年越しそば

紅白を見ながら年越しそば。

毎年、紅白不要論という言葉も聞かれるが、お笑いも格闘技も興味ないようなうちにとっては、その年流行っていた歌をさらっと聞ける紅白みたいな番組は、ありがたいっちゃありがたい。今年はラグビーワールドカップがあったので、その振り返りもやってくれたし、70回目という節目の回数だったこともあって、曲間のコネタが例年よりもちょっと豪勢だったような気がした。

年越しそばのお供には、やっぱり天ぷらを添えたい。今年の具は、貝柱と芝エビ、にんじんだけのかき揚げの2種類。

本当は、貝柱、芝エビ、にんじんに、玉ねぎと三つ葉も加えて大きなかき揚げで作りたいのだけど、私の腕ではムリなので、2つに分けてちんまりと揚げる。どうも芝エビってカラッと揚げるのが難しいのだけど、なんとかならんのか。もうちょっと練習せねばな。

お蕎麦は、かじのの十割蕎麦。スーパーで買える乾麺では、これが一番おいしいと思う。

あとは、春菊とにんじんのごま和え、ゆで砂肝のネギオイポン和えをつまみながら、少し飲む。

食後に、トレーズデセールの残りをつまむ。

手前から、カリソン、ナヴェット、フリュイ・セック Fruits Secs(ドライフルーツ、枝付きレーズン、ドライイチジク、デーツ)、ヌガー・ノワール Nougat noir(アーモンドとはちみつの黒ヌガー)。上の引き出しに見えるのは、ベルランゴ Berlingot(パート・ド・フリュイ入り飴)。

ヌガー・ノワールは、先日食べたヌガー・ブランとは、全然風味が違ってビックリ。使っているはちみつが、ちょっと癖のあるもののようで、だいぶ大人っぽい感じの味です。白と黒のヌガーは、トレースデセールでは、特に大事なお菓子だそうで、白は純真、善良さ、黒は不純と悪の力を表しており、このふたつで懺悔する人を象徴しているそうです。なるほど、なんだか年末にふさわしいお菓子だなと思いながら食べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。