タグ別アーカイブ: 手みやげ

俺のBakery&Cafe

午前中外出していて、昼過ぎに帰宅した夫が、俺のBakery&Cafeのサンドイッチを買ってきてくれました。ありがたや。カツサンドとあんバターサンド。

見た目からすごいボリューミーですが、実際、すごいボリュームでした。ただ、カツサンドは、脂身の少ない肉を使っていて、意外とさっぱりした後口。あんこも粒あんだけど、さらりとした口当たりで、お腹いっぱいでも案外食べれてしまう味。どっちもおいしかったです。ごちそうさま。

Pizzeria CROCCHIO

夫が久しぶりにピッツァを食べたいというので、クロッキオに行く。

平日ランチだとパスタと飲み物だけのシンプルなものがあるのですが、休日だったので、前菜、飲み物、デザートの付いた、デラックスなランチをチョイス。私は、カポナータ。ここのカポナータは、ガッツリ甘酸っぱくて、好きな味。

夫はグリーンサラダ。シンプルなドレッシングがかかっていて、意外とたっぷり。

ランチは、ピッツァのほかにパスタも選べるのだけど、やっぱりここに来たら、ピッツァになってしまうよなぁ。私はなすのマリナーラ、夫はマルゲリータ。

いつ食べてもおいしいが、そろそろ1人で1枚食べるのがきつくなってきた。今度は、単品でピッツァ1枚と、お料理1皿を注文して、シェアするか…などと考えてしまった。大食漢じゃない人間は、外食の際は色々考えることが多い。

デザートはパンナコッタ。たっぷり生クリームを使っていて、なめらかでおいしい。このお店は、デザートまでおいしいのも、好きなところ。エスプレッソを飲んでシメ。

ランチョンマットに、「ナポリピッツァ職人協会」のロゴがプリントされていました。「真のナポリピッツァ協会」とはまた違う団体のようですが、とにかく、ここのピッツァは、とてもおいしいです。

帰宅して、ピエールマルコリーニで買ってきたチョコレートをちょびちょび食べる。右は、アニモキャラメル、左は…なんだったかな、忘れちゃったけど、もちろんおいしかったです。

明太子パスタ(ルッコラ)

せっかく素敵な明太子があるので、今日もパスタ。ボウルににんにくをこすりつけて香りを移し、オリーブオイル、ばらした明太子、薄口しょうゆ少々、ザクぎりしたルッコラ、すりごまの順に重ねて、ゆで上げた太麺パスタを投入して、ざっくり和える。レモンも忘れずに。

材料さえそろえば確実においしいから、ホントに素敵。

食後に、新潟で買ってきたマツヤのロシアチョコレートを開封。お店は駅からちょっと歩くところにあって、今回は寄れないなーと思っていたのですが、駅構内の売店で売っているのを見つけて、喜び勇んで購入したのでした。これ、ずーっと、食べてみたかったのよねー。

練乳と砂糖を煮詰めて作るポマードカをベースにしたクリームや、アンズやプラムのマジパン、ナッツのプラリネ、リンゴの蜜煮、パインのフォンダンなどを、チョコレートでコーティングしたもの。12種類のどれもこれもがすごい手間をかけて作っていて、1個で十分満足するおいしさ。包み紙もかわいいし、心が浮き立つお菓子です。

当然、この日に全部食べるような乱暴なことはせず、1日2個ずつ、ゆっくり楽しみました。

笹だんご

昨日、夫が、帰り際に、「やっぱり、俺、笹だんごは買っておくわ」と言って、わざわざCoCoLo新潟の田中屋まで買いに走った笹だんごを朝ごはんに食べる。笹を剥くのに苦労しながら開けると、ものすごい深い緑色の団子にご対面。口にすると、青臭い香りが広がって、それがおいしい。

夫が買ってきたのはつぶあんだけど、ホームページを見ると、きんぴらとかあらめとか、おかずのあんもあって、それも気になる。つぶあんの笹だんごは、甘さ控えめで、さっぱりしていておいしかった。

川田まんぢう

朝ごはんに、徳島で買ってきた、川田まんぢう。私でもひとくちでポイっと食べられる大きさの、薄皮饅頭です。

これね、すごくおいしいです。あんこの甘さが絶妙で、ぽいぽい食べられるけど、決して軽い感じではなく、まんじゅうたべたなーという食べ応えもしっかりある。徳島でしか買えないのかしら。百貨店の銘菓コーナーとかで買えたらいいのにな。

