タグ別アーカイブ: 府中

うどん

昼は茹でうどん×ヒガシマルうどんスープ。さっとゆでた小松菜、大分から送ってもらったかまぼこを少し切り、揚げ玉ぱらり。

駅前に買い出しに出て、ルパで一休み。コロッケパン、ダークチェリーパイ。

C&C

夫が、C&Cのカレーが食べたいというので、駅前まで行く。夫は迷いなく、中辛のチーズカレーなんだけど、私はちょっと考えて、今日はコロッケトッピングのチーズカレー、ご飯少な目。

このあと少し、年末年始の買い出し。

肉まん

12月大歌舞伎の夜の回に行ってきました。演目は、「心霊矢口渡」と、玉様の新作歌舞伎「本朝白雪姫譚話」。

「心霊矢口渡」ですけど、この記事よんだら、もともとは現在の大田区矢口にある新田神社が参拝客の減少に悩んで、地域振興を兼ねて神社を舞台にした芝居を書いて欲しいと平賀源内に頼んで書いてもらったのがこのお芝居だそうで、この記事を書いたおくださんも「現在の大河ドラマみたいだ」と書いてますけど、まさにそうだなと。

それを知って見るとちょいちょい神社推しみたいなシーンもあって面白いんですけど、話も面白いんですよね。というか、悲しい話で、歌舞伎で片思いをする人は、ほぼ死ぬか出家するかなんだよなぁと思ってしまう。うまいこと行くのは高貴な人だけなのよね。

お父さん(頓兵衛)の強欲さが見どころなので、いやらしい演技がうまい人にやって欲しいのですが、松緑さんは結構合っていると思う。梅枝さんの哀れさが引き立ってよかったです。

「本朝白雪姫譚話」なんですが、これはグリム童話を下敷きにした新作歌舞伎です。この12月は新作ラッシュで、新橋でナウシカ、国立でチャップリン、そして歌舞伎座が白雪姫、ということで、記憶に残る月だと思います。

ただ、新橋、国立の分かりやすさと比べると、これは難しかった。子役が歌うシーンがインパクトがあってそればっかりが印象に残ってしまうんですけど、よくよく話を追っていくと、美と若さの話なんですよね。それを女形がやっているところが、女優さんがやるのとは違うニュアンスが生まれる気がしましたが、あと2回ほど見ないと、このお芝居の真意はつかみにくい…という感想を持ってしまいました。歌舞伎観て、難しいなぁと思ったのは、猿之助さんの「空ヲ刻ム者」以来かもしれないなぁ。

幕間に持参の肉まんをかじって、今日のお弁当かわり。

肉まん1個ではとうてい持つわけなく、府中にたどり着いて、夫と待ち合わせしてサイゼリヤでちょいちょいおつまみ。辛味チキン、柔らか青豆の温サラダ、ポップコーンシュリンプ、グラスワイン(赤)。夫はバッファローモッツアレラのピザ、ドリンクバー。

空腹とジャンク欲が一気に満たされた。サイゼリヤはすごい。

スシロー

スシローのカニフェアもそろそろ終わりっぽいので、また食べに来た。

やはり終盤らしく、お目当ての生本ズワイガニ単品がない。かに味噌軍艦とのセット売りになってしまっていたので、仕方なく、ボイル紅ズワイガニを5皿も食べる。ボイルもおいしいです。

 

合間に、生ほっき貝を挟みつつ、大型生本ズワイガニ&かに味噌和えでシメ。夫は、エビ、 ツナサラダ、 かに風サラダ2皿。

蟹って大きく漢字で書かれたのを見ると、なんかゲシュタルト崩壊的な気分に襲われるなぁ。

スシロー

夫がスシローに行きたいというので、まだ「かに祭」開催中のスシローに行く。かにって、ホントにおいしいよね。

生本ズワイガニを4皿も食べて、あとは生ほっき貝、真鱈白子。夫は、サーモン、エビ、季節のいなり(高菜柚子大根)、かに風サラダ。

夫は、回転すしはかなり好きなんですが、スーパーのパックのお寿司は嫌いで、買ってきてもまず食べません。どのみち回転すしに行っても、食べるのは、サーモン、玉子、エビ、いなりくらいなので、一緒なのではないか…と思っていたのですが、本人に言わせると、ご飯が全然違うんだそうです。冷めてて、みっちり握られたご飯が苦手なんですね。あと、パックのお寿司は、総じて1カン当たりのご飯の量が多くて、ネタとのバランスが悪いので、好かんという(それはわかる)。

