タグ別アーカイブ: 手みやげ

出町ふたば

関東圏の京都物産展の定番に、当日直送便がありますが、もちろん、府中の伊勢丹でもやってくれます。今回は、ふたばの豆餅(豆大福)のほかは、美玉屋の黒みつだんご鳴海餅の赤飯だったかな。なんだかんだで買うのに1時間ほどかかるので普段はパスしちゃうのですが、そういえば府中の伊勢丹は9月になくなるんだよな…と思い出して、買いに行く。

予定の作業が終わらず、整理券を貰うのがぎりぎりになっちゃったのですが、無事に買えました。ちょっと塩気の効いたしっとりした餅と上品なあんこがおいしい。京都のお店のあんこって、やっぱり、京都っぽいよなぁと、食べるたびにいつもそう思います。おいしかったー。

瑠異沙

MIポイントの期限が切れそうだから早く使いに来て、とメールが来たので、うーん何を買おうかなーと悩んで、最終的に、柳宗理のステンレスボウルを買い足して、それでも余ったポイントで瑠異沙を2袋買った。夫が大喜びで食べている。ポイント全部瑠異沙にしてもよかったかもなぁ。8個の瑠異沙は、一瞬にしてなくなりました。

MAROU

MAROU(マルゥ)のCASHEW PRALINE(カシューナッツプラリネ)。これと、「COCONUT MILK 55%」と迷って、最終的に「この『Maison Marou』のシリーズは、ベトナムのカフェでしか売ってないんですよ」と言われたのが決め手でこちらを購入。確かに、今のところ、サロンデュショコラの売り場以外で、このシリーズの商品を見たことがないです。

ビターチョコの中に、カシューナッツプラリネがサンドされています。最初はあんまりナッツ感がないなぁと思うのですが、じわじわと独特の香ばしさが感じられて、ガワであるチョコとのバランスが絶妙。じんわりおいしいです。

Bruno Le Derf

Bruno Le Derf(ブルーノ ルデルフ)のショコラカクテル。去年も買ったけど、おいしかったので、今年も。猫ちゃんもかわいい。サロンデュショコラの初日に買ったので、シェフも売り場にいたんだけど、他の店のシェフと違って、あんまり人あしらいは苦手な感じの人だったなぁ。

看板商品はラムレーズン(上から3つ目)だけど、個人的には、モヒート(一番上のドーム状の形のチョコ)が一番好きかな。

LENÔTRE

食後のデザート代わりに、チョコレートをひとつ。LENÔTREルノートル)のプラリネアソート(8個入り)を開ける。

去年試食した時においしいなと思ったのだけど買わなかったので(マンディアンがおいしかったです)、今年は1箱買ったのです。サロンデュショコラで買ってきたのだけど、売り子の人がとってもテンポのいい人で、色々試食させてくれて、商品説明も細やかでツボをついた説明で、非常に楽しかったです。

中身は、アマンド&ノワゼット、ノワゼット、アマンド&フリュイ・セック、ピスターシュ・ドゥ・ブロンテ、コートジボワール、フランボワーズ&べ・ドゥ・ティミュット、ショコラ・オ・レ&プラリネ、ジャンドゥーヤ&ユズ、の8個。ピスターシュ・ドゥ・ブロンテがブランドのスペシャリテなんだけど、試食させてもらった中ではアマンド&ノワゼットがすごく気に入ったので、8個入りを(4個入りや6個入りには、なぜか入っていない)。

私が行った日のサロンデュショコラは、ほんとにすごい行列だらけだったんですが、ブランドによってはそうでもないところもあって、ルノートルもそうだったんですが、その分ゆっくり選べてよかったなぁ。チョコレートも私好みで、どっしり風格のある味わい。来年は、もう少し大きな箱を買おうかなと思っております。

Max Brenner

すでに1月下旬に大量のチョコレートを買い込んでいるので、もはや2月になってからのバレンタイン商戦にはあまり興味が持てないのですが、駅前の伊勢丹にMax Brenner(マックスブレナー)が来るというのだけは反応して、そそくさと、チョコレートチャンクピザローストマシュマロを1ピースだけ買ってきました。日本に上陸したのは2013年でしたっけ。すごい行列でしたという言葉とともに、チョコレートをいただいたことがありましたが、それ以来縁がなく。

