日別アーカイブ: 2012/09/22

珍味たち

カテゴリー: 間食 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
珍味たち by nekotano
珍味たち, a photo by nekotano on Flickr.

甘いもん食べた後にビールかいな…と思いましたが、ちょっとだけ飲みたい気分だったので。

旅行中に、宿で飲む酒のアテにと買っておきながら、結局食べなかった「寒風姿干 甘えび」(不二屋本店)を開ける。原材料は甘えびだけだったので、ホントにただ乾燥させただけ…なんでしょうが、ヘンにエビ臭くもなく、塩っ辛くもなく、おいしかったです。ビールじゃなくて焼酎のほうがよかったかもナァ…。

えびだけじゃ物足りず、大分から送ってもらった姫貝もかじる。お義父さん、おいしくいただいております。いつも、たくさん、ありがとうございますー。

米倉屋

米倉屋 by nekotano
米倉屋, a photo by nekotano on Flickr.

しばらくは、食後のデザートに困らない我が家であります。夫は、私の知らない間にちまちま食べており、10個入りを買ってきたマルセイバターサンドは、もうすでに半分ほど消費されておりますが…。

今日開けたのは、米倉商店のバナナ饅頭。帯広駅のキヨスクで異様な存在感を見せつけていたので思わず買ってしまいましたが、パッケージにあった説明書きを見ると、ものすごく昔からあるお菓子なんですね(明治37[1904]年の池田駅開業に合わせて作られた、とのこと)。

ものすごいバナナ臭がしますがこれは香料によるもので、材料にはバナナは一切なし(当時高級品だったバナナを、気分だけでも味わってもらおうと思って作られたのだそう)。バナナを模したカステラのなかに白あんが入っています。地味なんですが、意外と後を引く味で、妙においしかったです。

このバナナ饅頭を作っている米倉屋は、池田駅前でレストランをやっているそうですが、駅弁好きには、「十勝牛のワイン漬けステーキ鞭當」や「親子弁当」で有名なお店でもあるそうです。今回は、池田まで足を延ばす余裕はありませんでしたが、今度帯広方面に行くことがあれば寄ってみたいなぁ。

十勝毎日新聞_菓子屋探訪(20)_株式会社米倉商店
● レストランよねくら Resutaurant&Hotel YONEKURA – 池田/ステーキ [食べログ]

なす、ピーマン、ベーコンのパスタ

カテゴリー: 夕食 | 投稿日: | 投稿者:

まるまる2日間を使っての旅行だったので、身体がガタガタであります。お昼はスキップして、夜はちゃんと食べるか…と思っていたのですが、ヘトヘトだったので簡単にパスタにしてしまう。

にんにく、玉ねぎ、なす、ベーコン、こどもピーマンを順繰りに炒めて、トマト缶投入して、煮詰めながらトマトソースを作り、ゆで上げたパスタに絡める。

ディチェコのNo11(ゆで時間9分)を使っているつもりでパスタをゆでていたら、実はNo10(ゆで時間6分)だった…のが誤算でしたが(おかげで、パスタがのびまくり)、それ以外は大変おいしゅうございました。旅先のご飯もおいしかったのですが、自分ちのご飯を食べると、ほっとします。

おはぎ

おはぎ by nekotano
おはぎ, a photo by nekotano on Flickr.

一泊で帯広に行っていました。一度、六花亭の本店に行ってみたかったのです。

で、帯広ってのは、豚丼の街としても有名ですが、「六花亭」と「柳月」という大きなお菓子屋さんを擁するお菓子の街でもありますので、必然的にお土産はお菓子ばかりになります。

いろいろ買ってきましたが、賞味期限の短いものから食べて行きます。

このおはぎは、六花亭の(9月30日まで)。ホントは昨日中に食べなきゃいけなかったんですが、帰宅してから急いで冷蔵庫に入れたので、許していただけますでしょうか(お店の人に、絶対に当日中に食べてくれと言われていたのですが…)。

よその家に遊びに行ったら出てくるような、すごく普通の、ほっとする味。あんこも中身もおいしかったー。