なるほどなーと思ったんですが、おいなりさんだったら冷めてても大丈夫だし、ちょっといいお店の箱寿司なんかは、むしろ大好きだったりして、好みって難しいもんです。

スシロー

私はかにが、まぁとても大好物なのですが、今日からスシローで「気合のかに祭り」というキャンペーンが始まるということで、そそくさとお昼に食べに行ったのでした。かに祭りじゃなくても、今日は夫がおすしな気分だったので、多分、スシローだったと思うのですが。

まず真っ先に注文したのは、生本ずわい蟹。とりあえず2皿(その後2皿)。

かにてんこ盛りを食べて、

丸ずわい蟹食べ比べ(脚、爪)と、かにのフルコース。ゆでたのもおいしいけど、やっぱり、生のが好き。

そういえば、生ホッキガイも食べてました。スシローのホッキガイは、かなり好きです。

夫は、サーモン、サーモン、 えび、 季節のいなり(さつまいも・くるみ)、でした。

スシロー

なぜか、また夫にスシロ―を提案されたので、てくてく歩いていく。

私は、この前美味しかったものをもう1回。鮭の漬け焼きと筋子のにぎり、 〆いわし、 活あわび、 生さんま。回転すしだと、加工されたネタはあまり食べないんだけど、この鮭と筋子のにぎりは、とてもおいしい。

夫は、エビ、 サーモン、 季節のいなり。自分でも、「なんで、わざわざ回転すしに行くんだろうね」って言ってたけど、生の魚もお肉もそんなに好きじゃない人でも楽しめるのが、回転すしのいいところなんでしょうね。

あわび、蒸してるのも好きなんですが、お寿司で食べるなら、生のほうが好きです。

今日も、食後に、私の喫茶室に寄って、あんパンとプチシュークリーム。糖質オフ、甘さ控えめをウリにしている商品だったんですが、個人的には物足りなさだけが残った感じです。塩控えめは結構意識できるようになってきましたが、砂糖控えめは、まだまだ修行が足らんです。

スシロー

夫がご馳走してくれるというので、のこのことスシローに行く。私は、活あわび、 鮭の漬け焼きと筋子のにぎり、 特大ジャンボ赤えび、 大切りまぐろ、 生さんま。

活あわび、大変美味。

この鮭の漬け焼きと筋子のにぎり、匠シリーズの一品だったと思うけど、かなりおいしかった。最初は、くどくないのかなぁ…と思ったんだけど、そんなことなくバランスよし。やっぱり、プロのレシピってすごいなぁ、

生さんまもおいしい。さんまの刺身って、食べるたびに「流通革命」って言葉が頭をよぎります。さんまを生で食べるって、子供の頃は、思いもよらなかったので。

夫は、えんがわ、 エビ、 大切りサーモン、 季節のいなり(さつまいも、くるみ)。夫は、スシローの季節のいなりをいつも楽しみにしていますが、今シーズンのこれは、かなりイケてるそうです。

食後に、「私の喫茶室」に寄って、コーヒーとパン(メロンパン、あんパン)。食後にこんなごついパンを食べる気はなかったんですが、パン売り場で猛烈なメロンパン推しをしていたので、ついつい買ってしまった。

サミットの「私の喫茶室」は本当にいい空間で、どうしてこういうステキ空間を他のスーパーも作らないのかと、よく思います。

Pizzeria CROCCHIO

夫がピザ気分だったので、久しぶりにクロッキオへ。ランチタイムど真ん中なので人多し。

ランチセットから、ピッツァと飲み物のセットを注文。私は釜揚げしらすとホワイトソースのピッツァ、夫はマルゲリータ。食後に砂糖をどっぷり入れたエスプレッソ。

おいしいんだけど、実は、1枚は微妙に多いので、できれば、ピッツァ1枚と料理1皿を、二人でシェアできたらなぁーといつも思うのだけど、なかなかいい解決策が見当たらない。

スシロー

分倍河原まで買い物に行って、なぜかスシローで小腹満たし。昨日食べたあじがおいしかったので、今日は青魚中心で。〆いわし、生さんま、焼きトロサーモン。生さんまがおいしかったなー。さんまは焼いたのも好きだけど、刺身も好きです。夫は、なぜかサーモン1皿でおしまい。

帰宅して、小さいおかずで、軽く一杯。砂肝とねぎのオイポンドレ和え、銀皮をしょうゆとみりんで炒めたもの、キャベツと山芋と玉子のお好み焼き風、高野豆腐とピーマンとカボチャの煮物のうち、カボチャだけ残ったので、それも出す。