買ったときは焼き立てだったんですが、夜食べたので、少しだけレンチンしてから食べましたが、いやー、これはすごい。私も夫も、かなり甘いものには強いほうだと思いますが、それでも、脳天にツーンと来るほどのインパクトでした。夫は、あまりの甘さに、歯に染みたと言っていましたが、確かにかなり甘いです。ただ、ド甘だけど、バランスのいい甘さなので、くせになります。あと、パン(耳?)の部分がかなりおいしかった。これ書きながら、また食べたいなーという気分も、ふんわり湧き上がっているのです。

板チョコたち

今年のサロンデュショコラで買ってきた板チョコたち。これから食後におやつに、ちょっとずつちょっとずつ楽しみます。

手前から、MAROU(マルゥ)のMaison Marou CASHEWNUT PRALINE、BA RIA 76%、カカオハンターのシェラネバダ、PACARI(パカリ)のEsmeraldas60%、Raw70%、Chocolate Naiveチョコレートナイーブ)のNANO_LOT(NICARAGUA)。

10年毎年欠かさず行っているけど、なぜか、お気に入りのブランドは数年したら来なくなってしまうので(Oberweis、CHRISTOPHE BERGER、ESqUISSE…)、楽しみで買うお店がだんだん少なくなってきてしまい、それにつれて板チョコを買う比重が上がってきました。ボンボン好きとしてはやや寂しさもあるのですが、専門店のチョコレートはやっぱりおいしいですし、いろんなブランドの食べ比べはこの時期ならではのお楽しみです。

ARNAUD LARHER

ARNAUD LARHER(アルノーラエール)のボワットラム。ラムをテーマにしたサブレとケーキのセットです。

本当は、手前のサブレディアボリックだけが欲しくて、サロンデュショコラで買うつもりだったんだけど、最後尾がどこか分からないくらいすごい行列で(テイクアウトのクレープの行列と混じって余計に分かりにくかった)諦めたのでした。

で、アムールデュショコラに行ったら、あら、全然並ばずに買える。みんなチョコレートじゃなくて、クイニーアマンとクレープが目当てだったのか。ただ残念なことに、サブレ単体では買えず、ケークフリュイ1切れとのセット販売。ケーキは小さな箱にぎゅうぎゅうに詰められていてちょっとかわいそうな感じでした。サブレは4枚入り。3枚入りだと思い込んでいたのでうれしい。

このサブレディアボリックは、ヘーゼルナッツのサブレ、ラム酒風味のマロンガナッシュ、ミルクチョコレートの順に重ねられていて、サブレはしっとり、チョコはパリッと、ガナッシュたっぷりで、大変おいしかった。サブレは結構塩気もあって、しっかり焼きを入れていて香ばしい感じなんですが、売り場の女性が「このサブレね、おせんべいみたいで、あんまりクッキーが好きでない私でもおいしいと思ったわ」と言っていたことが、なるほどと思い起こされる味でしたが、これがガナッシュの甘みを引き立てていて、まぁおいしい。

もちろんケーキもおいしかった。ドライフルーツのラム酒感がすごくて、ちょっとでふわっとする。

むすび梅

昨日、つる瀬で買ってきた「むすび梅」をせいろでふかして食べる。白おこわに、大豆と切り昆布と白ごまと梅干。絶妙の味加減でとってもおいしい。夫もお気に入り。

奥は具だくさんの豚汁。例によって、具沢山すぎてバランスが悪い。

うさぎや

お寿司でお腹がパンパンだけど、しかしこれはすぐに食べたい。うさぎやのどらやき。買ってからちょっと時間が経っちゃったけど、それでも、まだあんこはみずみずしくて、飲める系のさらりとした感じでした。

もう少し時間が経つと、あんこの水分が抜けて、どっしりとした感じになる。それもまたおいしいんだよねぇ。