜にご飯食べました。

ゴーヤーの揚げ煮」への2件のフィードバック

  1. ころまる

    すごーく美味しくて良かったですね ♡
    歳を取ると好物が増えて、ゴーヤもその一つです。
    こんな苦い食べ物、好きになれるなんて、
    もりもり歳を取るのも悪くないです。
    ヒガシマルを知ってから、その土地その土地のスーパーをめぐる旅をして
    ここにはヒガシマルだ!など発見したりしたくなりました。

  2. nekota

    私も初めて食べたときは苦くてビックリしましたが、今となっては、最近のゴーヤーは苦くなくなって物足りないなぁとすら思う始末ですw
    今年は不思議と例年よりも高くて、あんまり食べられなかった…。来年は飽きるほど食べたいです。

    ヒガシマルのうどんスープ、お口に合ったようでよかったです♪ 旅先のスーパーって楽しいですよね。
    調味料や乾物はご当地感溢れるブツに出会えることもあって、ついついチェックしちゃいます。
    ころまるさんも、面白いものを見つけたら、ぜひ教えてくださいませ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。