タグ別アーカイブ: グラノーラ

グラノーラ

グラノーラ by nekotano
グラノーラ, a photo by nekotano on Flickr.

然程暑くなかった昨日の午前中に、「それっ」とばかりにグラノーラを仕込んだので、今朝からまたラクちん朝ごはん。

いつもと同じく、『暮しの手帖 64』(2013年6-7月号)にある、なかしましほさんの「メープルグラノーラ」のレシピを参考にしています(『箱いっぱいのおやつセット』という特集記事の中で紹介されています)。

  • オートミール 250グラム
  • 薄力粉 100グラム
  • 塩 ひとつまみ
  • 太白ごま油 90グラム
  • メープルシロップ 140グラム
  • くるみ、アーモンド 各50グラム
  • レーズン 100グラム

本で紹介しているレシピは上記の通りですが、私は、薄力粉を製菓用全粒粉(薄力粉)に、ナッツ類は、ココナッツロング50グラム、アーモンド25グラム、かぼちゃの種25グラム、にしています。ちなみに今回はメープルシロップが110グラムしかなかったので、慌ててハチミツを30グラム足しましたが、いつもと大きな違いは感じませんでした。

薄力粉ではなく、全粒粉で作ると、表面のカリッと感がやや薄くなり、さらっとした仕上がりになる気がします。うちは、さほどダマダマにありがたみを感じないので(むしろ、ダマダマが出ないように粗熱をとるときに丁寧に潰してしまう)問題ないのですが、ダマダマも混ぜて作りたいときは、薄力粉で作るほうがいいと思います。

いつも通り、ヨーグルトと一緒に食べます。相変わらず食べ飽きない。

グラノーラ

グラノーラ by nekotano
グラノーラ, a photo by nekotano on Flickr.

グラノーラを仕込んだので、これで朝ごはん。いつもと同じく、『暮しの手帖 64』(2013年6-7月号)にある、なかしましほさんの「メープルグラノーラ」のレシピを参考にしています(『箱いっぱいのおやつセット』という特集記事の中で紹介されています)。

  • オートミール 250グラム
  • 薄力粉 100グラム
  • 塩 ひとつまみ
  • 太白ごま油 90グラム
  • メープルシロップ 140グラム
  • くるみ、アーモンド 各50グラム
  • レーズン 100グラム

元ネタは上記の通りですが、今回ナッツ部分は、ココナッツロング50グラム、くるみ25グラム、アーモンド25グラムで。レーズンは加えず、食べる際に食べたいだけ入れる、別乗せ式で。私は、レーズンのかわりに、軽井沢に行った際に買ってきた中山農園の浅間ベリーのジャムを小さじ1ほど。

浅間ベリーは、浅間ブドウ、浅間ブルーベリー、クロマメノキとも言われますが、ツツジ科の植物で、本来はブルーベリーとは違う種類なのです。ただ、見た目にはブルーベリーや山ブドウに似た実を付けるので、大昔にはブルーベリーの代用品として(軽井沢に避暑に来た外国人に)珍重されたようです。

食べてみると、ブルーベリーよりもコク深い(渋みかも)、どっしりした味わいで、とても美味しいです。中山農園のジャムは、昨年初めて買ってとてもおいしかったので、今年も購入するのを楽しみにしていたのですが、今年のも美味しい。去年は少し変り種を買ったので、今年は定番品中心で何本か買ってみたので、楽しみです。

ところで、今回のグラノーラ、ひとつ、大失敗をしています。

焼きあがったら天パンごとオーブンから出し、天パンの上で冷まし、粗熱が取れたら密閉容器に入れるのですが、今回はついうっかり、冷ましている間に眠くなってしまって、そのまま一晩おいてしまったのでした。って、朝摘まんでみて、思いっきり湿気ていてビックリ。そのあと、もう1回170度のオーブンで15分焼いてみましたが、なんか微妙…。

グラノーラを作る際には、最後まで気を抜かずに…。ひとつ教訓になりました…。

グラノーラ

グラノーラ by nekotano
グラノーラ, a photo by nekotano on Flickr.

けさもグラノーラ。作り方は、コチラ

きょうは、ワールドカップの決勝(ドイツVSアルゼンチン:動画)を見ながら食べました。堅い試合になるんだろうねと言いながら見てましたが、ホントにその通りでして、PKになっちゃうのかなぁ…と思いながら見ていましたが、延長に入ってから、あんな劇的なゴールが見られるとは。

試合だけ見れればいいので、ワールドカップの放送はいつも録画をしつつ、追いかけ再生で見ていたのですが、折角だから表彰式の様子も見ようぜ…と見ていたら、丁度ドイツの選手がメダルを貰うところで録画が切れており、皆でカップを掲げる瞬間を見逃しました。ちょっと残念。

グラノーラ

グラノーラ by nekotano
グラノーラ, a photo by nekotano on Flickr.

今朝もグラノーラ。作り方は、コチラ

ワールドカップ準決勝、ドイツ対ブラジル(動画。音が出ます)を見ながら食べてたんだけど、いつもは、試合を見ながら食べたり、洗いものしたり、簡単に昼食などの支度をしたり、新聞読んだりしながら見てるんだけど、今日の試合は最初から最後まで釘づけだった。1対1でPKで決まるんじゃない? くらいに思っていたのに、7対1ってなんなのー。1次リーグのスペイン対オランダ以上の驚きだった。

試合の途中に時々観客の様子も映すけど、映るのはたいてい、美人か変な被り物をしているおっさんと相場が決まっているのに、この日は、ショックの余り泣いている少年が数人写っていて、わぁわぁ泣いているのを見たら、全然関係ない私でも胸が痛んだ。ヒーローって、責任重大だよね…。

グラノーラ

グラノーラ by nekotano
グラノーラ, a photo by nekotano on Flickr.

グラノーラを作ったので、作り方メモ。レシピは、いつもと同じ、『暮しの手帖 64』(2013年6月号)に載っている、なかしましほさんの「メープルグラノーラ」(『箱いっぱいのおやつセット』という特集記事の中で紹介されています)。

  • オートミール 250グラム
  • 薄力粉 100グラム
  • 塩 ひとつまみ
  • 太白ごま油 90グラム
  • メープルシロップ 140グラム
  • くるみ、アーモンド 各50グラム
  • レーズン 100グラム

元ネタは上記の通りですが、最近は、薄力粉を製菓用全粒粉(薄力粉)に、くるみをココナッツロングに、アーモンドは25グラムに減らして、かぼちゃの種25グラムをプラス。レーズンは入れずに、食べる際に好きな量を入れることにしています。

夫はヨーグルト100グラムにグラノーラ50グラム、私はヨーグルト80グラムにグラノーラ30グラムが、いつもの量。よーく混ぜていただきます。今日のも美味しい。