竹ちくわ

あるものかき集めて。手前は、徳島で買ってきた、谷ちくわ商店の竹ちくわ。しっかりした身のちくわで、食べ応えがあります。

あとは、チン豆腐、自家製塩ラッキョウ、きゅうりの塩もみ、なすの田舎煮、ビーツの葉のオイル煮。

なんとなく冷える日だったので、珍しく、燗酒を飲む。疲れているのかなぁ。

食後のデザート代わりに、福島あかつきももジュース。

販売期間中はJRに乗るたびに2本買うことを自分に課しているのです(JR東日本の改札内にある自動販売機にしか売っていない)。ただ、意外なほどJRに乗る機会がなく、久々にお目にかかりました。やはりおいしいなー。まさに飲む桃。

じゃがいもとモロッコインゲンのパスタ

冷凍していた自家製バジルソースで、じゃがいもとモロッコインゲンのパスタ。

自然解凍してそのまま使いましたが、問題なし。バジル、にんにく、松の実、オリーブオイルで作っていて、これでペーストにした状態で小分けして冷凍。調理時にチーズを加える形です。

ビーツの葉のオイル煮も添える。葉っぱもビーツ味。

食後に、一元屋のきんつば。数年来、定期的に国立劇場に出かけていたというのにこの店の存在を知らなかったなんて、何て迂闊なのか…と思うくらいおいしい。

舩本うどん

昨日の夕方、持ち帰りのパックを買って、厳重注意で持ち帰ってきた舩本うどん。べらぼーに暑い時期じゃなくてよかったーと思いつつ、お昼に食べる。

パックに入っていたのは、生めん、刻み揚げ、刻みネギ、スープのパック。麺を湯がいている間に、小鍋でスープを温めて、丼で一つにします。わかめは、八百秀で買ってきた新物の乾燥わかめを戻して、さっとゆがいたもの。私の丼にだけたっぷり盛る(夫は体質的に海藻が食べられない)。

うん、持ち帰りでもおいしい。こういううどんは関東ではなかなかお目にかかれないからなぁ。今度はお取り寄せしようかしら。

食後のデザートに、岡田製糖所の阿波和三盆と、空港で買ってきた和三盆ポルボローネ

さすが、砂糖屋さんが作るだけあって、和菓子屋さんが作るのと違い、風味が強い。なんていうか、黒糖っぽい感じ。ほろりと崩れて、パンチのある甘さが広がる。ちょっとだけ甘いものが食べたいんだよなという時にぴったり。

ポルボローネも、ほろりと崩れて、ほのかな甘さで美味しい。そうそう、和三盆を使った絞りだしクッキーのレシピを持っていたなぁ、と思い出して(桑原奈津子さんの『お砂糖レッスン』)、涼しくなったら作ろう…と思ったのでした。

ケールとジャガイモのサラダ

そろそろ冷蔵庫の掃除をせねばならんので、新たな買い物はせず、あるもので作らねばならん。というのに、ケールなんか買ってきちゃったので、うーんと考えて、とりあえずサラダにしてみた。

ケールは軸を取って、小さくちぎって並べる。その上に、茹でて角切りにしたじゃがいも、ベーコン、ゆで玉子、軽く炒った松の実、パルミジャーノを削ったのを散らして、ドン。ドレッシングは、多分、シーザーサラダドレッシングみたいなのが合うんだろうなーと思いつつ、いつものオイポンドレッシングで。

生のケール(といってもサラダ用に品種改良されたあんまり苦くないもの)って、パセリみたいな感じもあって、なんだかもそもそするんだけど、慣れるとそれが何となくきらいじゃないというか、おいしく感じてしまう。夫もパセリが好きなので、私と同じ感想を持つらしく、ケールを出しても嫌がらない。よいことだ。

奥はなすのロースト。今日は半割りで焼いたけど、スライスしたほうがよかったかもなぁ。

おやつに、壽屋の黄金芋。パッケージがかわいくて、いい雰囲気。

ニッキの香りが強くて、それだけで京都っぽい雰囲気もある。食べてみると、思いの外芋っぽかった。コーヒーにもよく合って、これは好きな味だな。